お勧めの日本史の年表の覚え方~オリジナルの年表を作ってみよう!

日本史や世界史は覚えなければいけないことの量が多く、それが原因で苦手意識を持っている受験生の方もいるのではないでしょうか。

「勉強しようと思っても、そもそもどこから手をつけたら良いのかわからない!」なんてことも少なくないでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、”オリジナル年表”を作って日本史を勉強する方法です。

オリジナル年表を作ることで自分の理解度が整理でき、自分がどこを苦手としているのかがすぐにわかるようになります。

今回は、この”オリジナル年表”を作って勉強する方法や年表の覚え方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

日本史が苦手?点数が取れない原因は?

image1

日本史に対して苦手意識を持っている人は意外と多いです。

恐らくその原因の1つは、「膨大な量の知識をとにかく暗記する必要がある」と考えてしまっているからではないでしょうか。

確かに日本史や世界史は覚えなければいけないことが非常に多く、暗記は避けては通れません。

また、「範囲が広すぎてどこから勉強したら良いかわからない」なんて意見も度々目にすることがあります。

このように、日本史が苦手な理由は

・覚えなければいけない量と範囲が広すぎる
・範囲が広すぎて自分の苦手な部分がわかりにくい

という2つが主な原因になっているのではないでしょうか。

日本史の覚え方のコツは”流れで覚える”こと!

では、日本史が得意な人はどうやって勉強しているのかと言うと、単語と単語を関連づけて歴史を流れで覚えてしまっています

よく「歴史はストーリーで覚えれば良いんだよ」なんて言っている人がいますが、これこそが歴史の覚え方において最も大切なことなのです。

日本史など歴史の勉強は覚えるべき単語の量が多いですが、それぞれをバラバラに覚えようとするから大変に感じてしまいます。

しかし、「いつ、だれが、なにをした」など単語を関連づけて覚えたり「〇〇の次の天皇は□□」のように流れを意識して覚えることで、暗記がずっと楽になり全体の流れを掴みやすくなるのです。

また、ストーリーとして流れで覚えることによって、苦手意識を持つ人が多い”年号の暗記”もしやすくなるというメリットがあります。

日本史が苦手な人こそ”年表”で勉強しよう!

さて、そんな”流れを意識した”歴史の勉強をする際におすすめなのが”年表”を使った勉強方法です。

年表には「いつ、だれが、なにをした」かが簡潔にまとめられているため、全体の流れを復習するときには非常に良い勉強材料になります。

これなら自然と歴史の流れに沿って勉強できますし、人物と出来事、年号を関連づけて覚えることもできます。

日本史が苦手だという方こそ、最初は年表を使った復習からしてみてはいかがでしょうか。

オリジナル年表で勉強する方法とは?

image2

年表を使った勉強方法の中でも武田塾が特におすすめしたいのが”オリジナル年表”を使った勉強方法です。

この方法は自分の知識を年表として整理することで苦手な範囲が一眼でわかるというおすすめの覚え方です。

オリジナル年表を使った勉強法とは一体どのようなものなのか、詳しくご紹介していきます。

やり方①ノートの左側には為政者の名前を書こう

歴史を勉強する上で最も重要になる人物と言えばその時代の為政者、つまり政権を握っている人ですよね。

オリジナル年表を作る際には、まずノートの左側にその時代の為政者の名前を順番に書いていきましょう

例えば、平安時代までなら主に天皇の名前が書けますし、鎌倉時代なら執権、室町・江戸時代なら将軍の名前を書くと良いでしょう。

明治時代以降は総理大臣の名前となります。

やり方②ノートの右側にはその時代の出来事を書こう

右側には、その時代に起こった出来事などを書きます

例えば、左側に書いてある為政者がやったことや、その為政者に関連する出来事などを書くと良いでしょう。

他には為政者の他に力を持っていた人物や、その人が行ったことなども書き出すと良いかもしれません。

事細かに書き出す必要はありませんが、重要なポイントを思い出せるかどうか、思いつく限り箇条書きで書き出してみましょう。

やり方③あやふやなポイントを復習しよう

やり方①とやり方②を縄文・弥生時代から現代に至るまで一通りやってみると、自分の記憶があやふやな部分が出てきたはずです。

例えば「〇〇の次の天皇って誰だっけ?」「この将軍は何をしたんだっけ?」など、ノートが空白になってしまっている部分がそれに該当します。

要するにそこが自分が苦手としているポイントとなるので、そこを重点的に復習することで日本史の苦手を潰していける、というわけです。

このように年表の形式で出来事や人物を書き出してみることで、出来事の順番を整理しながら自分の苦手な部分を洗い出すことができます

ご紹介したように歴史は一問一答で答えられれば良いわけではなく流れや順番、因果関係などを含めて暗記することが大切です。

日本史だけでなく世界史でも使えるので、ぜひオリジナル年表を使って歴史の総復習をしてみてはいかがでしょうか。

苦手な部分を細かく年表にしてみるのもおすすめ

全体の振り返りだけでなく、苦手な部分を勉強した後にちょっと細かいオリジナル年表を作って振り返りをしてみるのもおすすめです。

特に早慶など応用レベルになると政権の順番だけでなく、どの政党とどの政党がいつ合流し、いつ分裂したのかなど細かいところまで出題されるようになります。

そこまで覚えようとすると流れもかなり複雑になるため、一度オリジナル年表としてまとめ直してみるのがおすすめです。

オリジナル年表を作ることは覚えたことを再度記憶に定着させるという効果もあるので、全体の復習だけでなく様々な場面で活用してみてください。

おすすめの年表の覚え方・勉強のコツ

日本史が苦手な人の中には、年表自体に苦手意識を持っている方も多いかもしれません。

特に年号がなかなか覚えられずに苦労している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで少しでも年表暗記の助けになるよう、年表の覚え方や年表勉強のコツをご紹介します。

覚え方・コツ①まずは基本の語呂合わせから

重要な年号に関しては、まずは一般的な語呂合わせで覚えてみてはいかがでしょうか。

使い古された方法ではありますが、その分インターネットや書籍などで語呂合わせで覚える勉強法はたくさん開発されています。

なにより単純で頭に残りやすいので、どうしても覚えられない年号があったら語呂合わせが無いかどうか調べてみることをおすすめします。

覚え方・コツ②年号よりも順番が大切

年号の暗記も大切ではありますが、実は年号だけを答えさせる問題自体はあまり出題されません

それよりも出来事を年代順に並び替える問題の方が出題されたりすることが多く、年号は問題を解くためのヒントや補足情報として使われることが多いです。

そのため必ずしも全部の出来事の年号を完全に暗記する必要は全く無いので、基本的には重要だと思われる部分に絞って年号の暗記をするようにしてみてください。

また、年号よりも出来事の因果関係や順番の方が問われやすので、どちらの出来事の方が先だったかなど、順番だけは確実に覚えるようにしましょう。

覚え方・コツ③時代で区切らず勉強しよう

よく歴史の勉強と言えば、「鎌倉時代」や「江戸時代」など、一つの時代で区切って勉強する方法を思い浮かべるかもしれません。

しかし、時代が変わるときは歴史の転換点で重要な出来事が起こっていることが多いので、そこも重点的に勉強すべきポイントとなります。

特に年表では流れにそって出来事がまとめられているので、時代ごとに区切ってしまうと重要なポイントが分断されてしまい非常にもったいないことになります。

その時代を集中して勉強したいというとき以外は、ぜひ時代ごとに区切られていない年表で勉強することをおすすめします。

オリジナル年表勉強法まとめ

image3

日本史の覚え方で最も大切なのは”出来事を時代の流れに沿って覚えること”と、”出来事と人物、年号を関連づけて覚えること”です。

オリジナル年表を使った勉強方法なら歴史を順番通りに復習でき、自分の苦手な時代を見つけることができます。

全ての時代の年表を書き出すのは時間がかかりますが、全体の復習と今後の勉強のためには非常に効果的です。

日本史に対して苦手意識を持っている人にこそおすすめできる勉強方法なので、ぜひ今回ご紹介したことを参考にして、日本史の勉強を頑張ってみてください。

関連記事