【早慶の連続受験】早慶の入試日程からわかる併願戦略!

青砥校・

早・慶・上智の入試日程を解説!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

今回は早慶の連続受験を希望する方向けに、2022年度の入試日程とともに説明していきます。

 

自分の希望する学部同士は被っていないかどうか確認しながら、どこに出願するか考えてみましょう!

 

2022年度 早慶 入試日程

 

スクリーンショット (3)

 

気になるポイント

 

まず早慶入試の封を切るのは2月8日早稲田大学人間科学部の共通テスト+数学選抜方式です。

 

その後、早稲田は9~11が空きますが、その間に慶應の薬と看護があります。

 

最終的に、早稲田大学が23日まで続き、スポーツ科学部が最後になります。

 

最大で文系・理系を考慮せずに全部受けた場合は8日から23日まで、9日以外はずっと受けることができます。

15連続受験・・・!そんなに受ける人は存在しないですね(笑)。

 

文系だけであっても、12日から23日までは連続で受けられます。

早慶は10回以上チャンスがあるということですね!

 

早慶は思い入れが強い生徒が強い生徒も多く、「早稲田乱れうち」などもよく聞きますね。

実際、これを書いている私も早稲田大学に行きたい思いが強く、早稲田大学だけで合計7学部受験しました!

 

実際に「乱れうち」をするには

 

「乱れうち」をするにしても、日程が被っているとどちらかしか受けられません。

 

例えば2月12日早稲田の文化構想慶應の理工が被っています。

これは文理が異なるのであまり関係ないですが、

2月13日早稲田の国際教養慶應の経済15日早稲田の法慶應の文17日早稲田の文慶應の総合政策18日早稲田の人間科学(一般方式)慶應の環境情報が被っています。

文系の受験生はどちらを受けるか迷う日程かもしれません。

 

事前に自分の行きたい学部の優先順位を決めて、他の日程を組むようにしましょう。

 

上智大学

 

補足として、早慶を受ける受験生は併願として上智を受ける場合も多いです。

 

スクリーンショット (6)

 

上智の入試日程は上のようになっています。

 

2次試験が被ったりはするものの、基本的には2月3日から5日連続で試験があり、7日までということになっています。

 

上智は被らず、の日程の前に受けることが可能となっています!

なので、先に上智を受ける方は、問題なく併願できそうですね。

 

今回のまとめ

 

早慶は文系だと10回以上チャンスがあります!

上智も併願すればさらに多く受験することも可能です。

 

学部ごとに被る日程に気をつけて、受験日程を組んでいきましょう!

 

 

無料受験相談

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************