予備校の映像授業は成績が本当に伸びるの?

予備校の映像授業は成績が本当に伸びるの?

もともと、予備校の授業というと大教室で講師一人が数十名の学生を前に授業を行うスタイルが主流でしたが、近年、都合の良い時に校舎に来て、個別で行う映像授業が、大手予備校を始め多くの学習塾、予備校で取り入れられています。その他にもスタディサプリや大手家庭教師塾では、通塾しなくてもスマホだけで勉強できる一種の映像授業を行っています。集団で行う普通の授業スタイルの良い点は、生徒さんと講師の距離が近く、いつでも質問することが出来ることです。一方、映像授業は、自分のペースで勉強が進められるところが最大の利点です。しかし、そのような映像授業では本当に成績が上がるのでしょうか。

 

映像授業?それとも生授業?

武田塾的には映像授業をおススメします

武田塾塾長の林先生と講師の山火先生いわく、先生方ご自身の経験上、映像授業を推奨しています。というのも、集団で行う生授業では、たとえば、教材の一章を週一回ごとに終わらせていくのが一般的な授業の進め方ですが、この方法では内容を進めるのが遅くなり、時間との戦いの受験生の皆さんにとってはあまり効率的ではありません。一方、映像授業は、周りを気にせずに自分のペースで進めることができ、授業の内容が理解できる生徒さんであれば、時間を短縮して学習することが出来ます。

しかし、気を付けなければならないことは、映像授業を取り入れている大手塾や予備校では、「一講座〇〇円」のような料金スタイルが多いことに加えて、授業のコマ数をたくさん取らされてしまいます。そのため、授業時間だけに多くの時間、そしてお金を費やしてしまい、復習するための自己学習をするための時間が限られてしまいます。

そのため、効率が良く、自分のペースで学習を進められるという点で映像授業は生授業よりも優れています。しかし、授業の取り過ぎには注意して、しっかりと復習の時間を確保しましょう

映像授業詳細動画①はこちら

スタディサプリは最強?

武田塾的にはスタディサプリはおススメ!だけど……

先程も紹介しましたが、大手予備校や塾でも映像授業を取り入れているところが年々増えてきています。しかし、そのような予備校では、講座のコマ数で料金が発生するのに加えて、たくさんの講座を取らされていしまうので費用がかさんでしまいます。

そこで最近、画期的な勉強システム、スタディサプリが受験生の皆さんに注目を集めてきています。スタディサプリでは月額980円で授業が取り放題です。映像授業だからどんどん自分のペースで学習に取り組むことができることに加え、月額定額制のため授業の取らせ過ぎがない、そんなスタディサプリは最強ではないでしょうか?

しかし、スタディサプリで扱われる授業内容は、厳選され過ぎていて、問題数が受験を控えている生徒さんには不十分なため、テキストの薄さ問題に関して、スタディサプリは他の予備校の授業とほとんど変わらないのではないか、と林先生は考えています。そもそも網羅性が高くて、解答解説が揃っている参考書を解く方が良いのではないのでしょうか。

そのような要素がすべて揃っているのが武田塾の学習スタイルです。武田塾では授業を行わず、参考書を完璧にすることが一番よい勉強方法である、と考えています。そのため、独学、復習するための時間を十分に確保することができ、武田塾はそれをバックアップすることができます。

「普通に利用できます!!」詳細動画④はこちら

まとめ

一概には言えませんが、武田塾は成績を伸ばすために映像授業を取り入れることは一つの手段としてアリだと考えています。しかし、授業を取ることだけにとらわれず、学習した内容を復習すること、また独学で勉強することが一番の成績を上げるためのカギです。

 

予備校をお探しの方は“日本初!授業をしない。”武田塾へ