中卒から大学受験!必要な高卒認定試験について解説します。

中卒から大学受験をするためには、「高卒認定試験」を受けて高校卒業と同程度の学力があると認定される必要があります。

今回は高校には進学しなかったけど中卒から大学受験をしたいという方のために、高卒認定試験の概要や難易度などを詳しくご紹介していきたいと思います。

高卒資格と高卒認定の違いについても解説しますので、ぜひご覧ください。

中卒からの大学受験には高卒認定試験が必要!

大学のキャンパス

大学受験は基本的に高校を卒業した人でなければ受けることができません。

しかし様々な理由で高校を卒業できなかったという人でも、「高卒認定試験」を受ければ中卒から大学受験をすることができるようになります。

この高卒認定試験は、高校を卒業していない場合でも高校卒業と同程度の学力があると認定する試験のことで、高卒でなくても大学受験が可能となります。

大卒なら将来の選択肢が広がる

やはり、中卒と大卒では就職の選択肢など多くの場面で差が出てきてしまいます。

このように将来の選択肢を増やしたり、専門的な勉強をしないと就けないような職業を目指すためには大学卒業は避けては通れません。

高卒認定試験を受ければ誰でも大学受験をすることができるようになるため、受けるだけのメリットは十分にあると言えるでしょう。

高卒認定試験の詳細は?

高卒認定試験自体は16歳以上で高校を卒業していなければ誰でも受験が可能です。一応高校生も受験は可能ですが、全日制高校に通学している場合は学長の許可がなければ受験することができません。

加えて合格すればすぐに認定されるという訳ではなく、満18歳になった誕生日から合格の効力が生じますが、満18歳でなくとも大学入試を受験する年度内に満18歳になる予定であれば大学受験の受験資格を得ることができます。

試験内容は4択のマークシート方式です。全ての科目の中から8科目合格すれば高卒認定となります。

国語、数学、英語は必修となっていますが、地歴公民と理科はいくつかの科目の中から自分の得意や分野を選ぶことができます。

また試験は年に2回実施されますが、1回の試験で全ての教科に合格できなくても大丈夫です。最終的に8科目合格できれば高卒認定となるので、8科目も一度に勉強するのがキツいという場合には2回に分けて合格することもできます。

高卒認定試験の難易度・合格率は?

高卒認定試験は各科目ごとにA、B、Cという三段階の評価が出されます。 Aは100~80点、Bは79~60点、Cは59~合格最低点という割り振りになっており、合格最低点はだいたい40点くらいだと言われています。

合格最低点は毎回変動するため40点では絶対に合格できると言い切れませんが、50点取れば合格の可能性はかなり高く、60点ならほぼ確実に合格できると言っても過言ではないでしょう。

合格率は40%前後と言われており、この数字だけを見るとかなり難易度が高いように感じてしまうかもしれませんが決してそんなことはありません。

ご紹介したようにこの試験は最終的に全ての科目に合格すれば良いため、そもそも1回で全部の科目の合格を目指していない人も多いです。

また、出題される問題は中学卒業から高校1年生程度のものなので、特別難しいということはありません。

それに内容も基礎的なものが多くマークシート方式なため、しっかりと勉強すればそこまで合格は難しくないと言えるでしょう。

高卒資格と高卒認定の違いは?

詰まれた本

大学受験をする場合においては高卒認定試験に合格し「高卒認定」を受けるだけで問題ありません。

しかし、普通に高校を卒業して得られる高卒資格と高卒認定は根本的に違うものなので一緒にしてはいけません。

高卒認定はあくまでも「高校卒業程度の学力があると認定する」ものです。そのため、高卒認定を受けたからと言って最終学歴は中卒のままで高校卒業になるわけではありません。

場合によっては、高卒認定試験を受けるよりも定時制高校や通信制高校など自分の都合に合わせて柔軟に勉強できる高校を利用した方が後々役立つことが多いかもしれません。

高卒認定は就職でも役立つ?大検との違いは?

ただ、高卒認定でも就職において高校卒業と同等に扱うという企業もたくさんあります。

高卒認定は昔は「大学入学資格検定制度(大検)」という名前でしたが、大学入試だけでなく就職の場や資格取得でも活用できるようにと現在の名前に変更になりました。

高卒認定をどのように扱うかは企業によって様々ですが、高卒認定は就職の場でも役立つことがあるということは頭に入れておきたいですね。

ちなみに、大検は中学卒業が受験資格として設定されていましたが、大卒認定では特にそのような資格はいらなくなりました。

また、大検は家庭科が必修科目になっていましたが、大卒認定からは無くなりました。

高卒認定からの大学受験では予備校の利用を視野に

高卒認定試験が受かるかどうか不安という方はもちろん、その後に大学受験を受けるとなると予備校の利用も視野に入れておかなければならないでしょう。

高卒認定試験自体はそこまで難しくありませんが、勉強の仕方がわからないという方などは予備校を利用して見るのも良いかもしれません。

また、そもそも高卒認定試験の難易度は中学~高校1年生程度のレベルと言われています。

高卒認定試験に合格できても、大学受験をするなら結局高校3年間分の勉強をしなければならなくなります。

学校にも通わず高校3年間分の勉強をするのはかなり大変なので、大学受験をするなら何らかの予備校を利用することになるでしょう。

中卒からの逆転合格は可能!

ただし、中卒で高校に通えていないからと言って勉強面で絶対に不利になるかと言えばそうとも限りません。

高校に通っていると勉強以外に時間を使うことが多かったり、いつでも自分がしたい勉強ができるわけではなかったりします。

また、武田塾の推奨する参考書を使った「自学自習」なら高校の授業よりも高速で効率の良い学習ができるため、高校に行かず予備校などを利用しながら自分で勉強した方が成績が伸びやすいかもしれません。

武田塾では勉強の仕方に悩んでいる方のために無料受験相談を受け付けております。中卒からでも逆転合格がしたいという方はぜひお気軽にお問い合わせください。

高卒認定試験まとめ

中卒から大学受験をするには高卒認定試験を受ける必要があります。

試験自体は簡単で1度に全ての科目に合格する必要もないので、コツコツ勉強すれば合格は難しくないでしょう。

しかし、その後に大学受験をするとなると結局高校3年間分の勉強をしなくてはなりません。

予備校などを利用しながら勉強していけば逆転合格は可能ですので、ぜひ諦めずに頑張ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談