就職に強い大学はどこ?武田塾が教えます!

皆さんは、どのような基準で志望校を決めていますか?「自分のしたい勉強ができるかどうか」など選ぶ理由は色々考えられますが、「就職で有利な大学かどうか」を基準にする方も多いのではないでしょうか。

今回は、その「就職に強い大学」を、武田塾がお教えします。大学選びに困っている方は、ぜひご覧ください。

そもそも、大学名と就職は関係あるの?

詳細動画①はこちら

一般的には、自分の学歴を象徴する大学名は就職に大きく影響すると言われています。実際のところ、大学名と就職はどれくらい関係あるのでしょうか。

最初に見られるのは「学歴」

ハッキリ言ってしまうと、就職において一番最初に見られるのは学歴です。そのため、一般的に言われているように学歴、大学名は非常に重要になります。内面や人柄も大切ですが、就職で内面が見られるのは大学名の後です。第一印象を決めるのはやはり大学名です。

もちろん、全てが学歴で決まるというわけではありません。職業や会社によっては学歴関係なく選んでもらえる場合もあります。しかし、そのような場合は自分の純粋な実力や実績、人とのコネクションなどが必要になります。普通に就職するよりも高い能力を求められることも多く、かえって大変になってしまうかもしれません。

特殊な職業を除いて、普通の就職で有利になりたいならばなるべくネームバリューのある大学へ進学しておくことをオススメします。

学歴は最もフェアな判定基準?

なぜ学歴がここまで重視されているかと言うと、学歴は最も公平な判定基準と言えるからです。大学名だけで就職で優遇されるとなると不平等とも思えますが、決してそんなことはありません。

基本的に、学歴は誰もが評価対象になれる評価基準です。また、就職までの人生経歴の中でも大部分を占めるのが学歴です。転職や中途採用なら前の職場の経歴など他の評価対象もあるかもしれませんが、新卒採用では基本的に学歴しか評価基準がありません。

誰もが評価対象で、これまでの人生の大部分を占める学歴が良ければ、きっと優秀な人物だと評価してもらえるはずです。

繰り返しになりますが学歴が絶対ではありません。しかし今までの経歴を公平に判断する手段としては企業側から見ると非常に重要ですので、志望校を選ぶときにはそのことも頭に入れておくと良いでしょう。

一番就職に強い大学はどこ?

詳細動画②はこちら

言うまでもなく、一番就職に強い大学は東京大学です。日本国内で最も偏差値が高く、最も入るのが難しい大学なだけあって東京大学は一番就職に強い大学と言えます。

ただ、東大に入るには並々ならぬ努力が必要となります。人一倍努力しても入れる保証はありません。そこで、大学選びで注目したいのが”コストパフォーマンス”です。東大合格は無理でも、コスパの良い大学を狙うことでなるべく負担を少なく高偏差値の大学へ入ることができます。

一番コスパの良い大学は?

最もコストパフォーマンスの良い大学は、ズバリ慶應大学です。武田塾では主に参考書単位の勉強を行っていますが、大学1つにかける参考書の札数で考えた場合に慶應大学が一番コスパが良いと言えます。

逆に、最もコスパが悪いのは地方の国立大学です。地方国立大学合格のためには全教科をMARCHレベルまで勉強しなくてはなりません。しかし、それだけの時間と労力を3教科に集中できれば、早慶レベルの大学を狙うことも可能です。決して地方国立大学が悪いと言うわけではありませんが、全国的に見れば早慶レベルの大学の方が就職には有利です。

慶應大学と聞くと、私立大学の中でもトップクラスの偏差値を誇り、とてもコスパが良いなんて思えないかもしれませんが、勉強時間の割り当て方次第では合格も夢ではありません。単純なネームバリュー以外にも、レベルの高い内容を学べる魅力の多い大学ですので、就職に強い大学を目指している方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

就職率の良い工業大学はアリ?

実際の就職率を見てみると、偏差値の高い難関大学よりも、工業系の大学の方が就職率が高い場合が幾つも見受けられます。就職のことを考えたときに、工業大学は選択肢としてアリなのでしょうか?

高学歴の方が選択肢が広がる

工業系の大学も、選択肢としてはもちろんアリです。就職後も即戦力として役立つ知識や技術を集中して学べるため、就職率も高くなっています。

しかし、就職率が高くないからといって高学歴と呼ばれる大学が就職に弱いというわけではありません。偏差値の高い大学は大学院進学や起業、資格試験のための準備など就職以外の選択肢も多いため、数字としての就職率が伸びないのです。

むしろ、この選択肢の多さこそが高学歴のメリットでもあります。就職以外でも選択肢が豊富なことに加え、就職でも比較的優遇されるため他の人に比べて自分の入りたい企業を選ぶ余裕もできることでしょう。

まだ大学卒業後の目標があやふやという方は特に、卒業後もさまざまな選択肢のある偏差値の高い大学に進学することをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。就職を有利に進めるためにはネームバリューのある大学への進学が重要になります。

もちろん全てが学歴で決まるわけではありません。しかし、学歴は今までの人生でどれだけ努力したかを公平に判断できる基準でもあるので就職の場では重要視されます。第一印象を決める要因でもありますので、就職を有利に進めたいなら偏差値の高い有名な大学への進学をオススメします。

一番就職に強い大学は東大ですが、実際に入学を目指そうとするとかなり大変な道のりになります。そこで、オススメするのが慶應大学です。慶應大学も私立の中ではトップクラスの偏差値を誇りますが、入試で必要な教科が3教科しかありません。地方国立大学への入学のために5教科勉強する時間と労力があれば、3教科に絞って慶応大学合格も夢ではありません。

勉強時間の割り当て方次第では、目指していた大学よりも更に高偏差値な大学への合格も可能です。高学歴は将来の選択肢を広げることにもつながりますので、大学卒業後の進路をまだ考え切れていないという方は特に、高偏差値大学への合格を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事