予備校・塾は毎日通うべきか?

都心部から離れた地方エリアにお住いの生徒さんにありがちですが、家や学校の周辺に塾や予備校がなく、毎日数時間かけて通塾してへとへとになっている、もしくは通いたいけど通えない、このような問題はどのようにして解決すればよいのでしょうか。このページでは、武田塾チャンネルに寄せられたそのような悩みの声をもとに、武田塾の先生方と一緒に、それらの問題の解決法と通塾する意義について考えていきましょう。今まさにこのよう悩みのお持ちの受験生はぜひ参考にしてください。

武田塾が家の近くにない!どうしよう?

「有料自習室など自習環境を用意しよう」詳細動画①はこちら

片道一時間!?それでも通塾すべき理由

今現在は全国に150校舎(2018年5月現在)を構える武田塾ですが、数年前までは校舎数も少なく、特に地方に住んでいる受験生は近くに校舎がないというのが普通でした。武田塾教務の山火先生も現役生時代、なんと片道1時間、往復2時間かけて武田塾御茶ノ水本校に通っていたそうです。しかし毎日時間に追われ、忙しい日々を送っている受験生が通塾だけにそれほどの時間をかけてしまっていいのでしょうか?

山火先生の場合、週に一日だけ往復2時間かけて武田塾に通うことで、逆に勉強時間の管理をすることができ、ほかの日にサボらずに勉強する習慣がついていたそうです。このことから、遠いからという理由だけで通塾をしないという判断をするのは妥当とは言えません。たとえ通塾に時間がかかったとしても山火先生のように、その分をほかの日に頑張れる意欲が出てきますし、電車やバスの中でも暗記や参考書に目を通したり勉強をすることも可能です。移動時間は少ないに越したことはありません。しかし時間をかけても武田塾に通う価値はあると、武田塾教務主任の中森先生は考えています。
実際に通塾する生徒さんが武田塾に求めているものがあるのであれば、先生方がそれらに全力で応えてくれるからです。

それでもやっぱり・・・という方には武田塾サイバー校がオススメです。サイバー校とは、武田塾の指導や特訓をインターネット環境があればどこからでもWEB上で受けられるサービスです。家の近くに武田塾がない方、通塾時間がもったいないと感じる方はぜひサイバー校を利用してみてはいかがでしょうか。

自習できる環境を確保しよう

ある生徒さんからこんな質問が寄せられました。「武田塾に入塾を考えているのですが、周辺に校舎がありません。週に一回だけ通い、ほかの日は近くの予備校の自習室で勉強すべきでしょうか?」。こちらの生徒さんが抱えている問題は、自習室目的で予備校に入塾した際に、たくさんの講義の受講を勧誘されないかということです。確かに意志を強く持っていないと、予備校のスタッフなどから抗議を進められた際に断りにくいですよね。

ズバリ、自習室目的だけで予備校に通う必要はありません。武田塾が成績アップのために一番重要視している「独学・自主学習メインの勉強スタイル」。もちろん自宅でもそれらを実行することはできますが、自習室のように落ち着いていて、かつ誘惑のない空間の方が勉強に集中できる!というような生徒さんも中にはいることでしょう。そんな方は周辺で自習できる環境を探してみましょう。どんな地域でも有料自習室や公共・学校の図書館もありますし、カフェや喫茶店でも勉強することができます。そのような環境を上手く利用して、自習できる場所を確保しましょう。

しかし、自分の家から遠くても武田塾に来て、毎日学習することもと大切です。先ほども述べたように、長時間かけて通塾することで学習時間の管理ができ、また毎日塾に来れば、自然と先生やライバルに会うことになるので、それが良い刺激になり勉強に対するモチベーションも上がります。

通信制高校の生徒でも武田塾に行っていいの?

「普通に利用できます!!」詳細動画②はこちら

武田塾は誰でもウェルカムな塾です

武田塾チャンネルにまたまたこのような質問が寄せられてきました。「通信制高校の生徒でも、ほかの生徒同様に武田塾の自習室を使っていいの?」通信制の高校生、普通の高校生、また浪人生はそれぞれ一日のスケジュールが異なります。この生徒さんが不安に感じていることは独自のスケジュールがある通信制の高校生でも主に一般の高校生や浪人生が通っている武田塾で同じように自習室を使ってもよいのか、ということです。

武田塾は現役生、浪人生、また今回の質問者のような通信制の学校に通っている生徒さん問わず誰に対してもとてもオープンな塾です。実際通信制の学生も武田塾に多数通っています。そのため、自分のスケジュールや予定に合わせて、自習室を使ってもらっても全然かまいません。しかし、武田塾の校舎によって開校時間も異なるので、校舎ごとに自習室が開いている時間をチェックしてどんどん自習室を使って勉強を進めていきましょう。

事情は人それぞれ。それでも勉強することが大事。

生徒さんの中には自分の住んでいる周辺に武田塾がなく、遠く離れた校舎に数時間かけて行き来してへとへと・・・このような方もいると思います。しかし、それらは決して無駄ではありません。時間をかけて通塾することによって、しっかりとスケジュール管理をしながら受験勉強をする習慣も身につきますし、電車やバスの中でも勉強をすることは可能です。また毎日通塾し校舎で先生や周りのライバルと顔を合わせることによって、勉強に対するモチベーションがあがり学習がはかどるかもしれません。

それでも通塾するのは大変だ、と感じる方は周辺にある公共の図書館やカフェ、有料自習室などを見つけてしっかり自習できる環境を見つけるか、ネット上で武田塾の指導が受けられるサイバー校を利用することをオススメします。

受験生一人一人がそれなりの事情を抱えています。どんな悩みを抱えていようと自分だけが特別なのではありません。たとえどんな状況下にいても本当に志望校合格を目指すのであれば、自分から率先して独学に集中できる環境を整えましょう。学力だけでなく、受験生にはそのような能力も求められます。たとえその環境が武田塾、もしくは別の場所いずれにしてもきっと自主学習に適した場所を見つけることができると思います。ぜひ頑張ってください。