予備校・塾は毎日通うべきか?

予備校や塾には毎日通わなければいけないのか?

都心部や交通の便がある地域にお住まいの生徒さんにとっては、通学や通塾に困ることは少ないと思いますが、地方にお住まいだったり、自分の住んでいる周辺に予備校や塾がない場合はどうすれば良いのでしょうか。

そのような生徒さんの中にも、往復何時間もかけて武田塾に通ってくれている方もいます。しかしながら、塾や予備校で授業を受けることに加えて、自習する為に毎日通うべきなのでしょうか。武田塾チャンネルにある生徒さんから寄せられた質問、不安の声をもとに詳しく説明していきます。

「有料自習室など自習環境を用意しよう」詳細動画①はこちら

◎自習できる環境を確保しよう!

ある生徒さんからこんな質問が寄せられました。「武田塾に入塾を考えているのですが、周辺に校舎がありません。週に一回だけ通って、他の日は近くの予備校でひたすら勉強すべきでしょうか?」。こちらの生徒さんが抱えている問題は、自習室目的で予備校に通ってしまうと、多くの授業を取るように勧誘されないかを心配しているとの事です。

武田塾が重要視していることは、皆さんの中にも既にご存知の方もいると思いますが、「独学・自主学習メインの勉強スタイル」です。もちろん自宅でもそれらを実行することはできますが、自習室のように落ち着いていて、かつ誘惑のない空間の方が勉強に集中できる!というような生徒さんも多いでしょう。

では、自分の住んでいる地域周辺に武田塾の校舎が無く、自習室を利用できない!という問題はどのように解決すればよいのでしょうか。

武田塾の中森先生いわく、自習室を利用するためだけに近くの予備校に入る必要はありません!
どんな地域でも公共・学校の図書館がありますし、カフェや喫茶店でも勉強することができます。そのような環境を上手く利用して、自習できる場所を確保しましょう。

◎遠くても毎日通塾することも大事!

自分の家から遠くても武田塾に来て、毎日学習することも一つの提案である、と中森先生は考えています。というのも毎日塾に来れば、自然と先生やライバルに会うことになるので、それが良い刺激になって勉強もはかどるからです。また、通塾の際の電車の中などでも、暗記などの勉強ができるので、決して時間の無駄にはなりません。

通信制高校の生徒さんでも、浪人生と同じように自習室を使っていいの?

武田塾には通信制の高校に通っている生徒さんもたくさんいらっしゃいます。そのような生徒さんからこのような質問が届きました。「浪人生のように平日でもお昼ぐらいから自習室を使っていいの?」

一般的に、塾が始まる時間というのは現役高校生が学校の授業が終わる時間ですが、通信制の高校に通っている生徒さんのスケジュールは異なります。

「普通に利用できます!!」詳細動画②はこちら

◎自習室は使っていいんです!

武田塾はどのような生徒さんや浪人生の方に対しても、とてもオープンな塾です。そのため、自分のスケジュールや予定に合わせて、自習室を使ってもらっても全然かまいません。

しかし、武田塾の校舎によって開校時間も異なるので、校舎ごとにチェックしてどんどん自習室を使って勉強を進めていきましょう。

まとめ

武田塾のモットーは独学、自主学習がメインの勉強スタイルです。しかし、それを実行するためには勉強するための自習室などの集中できる環境が必要です。ご自身が住んでいる周辺に武田塾がない場合は、図書館やカフェを利用して自主学習を進めましょう。遠くても塾に来て刺激を受けながら勉強することも大切です。

武田塾は、現役生、通信制の学生、浪人生問わず、どんな生徒さんもウェルカムなのでどんどん自習室を利用して志望校合格につなげてください!

 

予備校をお探しの方は“日本初!授業をしない。”武田塾へ