宮崎で部活と勉強を両立し大学に現役合格する方法は?

宮崎校・

こんにちは!

武田塾宮崎校の栗山です。

今回の記事は進学校に通う生徒の永遠の悩みである「文武両道」、部活と勉強の両立についてです。

どこの学校にいっても方針として「勉強だけでなく部活も頑張る」ということが方針として掲げられていますね!
勿論それは素晴らしいことであると思いますが、多くの生徒がそれに悩んでいるのも確かであります。

今回の記事は宮崎で高校生活を送るにあたりどのように部活と両立して勉強を成功させるかに注目したものになります。

毎日部活に疲れ、うとうとしながら宿題に取り組む高校生に向けて読んでいただけたらと思います。

部活と勉強の両立、文武両道のメリット

nissinIMGL0749_TP_V4

そもそも勉強が心から好きである!

そんな高校生は稀ですね。

部活は体育系、文化系とありますが活動の中で友人との交流を深め、共同作業を通じ協調性を持った人間になる。
体育系であれば身体を動かし健康な心身を手に入れる、文化系であれば文化を知り教養を深める。

大枠でいえばそのような目的、メリットがあります。

そして、本人からすれば高校生活の思い出作りであったり、純粋な楽しみから部活をするケースの方が多いでしょう。

部活をしながら有名大学に合格。
卒業後は有名な会社に勤め悠々自適。

そんな理想像を想像することはだれしもあるでしょう。

部活と勉強の両立ができないとこうなる

150415092468_TP_V

結果から言えば、浪人or大学レベルを大きく下げることになります。

高校入試も終わり、憧れの高校生! 部活に友達作りに勉強に頑張るぞ!

そう意気込み、勉強習慣の根源であった塾を辞めた後に・・・

【現実】

部活で疲れた→日々の学習は宿題で精いっぱい

宿題の疑問点は適当で、せっかく覚えたことも復習しないので忘れる。

定期テスト前に慌てて詰め込む勉強をする。

勿論定期前だけの勉強で記憶をキープできるほど優秀な人間は多くない。

2年生になっても変わらない生活リズム。

しかし勉強範囲は広がるばかり。

もはや何が出来て、何が出来ないかは整理不能。

部活が終わって一念発起!

しかし学校では基礎は出来ている前提で二次試験問題の演習をスタート。

基礎がわかっていない生徒に響く内容であるはずもない。

基礎の勉強をしようにも、朝課外に夕課外。

学校が終わって取れる勉強時間は5時間が関の山。

5教科勉強するなら一日1時間しか1教科に勉強時間を割けない。

都合よく人気大学に受かるはずがないですね。

このようなモデルの生徒はどの時代を切り取っても大量に存在します。

文武両道と言葉だけ見れば聞こえはいいですが、現実はこんなものです。

あなたの通う高校の進学実績はどう?

一度自分の通う学校の進学実績(現役のみ)を確認してみて下さい。

そして自分の志望校と照らし合わせて下さい。

本当にざっくりとしたイメージですが大体学年でどのあたりに位置していればその大学に行けるのかイメージできます。

毎年東大京大や医学部など現役で10人もいかないのであれば10番以内に模試で入っていないと厳しいですよね。

自分の今のペースと全国の志望校に合格する人間のモデルペースを知りもせずに「間に合わなかった」というのはとてももったいないです。

自分が心から行きたいと思う大学があるのなら、全国での基準を知り、それに見合った努力は必須です。

県外の高校では課外は基本的にありませんので学校が終わった瞬間皆必要な勉強をきっちりします。

宮崎の課外の話を県外の方にするとかなり驚かれ、「いつ勉強しているの?」と聞かれます。

それだけ不利な状況にあるのですから自分の勉強は自分でやっていくという強い意志が無ければ上手くいきません。

部活と勉強の両立、文武両道は諦めるべき?

もし本当に部活が原因で勉強時間が取れない。
そして志望する大学の学力に到達が困難である場合はどちらか一方を取るしかないでしょう。

時間を使うのは当然ですし、元々の能力が同じようなモノであれば、部活をしていない分勉強を頑張っている生徒に勝てるわけがないです。

しかし勉強だけの環境になったからと言って勉強に集中するかどうかはまた別の話です。

部活をしながらでも勉強をきっちりこなし現役で有名大学に合格する生徒がいるのも事実です。

素養以外に時間の使い方が違うことにまずは注目をしましょう。

部活と勉強の両立、文武両道のコツ

98c60240c8e335bf45e7b910f856d639_t

勉強とそれ以外のメリハリ

一番のコツはメリハリです。

部活を原因に勉強が出来なくなると、部活も心から楽しめ無くなりますし勉強に対してもネガティブな感情が大きくなり悪循環に陥ります。

まずは自分の勉強に使える時間を書き出してみましょう。

何時間位ありますか?

貴方はその時間を継続的に勉強に充てることが出来ていますか?

その時間の中で集中は出来ていますか?

何の勉強をどのような目的のもとにやっているか説明できますか?

教科ごとのバランスを取れていますか?

考えること、修正すべきことはかなり多くあるはずです。

問題点を書き出す

どういった所に自分の問題があるかリストアップしてみましょう。

例えば、

・疲れて寝てしまう
・睡魔から集中できない
・宿題に追われ自分の勉強や復習が出来ない

このように書き出し、それらの解決法を自分なりに考えて見ましょう。

・疲れて寝てしまう

塾の自習室を使う。
仮眠を取り起こしてもらう

・睡魔から集中できない

まずは毎日の睡眠時間を一定にし、どのくらいの睡眠時間を取れば動けるか検証しましょう。

眠い時はストレッチをしたり、軽く歩いて新鮮な空気を吸うなどすると眠気が晴れます。

・宿題に追われ自分の勉強や復習が出来ない

基礎的な事が身についていないのに新しい知識を入れ込もうとしてもとても効率が悪くなります。

一度学校のペースに後れを取ってしまったらまずは追い付くことを優先し、宿題などはやらなければ怒られるでしょうから最小限の時間で終わるように工夫をしましょう。

宿題は基本的に基礎的な内容が出されるので、ある程度理解はしている前提で先生も宿題を出します。
理解に乏しい場合、一度解説が豊かな参考書で理解を深めた後でないと効率がかなり落ちてしまいますね。

部活と勉強の両立、文武両道成功に大切な事

このように、一番大切な事は今の自分を知り、改善できる部分を見つけ、実行していくことが最も大切でしょう。

問題があるにも関わらず、放置している状況だから失敗するのです。

失敗しないためには改善をするべきです。

部活で毎日頑張っている目的は何でしょう?

どうすればもっと上手くなるかな?

トレーニング方法に間違いはないかな?

先輩や監督からのアドバイスが欲しいな。

部活でこのように思うことはありませんか?

勉強にも全く同じことがいえます。

素直に成績を伸ばしたいのであれば、正しい方法で、目標から逆算し、ゴールまで確実に前進する必要があります。

武田塾宮崎校でやっていること

_MG_7543

武田塾宮崎校は「授業をしない」塾です。

授業をしない代わりに、自学自習を徹底してサポートします。

なぜ授業をしないかというと、部活をしているあなたも学校で授業を受けていますよね?

授業で成績が伸びるならもうすでに成績は伸びているはずですね笑

結局テストで点数が取れるようになるには、覚えることは覚え、出来ない問題を出来るようにするしか方法は無く、それが出来るのは自学自習の時間において他ならないからです。

冒頭にあげた自分の問題点が何か把握していますか?
把握したところで放置してしまっていませんか?
親に注意されても苛立ちを覚えるばかりではありませんか?

何の問題解決にもなっていない生徒の為に、問題解決のお手伝いをしています。

入塾後は勉強量は確実に増えます。
しんどいです。

しかし、そのしんどさに慣れてしまわないといけないのですね。

 

武田塾宮崎校では、毎日無料で受験相談を行っています。

受験相談では、今回のような部活との両立問題や色々な勉強のお悩みについて、個別に具体的にヒアリングし解決案を提示します。

勿論実行するかどうかは自分次第ですが、まずはこれからどうすればよいか客観的な判断を仰ぐことが大切です。

どうすればよいか理解し行動することで変化が生まれます。

 

平日1枠のみ
土曜日2枠のみ
の開催となっております。
まずは日程調整をさせて下さい。(1人1人本気で考えるので、これが限界…)
不安や課題について個別に相談承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。無料受験相談

 

 

宮崎校おすすめ記事

【2019年度版】宮崎市の自習室/自習スペースまとめ【徹底比較】

やってはいけない勉強法 成績が伸びない理由を説明します!失敗から成功を学ぶ

武田塾 宮崎校を写真つきで紹介 自習室、学習環境を全部見せます‼

宮崎の高校から難関大学に現役合格するコツ 勉強法を中心に大学合格に必要なことを紹介  

 

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 宮崎校へ