武田塾に来る生徒さんの傾向は?どんな人が武田塾にくる?

一般的な個別指導塾や大手予備校とは違い、「日本初!授業をしない。」武田塾にはどのような生徒さんが通っているのでしょうか。また、どのような生徒さんに武田塾は向いているのでしょうか。武田塾チャンネルに寄せられたこれらの疑問・質問をもとに詳しく説明していきます!

入塾する必要なし!?武田塾の独学の哲学

「武田塾は参考書を完璧にするために必要な環境を整えるための塾!!」詳細動画①はこちら
武田塾は、独学ができない人を志望校合格までサポートするための個別指導塾です。なので、塾や予備校なんて必要ない!自分一人で受験勉強できる!
というような生徒さんは入塾する必要がないのです。しかし、学習管理を自分一人でしっかりこなし、正しい方法で独学ができる生徒さんはそう多くはないと思います。そこで武田塾では、生徒さん一人ひとりに合った幾つかのコースを設けています。

・独学支援特訓
武田塾で一番お手軽なコースで、先生方が生徒さんに全教科の宿題だけを出して独学をサポートする。その宿題が本当にできているのかの口頭確認が課されている。

・宿題確認特訓
課された宿題が本当にできているのか、口頭だけでなくテストで確認するコースである。

・個別管理特訓

宿題を進めていく際に疑問や質問がある場合、それらに答えたり、記述問題の添削を行ってくれるコース。

・徹底個別特訓

個別指導に加えて、自習室での授業時間まで管理してくれるコース。そのスケジュールが終わった後、先生に報告してから帰宅できる。

この他にも、自宅にいながらオンライン上で指導を受けられるコースなどもあります。独学をするためには、武田塾のサポートがどれだけ自分に必要なのかをまず判断しましょう。

また武田塾は、独学できるように参考書ルートなど全て公開しています。それでも入塾しなければ勉強できない!と考えている生徒さんはまず無料相談を受けてみましょう。

武田塾でも成績が伸びない生徒さんもいるの?

「僕達と一緒に暮らそう!?」詳細動画②はこちら
先ほども紹介しましたが、武田塾では、独学が苦手で学習管理のできない生徒さんに対して、徹底した学習サポートを提供します。しかし、武田塾に通っているのにもかかわらず、成績が伸びない生徒さんも実際にいます。

武田塾の学習ルートをしっかりこなせば、必ず成績に結びつくことになっているのに成績が伸びない生徒さんがいるのはなぜでしょう??

答えは一つしかありません。武田塾の先生方の目が行き届かない自宅学習でサボっているからです。

「どうしてもサボってしまい、武田塾に通ってるのにも関わらず独学ができない生徒さんは、武田塾の先生方と一緒に生活する他ない!」と塾長の林先生は考えています。

つまり、

・自分一人では勉強の管理ができない…
・宿題をどうしてもサボってしまう…
・独学ができない….

このような悩みを持っている生徒さんは武田塾に入ることをオススメします。その代わり、武田塾での学習指導は結構たいへんです!

いつでも入ってください!武田塾

「英単語も数学の公式も高1で終えれば学校の授業が復習代わりになる!」詳細動画③はこちら

◯入塾するならどのタイミング?

「逆転合格!!」のポリシーを持っている武田塾に入塾するならばどのタイミングが一番良いのでしょう。勉強に行き詰まり、追い込まれてくる高2、もしくは高3がベストのタイミングなのでしょうか?ここでもある生徒さんから寄せられた質問に答えていきます。

塾長の林先生いはく、高2、高3で武田塾に入ってくる生徒さんもいます。しかし、高1の終わりに入塾したある生徒さんの体験記をもとに説明しますと、高1から武田塾のルートをこなしていくと、高2の終わりごろにはセンターで8割取れるレベル、また青学の過去問を簡単にこなせるレベルまで上がります。

その生徒さんは高3に上がった時にやることが無くなり、当初早慶志望だったのですが国立に切り替えて最終的に東京外国語大学に合格しました。

このことから、早い段階で入塾するメリットとしては、英単語や数学の公式など基礎的なことを高1の段階で終わらることができれば、学校の授業を復習代わりとして利用できることです。

しかし、どのタイミングで入塾するかは自己学習の進度や偏差値次第ですので、生徒さんによって変わってくるのです。

なので、決して勉強に追い込まれていないと入ってはいけない!というわけではないのです。

結論!

武田塾には色々な事情や勉強に対する悩みを抱えている生徒さんが通っていますが、多くは自分の力だけでは独学ができない生徒さんです。武田塾はそのような生徒さんの為にあるのです!