塾と部活は両立できるのか?

部活動は友達と一緒に汗を流して絆を深め合ったり、お互いに競い合い、高め合うことが出来る、学生生活においてとても貴重な経験の一つです。

しかし、既に受験モードに入っている受験生の皆さんにとって、部活動は放課後の練習や週末の練習試合、大会などに本来勉強すべき時間を費やさなければいけません。受験のために部活を諦めるか、それとも勉強と部活を両立するかの判断は容易でないしょう。そもそも塾に通い受験勉強に力を入れることと部活動を続けることに相互関係はあるのでしょうか?

そんな疑問や不安を武田塾の先生方の意見を聞きながら解決していきましょう!

部活を辞めれば勉強が上手くいく?

「そんなのあまり関係ないよね」

詳細動画①はこちら

「部活もろくに続けられない人が、受験でうまくいくわけがない!!」このような意見をもっている学校の先生方も中にはいます。つまり途中で部活を辞めるような中途半端な気持ちを持った人間が受験で成功するはずがない、という考えは本当に正しいのでしょうか。

すなわちこれは全くの無関係です。というのも、部活を続けた受験生が必ずしも合格するわけではないからです。だが一方で、本当に部活を辞めれば学生は勉強するのでしょうか?必ずしも全員が、空いた時間を受験勉強に費やすわけではなく、人間何かから解放された瞬間にだらけてしまうと中森先生は考えています。

結論として部活に入っているか否かにかかわらず、勉強をきちんとやることが出来る人が受験に成功するのです。

だが既に受験勉強に取り組んでいる学生で、部活を辞めればより勉強のための時間が確保できると確信しているのであれば、退部も一つの選択肢です。

受験優先の為に部活はやめるべき?

「部活をしながら勉強時間はどれだけ取れるの」

詳細動画②はこちら

「文武両道、部活と勉強を両立する!!」という目標を立てても容易に達成することは出来ません。

特に運動部や強豪チームのメンバーなどは、仮に両立しようと頑張る意思はあっても、毎日のハードな練習や大会などがあり、体力面で身体が簡単についてこないでしょう。そのため、部活は部活で頑張り、部活を引退した後に受験勉強に力を入れようと、区別する人もいる一方、両立しようと努力する人もいます。

どちらが正しいというわけではないですが、もしも部活をやっている学生で悩んでいるのであれば部活を優先させるべきです。というのも、その問題を悩んでいる時点で部活を優先しているからであると中森先生は持論を述べています。

だけど部活と両立しながら受験勉強をすることは本当に可能なの?

引退してからでも間に合う?

「部活があろうが無かろうがやるべきことは一緒」

詳細動画③はこちら

多くの部活、特に運動部の場合、一般的に受験生と呼ばれる高校三年生になった春、夏ごろに最後の大きな大会が終わり引退を迎えます。

その後に入塾して本格的に受験モードに切り替える人も少なくありませんが、高校一年生から学習塾や予備校に通っている人に比べると大きなハンデがあるように思われます。本当に受験に間に合うのでしょうか?

実際に武田塾では引退してから入塾して難関大学に合格した人もいることから、引退後約一年間効率的に勉強が出来れば,受験に間にあわせることも可能です。

結論!

結論から言うと、塾と部活の両立は可能である。受験のために部活動を辞めるべきかという議論に対して、部活を辞めなくても受験に成功している学生がいる一方で、部活を辞めて勉強の時間を作っても失敗している例もあるため、部活と受験に直接的な関係ありません。

だが部活に所属しているか否かにかかわらず、最後に受験に成功するカギは自分の強い意志です。たとえどんなにハードな部活に所属していても、ちょっとした空き時間に効率よく勉強する時間を確保できる人もいれば、帰宅部で時間が有り余っているのに何もせずにダラダラ時間を過ごしている人もいます。最終的には自分の努力次第!!ということです。