オープンキャンパスに行く時期は?行く意味や持ち物、心構えを解説。

受験生のみなさんは、進学したい大学はもう決まりましたか?進学先の大学を選ぶときは、オープンキャンパスを利用すると詳しい雰囲気などがわかって便利です。

今回は、そんなオープンキャンパスに行くべき時期や行く意味、持ち物や服装などについて解説します。実際に行ってみないとわからないこともありますので、気になった大学にはぜひ一度足を運んでみることをおすすめします。

オープンキャンパスに行く意味は?

opencampus1

大学が一般の人向けにも解放され中を自由に見学できるオープンキャンパスですが、ただ見学できるだけがオープンキャンパスの魅力ではありません。

パンフレットだけではわからない内容や大学までの道のりがわかるなど、オープンキャンパスに行く意味はたくさんあります。

詳しい授業内容やカリキュラムがわかる

実際にオープンキャンパスに参加することで、パンフレットやホームページだけではわからない詳しい授業内容を知ることができます。

直接先生方とお話ができる機会もありますし、場所によっては体験授業や模擬授業を実施しているところもあります。

将来自分が大学に入ったときにどのような勉強をするのかがわかるので、これだけでもオープンキャンパスに参加する意味はあるはずです。

大学の雰囲気がわかる

授業内容だけでなく、大学全体の雰囲気を知ることができるのもオープンキャンパスの魅力です。

大学の雰囲気ばかりは行ってみないことには本当にわからないため、オープンキャンパスを利用して調べておくと良いでしょう。

在校生の雰囲気や教室の広さ、設備が充実しているかどうかや学食のメニューなどもチェックしておくと実際に入ったときの感覚がわかって良いかもしれません。

大学までの道のりがわかる

大学に行くまでにどのようなルートを辿るのか、実際に行って体験できるのもオープンキャンパスの良いところです。

合格した場合だけでなく、受験に行く場合もキャンパスまでの道のりで迷ってしまうという体験談は意外と多いので、迷わずに行けるようになるというだけでも行く意味があると言えます。

オープンキャンパスに行く時期は?

opencampus2

オープンキャンパスに行く時期はいつでも大丈夫です。

しかし、受験本番の時期に近くなりすぎると時間がない上に開催してるオープンキャンパスも少なくなってしまうため、気になる大学ができたらなるべく早い時期に行ってみることをおすすめします。

開催数が最も多い時期のは夏

一年を通して最もオープンキャンパスが開催されているのは夏の時期です。

ちょうど夏休みに入り時間ができた段階で開催され始めるので、夏休みを利用して色々な大学を回ってみると良いかもしれません。

逆に、夏の時期を逃すとオープンキャンパスに参加する時間も確保できなくなり開催数もだんだんと減ってしまうので、第一志望の大学だけでもオープンキャンパスに参加しておくことをおすすめします。

秋は文化祭が多い

秋は学園祭・文化祭を開催している大学も多い時期のため、普段のオープンキャンパスとはまた違った一面を見られるかもしれません。

特に文化祭は各大学の個性や在学生の雰囲気が顕著に出るため、大学の雰囲気が気になっている人は参加してみると良いでしょう。

オープンキャンパスに行く時の持ち物は?

opencampus3

オープンキャンパスに行くときはそれほど多くの荷物は必要ありません。キャンパス内を歩き回るため、なるべく軽装の方が良いでしょう。

ただし、A4サイズのクリアファイルとそれが入るカバンやリュックは忘れないようにしてください。

オープンキャンパスでは大学に関する資料がたくさん配られることも多く、資料の多くがA4サイズのためA4のクリアファイルを用意しておくと資料の管理が楽になります。

他の持ち物としては、飲み物を1つ常備しておくと安心です。キャンパス内でも買えることがほとんどですが、オープンキャンパスが真夏に開催されることも多いため水分補給用にペットボトルを1本持っておくと良いでしょう。

また、体験授業に参加したりする場合にはメモ用のノートや筆記用具も持っていきましょう。

オープンキャンパスに行く時の服装は?

オープンキャンパスに参加する時に学校の制服で行くか私服で行くか迷っている方もいるかもしれませんが、結論から言ってしまえばどちらでも大丈夫です。

私服だから大学の先生に悪い印象を持たれるなんてことはほとんどありません。あまり派手すぎない服装なら何でも大丈夫ですので、動きやすい服装で参加しましょう。

制服を着ていけば間違いないので、もしどんな私服で行けば良いかわからないという場合には制服を着ていくのも一つの手です。

また、キャンパス内を歩き回るため靴は歩きやすいものを履いていくと良いかもしれません。

オープンキャンパスに参加する時の心構え

オープンキャンパスに参加する時あまり気張る必要はありませんが、自分が実際に入学して勉強することを想定して見学するという目的だけは忘れないようにしてください。

大学側も魅力を伝えるために楽しい企画などをたくさん用意してくれていることも多いですが、大切なのは実際に通うようになった時に充実した大学生活を送ることができるかどうかです。

大切な受験生としての時間を無駄にしないよう、ぜひその点に注意してオープンキャンパスに参加してみてください。

まとめ

オープンキャンパスはパンフレットだけではわからないことを知れる絶好の機会です。必ずしも行く必要はないですが、参加する意味はたくさんありますので予定が合えばなるべく参加することをおすすめします。

特に、行ってみないとわからない大学までの経路や雰囲気などを知れるというだけでもオープンキャンパスに行く意味はあるはずです。

ただし、オープンキャンパスはピークの夏の時期を過ぎるとだんだんと開催数が少なくなってしまいますし、受験生の方は参加する時間も取りにくくなってしまいます。

まだ時間のある春頃から気になる大学の実施日などをチェックしておくと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。オープンキャンパスは受験する大学を決める重要な情報源にもなりますので、できるだけ多くのキャンパスに足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談