国公立二次・私大入試の自由英作文の対策におすすめの勉強法・参考書

多くの難関大学で出題されることの多い自由英作文に苦手意識を感じている受験生は少なくありませんよね。

しかし、自由英作文は配点が高いため、しっかりと対策さえすれば高得点をとれる分野でもありますが、その反面大幅に減点されてしまうと他の受験生に差をつけられてしまうことになります。

今回は自由英作文の対策として、勉強法やおすすめの参考書などをご紹介します。
二次試験や私大入試で自由英作文が出題される大学を受験する方は、ぜひ最後までご覧ください。

英作文の種類

takeda1_220125

英作文と一括りにまとめられていますが、英作文には和文英訳自由英作文の2種類があります。

和文英訳とは、与えられた日本語の文章を英文に翻訳することで、自由英作文とは、与えられたテーマなどについて英文で説明したり意見を書いたりすることです。

基礎的な勉強法などに関してはどちらも変わりはありませんが、実践的な対策になると、それぞれ別の対策が必要になるため、自分の受験する大学の入試問題にどちらが出題されるのかを事前に把握しておくことが重要です。

自由英作文の対策に取り掛かる前に

takeda2_220125

「入試問題に自由英作文が出題されると分かったから、早速対策を始めよう!」とはいきません。

どの教科・科目でも1番大切なのは基礎の部分です。

共通テスト対策などと同様に単語や文法などの基礎固めから、例文暗記などの対策を行った後に実践的な対策に取り組んでいきましょう。

ここでは、基礎の部分から順に取り組むべき内容についてご紹介します。

①単語や文法などの基礎固め

先ほどもお伝えした通り、英語の基礎といえば、英単語と英文法です。

単語に関しては、共通テスト対策などで使用しているお手持ちの単語帳でも十分ですが、赤シートで隠しながら英単語を見て意味が分かるだけでなく、日本語を見て英単語が書けるようになるまで何度も繰り返しましょう

暗記をする際は実際に紙に書きながら手を動かして覚えていくのがおすすめですが、ただ書いているだけでは暗記することはできません

以下の記事では効率のいい暗記法を始め、勉強の効率を上げる方法について詳しく解説されています。勉強の効率を上げたいと思っている方は是非参考にしてください!

【ムダを省こう】誰でも実践できる!勉強の効率を上げられる方法は?

英文法に関しても、お手持ちの文法書で基礎を固めながら、共通テストレベルの4択問題や整序問題をすらすらと解けるようになるまで取り組みます。

②例文を暗記

単語や文法をマスターしたら、次に取り組みたいのが例文暗記です。
この例文暗記を丸暗記と勘違いしてしまう方も多いですが、ここで覚えてほしいのは、日本語に対応する英語構文です。

例文はあくまでも構文を覚えるための手段であり、実際に丸暗記した例文が試験に出てくることは滅多にありません

そもそも自由英作文において、日本語で答えられない問題に英語で答えることはできないので、日本語で思い浮かんだ解答を英語に書き換えられるかという点が重要です。

なので、例文を暗記するときには、対応する日本語と英語を理解しながら勉強を進めていきましょう。

③和文英訳で英作文に慣れる

3つ目に取り組んでほしいのが和文英訳です。
ここでは、今までに覚えてきた単語や文法、例文をしっかり使うことができるのかを確かめる段階になります。

日本語を英語に翻訳していく際には、1対1で翻訳できるものばかりではないため、日本語を自然な英語に訳していく技術が必要です。

英作文によく使われる、譲歩構文や無生物主語構文、また和文和訳(和文をそのまま英語に訳せない場合に、英語に訳しやすい和文に書き換えること)など、英作文の問題ならではの英文の書き方に慣れていきましょう。

④自由英作文の問題に取り組む

最後に自由英作文の対策に取り組みます。
自由作文の対策をするうえでまず始めに大切なのが、語数と設問を理解することです。

自由英作文の問題に回答する際は賛否などの意見を聞かれているのか、テーマに対する自らのアイデアを聞かれているのかなど、問題の主旨や意図を理解したうえで、語数を守った解答を作る必要があります。

問題を理解したら自分の回答の方向性を決め、その意見の理由を考えます。
自分の考えを英文にするときに覚えた例文などを駆使するのですが、ここで無理に難しく書く必要はなく、簡単でもいいので正確な単語・文法を使用することが大切です。

そして、実践問題集などに沢山取り組み、経験を積んでいきましょう

自由英作文の対策におすすめの参考書5選

takeda3_220125

ここからは自由英作文の対策におすすめな参考書を5冊ご紹介します。
自由英作文に限らず基礎をしっかりと固めることは大切なので、自由英作文の対策をする際も基礎をしっかり固めてから問題演習に取り組むようにしましょう。

『大学入試英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』

takedatext1_220125

まず初めにおすすめするのが、『大学入試英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』です。

和文英訳の参考書ではありますが、日本語を英文に訳すためのテクニックや文法解説、150の例文が載っているなど、自由英作文にも使える力を養うことができます。

CDが付属されているので、CDを使ってシャドーイングなどにも取り組むことでリスニング力だけでなく、長文読解でも活用できる速読力を身に着けることも可能です。

『大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』

takedatext4_220125

次におすすめするのが、『大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』で、この参考書は2冊目として活用してほしい参考書です。

この参考書は、自由英作文の問題を具体的にどのように解いていくべきかというプロセスが具体例を用いて説明されているため、より実践的に問題に取り組むことができます。

テーマが非常に幅広いので、指定された単語数で出題の意図に沿った解答を作成する練習にぴったりな参考書です。

『大学入試 すぐ書ける自由英作文』

takedatext2_220125

次にご紹介するのは『大学入試 すぐ書ける自由英作文』です。
著者はスタディサプリの人気講師である肘井学先生で、超効率的に自由英作文を対策できます。

頻出テーマが重要度順に並べられていたり、複数のテーマに応用できる「横断表現」などが学べるため、忙しい受験生にも取り組んでほしい参考書です。

『大矢復 英作文 講義の実況中継』

次にご紹介するのが、『大矢復 英作文 講義の実況中継』

こちらの解説は授業を文字起こしした語り口調で書かれており、実際に授業を受けているように読むことができるので、詳しい解説で英作文を理解したいという方におすすめの参考書です。

『竹岡広信の英作文が面白いほどかける本』

takedatext3_220125

最後にご紹介するのが『竹岡広信の英作文が面白いほどかける本』です。
講義形式で書かれており、英語や英作文が苦手だという人にも読みやすい参考書です。

覚えるポイントが一目でわかるレイアウトや、それぞれの問題で何に気を付ければよいのかという点がまとめられているため、効率的に学習を進めることができます。

また、掲載されている英文はネイティブが見ても自然な内容になっており、大学入試だけでなく、それ以降のライティングやスピーキングにも活かすことができる良書です。

自由英作文の対策におすすめの勉強法・参考書|まとめ

今回は、自由英作文対策の勉強法やおすすめの参考書についてご紹介しました。

自由英作文は苦手意識を持つ人が多い分野ですが、しっかりと対策すれば高得点を狙いやすい分野なので、自分に合った参考書を見つけ、入試本番でスラスラと解けるように頑張りましょう。

武田塾では随時「無料受験相談」を実施しています。
入塾の有無に関わらず、知識・経験豊富な校舎長がお子さんに最適な学習方法を提案させていただきますので、ぜひお問い合わせください!

関連記事