武田塾に来る生徒さんの傾向は?どんな人が武田塾にくる?

「日本初!授業をしない。」武田塾は、もうご存知の方もいると思いますが、大手予備校や一般の個別指導塾の中には比類ない学習塾です。そんな武田塾にはどのような生徒さんが通うのでしょうか?またどのような生徒さんが入るべきなのでしょうか。そこでこのページでは、入塾を検討されている方、受験勉強に関して何か不安をお持ちの方を対象に、まず武田塾についてその特徴と入塾の意義、そして指導内容、指導方法について詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

武田塾に入る意義とは?

「武田塾は参考書を完璧にするために必要な環境を整えるための塾!!」詳細動画①はこちら

独学できるなら入塾する必要なし!だけど・・・・

武田塾チャンネルにある生徒さんからこのような質問が寄せられてきました。「独学できる人は武田塾に入る必要は本当にないですか?」。ずばり、独学ができるのであれば武田塾に入塾する必要は全くありません。

というのも、独学に何よりも重きを置いている武田塾では、入塾しなくても独学できるように参考書ルートやそのた勉強法を無料でネットや動画にて公開しています。それらを使って情報を得ながら独学ができる人には武田塾は必要ないのです。実際にこれまでその一般公開されている情報だけで難関大学に合格している生徒さんも実際にいらっしゃいます。つまり、武田塾は参考書を完璧にするために「必要な環境」を整えるための塾であるということをもう一度確認しておきましょう。武田塾の教育理念でもある「参考書一冊を完璧に。」という目標を達成するための「必要な環境」とは具体的に宿題、確認テスト、個別指導、もしくは勉強時間の指定を意味し、どこまで自分に必要なのかを見極めることが独学をするためにも重要です。

しかし、本当に一般公開されている情報だけで完璧に独学できている生徒さんはいるのでしょうか?おそらくそのような生徒さんは数少ないでしょう。もし受験勉強や入塾に関して何か悩みを抱えているのであれば、お気軽に武田塾の無料受験相談に起こし下さい。

独学ができない!いつ入ればいいの?

「英単語も数学の公式も高1で終えれば学校の授業が復習代わりになる!」詳細動画③はこちら

入塾するタイミングは人それぞれ

勉強に行き詰って焦っている生徒さんが入塾するのが適しているのでしょうか?また入塾するとそのタイミングも重要であると思われていますが、高校入ってすぐの一年時、勉強に追い込まれてくる高2、もしくは高3がベストなタイミングなのでしょうか?ここでもある生徒さんから寄せられた質問に答えていきます。

武田塾塾長の林先生曰く、入塾するタイミングは人それぞれで、「逆転合格!」の武田塾であるが時間に余裕がある生徒さんでもウェルカムです。実際に武田塾の生徒さんの中にも高2、高3で入ってくる人もいます。中には高1の終わりに入塾した生徒さんもいます。その生徒さんのは、高1から武田塾のルートをこなしていき、高2の終わりごろにはセンターで8割取れるレベル、また青学の過去問を簡単にこなせるレベルまで上がりました。そして高3に上がった時にやることが無くなり、当初早慶志望だったのですが国立に切り替えて最終的に東京外国語大学に合格できた、というケースも実際にありました。

このことから、早い段階で入塾するメリットとしては、英単語や数学の公式など基礎的なことを高1の段階で終わらせることができれば、学校の授業を復習代わりとして利用できることです・しかし、どのタイミングで入塾するかは自己学習の進度や偏差値次第ですので、生徒さんによって変わってくるのです。決して勉強に追い込まれていないと入ってはいけない!というわけではないのです。先ほども述べたように、自分一人では独学ができない、勉強の仕方を教えてほしい、自主学習を管理してほしい、そう思い立った時が入塾をするベストなタイミングだといえます。

武田塾の生徒でも成績が伸びない!?

「僕達と一緒に暮らそう!?」詳細動画②はこちら

勉強の仕方をもう一度見直そう

「逆転合格!!」「授業をしない」など、確実に成績を上げるための指導方針がある武田塾に通っている生徒さんの中にもずばり、成績が伸びない生徒さんはいます。一体なぜでしょう。武田塾の具体的な指導方法としては、教科別・個別で生徒さん一人一人に先生がつき宿題の指定から自主学習の時間までを学習ルートにそって徹底管理し、しっかり身についているか毎週確認テストを行います。この学習ルートをしっかりこなしていれば成績は上がることになっていますが、それでも伸びない生徒さんは宿題をサボっていることになります。

そのような宿題をサボってしまう生徒さんが成績を上げるためには、武田塾の先生方と一緒に暮らすしかありません。もしくは大手予備校に行けば授業をサボっていようが、宿題をやらずにいても何も言われないため、ずっと楽かもしれません。

武田塾の「授業をしない」という独自のやり方は、宿題や自主学習を徹底してやるための独自のカリキュラムです。大手予備校では授業を受けて復習しないケースが多く授業の受けっぱなしになってしまい成績は上がりません。武田塾独自の学習ルートをこなすのは決して楽ではありません。しかししっかりやれば必ず成績は上がるようになっています。

独学ができない人が、武田塾の学習ルートで参考書の内容がしっかり身につくまでやりこむか、それとも大手予備校に通い授業の理解だけで止まってしまうか、その選択は受験生の最終目標でもある志望校合格に大きく影響を与えます。

もし今現在、予備校に通いながら独学で勉強を進めているが、なかなか成績が伸びない、このような悩みをお持ちの方はもう一度自分の学習スタイルを見直す必要があります。武田塾に通っている生徒さんでもサボっていれば成績は上がりません。しかし、武田塾のやり方通りにやって成績が伸びなかった生徒さんは一人もいません。このことを肝に銘じておいてください。

武田塾にはどんな生徒さんが来てほしい?

武田塾では、成績を上げる唯一の方法は、授業を受けることではなく、参考書を完璧にすることと独学(自主学習)を徹底することです。一人でそれができる生徒さんは武田塾に通う必要はありません。しかし、一人では勉強できない、正しい勉強法がわからない、このような悩みのお持ちの生徒さんに勉強の仕方を教え志望校合格につなげるのが武田塾です。