受験生必見、英単語の覚え方。1,000単語を1週間でマスターしよう

英語を勉強するとき、英単語の暗記に時間を取られてしまっていませんか?英単語は正しい覚え方で勉強することで、短時間でも効率よく覚えることができるようになります。

武田塾の覚え方ならば1週間で1000単語も夢ではありません。今回は、この武田塾流英単語の覚え方をご紹介しますので、英単語の暗記で苦しんでいる方はぜひご覧ください。

英単語は英語勉強の基礎!

詳細動画①はこちら

英単語は、英語の勉強の中でも最も基礎部分にあたります。いくら文法を勉強したとしても、単語を知らなければ文章を読み解くことができません。英語の勉強では避けて通れない範囲ですので、まずはこの単語力を伸ばすところから始めましょう。

どのレベルでも単語は重要

また、難関大学になればなるほど必要となる単語数は1000単語レベルで上がっていきます。特に、東大をはじめとした超難関大学では普段見かけないような単語もたくさん出てくるので、単語を知らないとまともに文章すら読めないということにもなりかねません。

どんなレベルでもずっと単語の勉強は必要です。今回ご紹介する方法をマスターして、今後の単語勉強をスムーズに進められるようにしましょう。

英単語ができない原因は?

英単語を覚えられない最大の原因は、なんと言ってもその量の多さですよね。大学受験に必要な英単語の量は一般的に4000~6000と言われています。難関大学では7000~8000単語もの量が必要です。

これだけ単語数が多いと、まず何よりも時間がかかってしまいます。一日の大切な勉強時間のうち多くを英単語勉強に使うことになり、他の本当にやりたい勉強ができないどころか集中力が切れて英単語の勉強能率も下がってしまいます。

このように、英単語ができない理由、英単語の勉強が負担になってしまう原因はその量の多さと多くの時間がかかってしまうことにあります。

しかし、実は英単語を覚えようと多くの時間をかけることは良い勉強方法ではありません。英単語学習のコツは短時間で集中して取り組むことにあります。

武田塾流、英単語の覚え方

それでは、実際に武田塾が推奨している英単語の覚え方をご紹介します。この覚え方は1週間で1000単語の暗記が目標となっています。

覚え方は全部で8ステップです。順を追って見ていきましょう。

英単語勉強は8ステップ!

①できる単語とできない単語に分ける
まずは自分が使っている単語帳の中の単語を、覚えている単語と覚えていない単語に分けましょう。基本的にはしっかりと訳が言えるかどうかがポイントになります。

②できない単語を100個集める
次に、できない単語を100個集めましょう。もうすでに覚えてしまっている単語を勉強必要はありませんので、これから覚えたい単語を100個選びましょう。

③100個の中からは10個ずつ区切って覚える
いきなり知らない単語を100個覚えろと言われたらかなり辛そうですが、10個ならばできそうな気がしませんか?まずは100個の中から10個の単語を集中して覚えましょう。この時暗記の方法は問いません。

④10個の単語を覚えたら小テスト
単語の訳が言えるようになったと思ったら、今度は本当にできるようになっているか小テストをします。もし間違えてしまった単語があったら、もう一度暗記をし直して全部の訳が言えるようになるまでテストを繰り返しましょう。単語10個につき小テストまで5分で終わるのが理想です。

⑤50個の単語を覚えきるまで進む
④を繰り返して、単語を50個覚えきるまで進みましょう。ここまでの目標タイムは約25分です。

⑥50個の総復習をする
50単語を覚えられたら、50単語分の総復習をしましょう。この総復習にかける時間は10分です。勉強した単語がしっかりと身についているか確認しましょう。

⑦後半の50個も同じように覚える
残りの50個も前半と同様に、③~⑥の手順で覚えましょう。50個分の総復習を含めた所要時間は35分となります。

⑧仕上げに100個分の総復習!
50単語ずつ暗記ができたら、最後に100単語分の総復習をしましょう。目安となる時間は15分程度です。最後の仕上げとなるので、覚えきれていない単語が無いかどうか確認しましょう。

この方法ならば、100単語を約1時間半で覚えきることができます。1日150単語ほどを目安とすれば、1週間で1000単語を覚えることも可能です。

同じ方法でやっても覚えられない...原因は?

詳細動画②はこちら

もしこの覚え方を実践しても覚えられないという場合は、知らず知らずのうちにやり方を間違えてしまっているかもしれません。

自分の単語帳で実践方法の確認を!

自分では同じ覚え方で勉強しているつもりでも、気が付かないうちに違ったやり方になってしまっていることは良くあります。同じ覚え方でも覚えられない場合は、ほとんどの場合それが原因です。

自分が正しい方法で勉強できているか確認するには自分の使っている単語帳を見ると良いです。正しい方法で勉強している場合には間違った単語などに何度もチェックがついているはずです。それができていなければ、正しい方法で実践できていないということになります。

武田塾の方法は実践できさえすれば誰でも単語が覚えられるやり方です。どうしても覚えられない時は、本当に正しいやり方で勉強できているか一度確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

単語は英語勉強では避けて通れない必須の項目です。しかし、その量の多さと時間がかかりすぎてしまうことが多くの人が英単語の暗記に苦しむ理由です。

ですが、できないからと言って時間をかけすぎるのは良くありません。集中力が切れないように、短時間で一気に覚えてしまいましょう。

そのための勉強法が武田塾の単語暗記法です。この方法はできない単語を10個ずつ5分で覚えるというもので、100個の単語を約1時間半で覚えきることが可能です。

また、一日150単語を目安にすれば1週間で1000単語を覚えることもできます。

この方法を実践する際に気をつけたいのが、本当にやり方通りに勉強出来ているかどうかです。この方法を使っても単語が覚えられないという人は、無意識のうちにやり方が変わってしまっていることが多いです。自分の単語帳を見直すなどして、正しいやり方で英単語を勉強することを心がけましょう。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談