横須賀周辺の高校情報!卒業生が語る横浜市立金沢高校の特徴!

横須賀中央校・

kanazawa

こんにちは!「日本初!授業をしない」大学受験予備校、武田塾横須賀中央校です!
このページでは横須賀周辺にある高校を紹介させていただきます。

今回ご紹介するのは、武田塾横須賀中央校/北久里浜校で文系講師として活躍しつつ、日夜web担当としてブログの更新に励むS講師の出身校でもある

横浜市立金沢高校です!

金沢高校は、創立から70年以上の歴史を誇り、横浜市立大学のキャンパスに隣接した自然豊かな環境にあります。

横浜の端っこ」とか「ギリギリ横須賀」とか言っちゃいけません。

最寄り駅は金沢八景駅で、このところ再開発で大きく様変わりしています。TOEIC受験のため、久しぶりに降りた時は懐かしい景色が一つ残らず無くなっていて少し悲しい気持ちになりました。

駅からの近さは県下の高校でも5本の指に入るので、遅刻ギリギリでも走れば間に合います。

単位制を採用した普通科高校のため、普通の高校とは異なったタイムテーブルになります(空きコマが発生することもあります)

敷地は案外広いです、また、隣に鉄道の整備工場があるため、所謂「鉄ちゃん」にはたまりません。

実際私の友人でも「整備工場があるから市金にした」と言っているやつがいました。

隣にある横浜市立大学との関係はかなり深いです。進路のセミナーで隣にあるこの大学の講堂を利用する、なんて施設利用もそうですが、指定校推薦の枠がこの大学だけ異常に多い(10名前後)なんてこともあります。

高大連携の一環として大学の授業を半年間週1回受けると高校の単位として認定される制度があるなど、関係が深いどころではありません。

地元では金沢周辺の中学校から市立金沢高校に進学し、市立大学に通うルートが「親孝行街道」なんて呼ばれてたりするほどです。

金沢高校の偏差値、学習面について

金沢高校は「進学指導重点校」に指定されており、進学指導方法の開発や、外部機関との連携により、教員の授業力や進学指導力等の向上に積極的に取り組んでいる学校です。

実際に私も先生方には本当にお世話になりました。志望校の設定もそうですが、参考書や問題の選定、模試の結果の分析やアドバイス、小論文や英作文の添削……感謝してもしきれません。

「進学指導重点校」の名に偽りなし、なのは私が証明します。

それから、3学期制を採用しており、定期試験の数がやたらと多いです。そのほかにも大小さまざまなテストが目白押しで現役の間は面倒なことこの上ないです。しかし、コレが受験生になると活きてきます。後で分かるありがたみがあります。

偏差値は63~65くらいで、横須賀の高校で言うと県横と追浜の間くらいの感じです。学生たちは自分たちのことを「自称進学校」と言ってはばかりませんが(笑)進学実績は上々です。

毎年20名前後は国公立大学に進学しますし、35名前後が早慶上智、60名以上がMARCHに合格します。

指定校推薦枠も充実しており、実際に制度を利用する人もかなり多いです(先生方は実力での勝負を望むらしく、一般受験を推していますが)

一般・特進クラスともに2年次から文系/理系に分かれる

一般・特進クラスとも文系/理系に分かれ、3年次では科目選択制が設けられます、単位制なので所定単位が取れればあとは自由なので3年生は結構空きコマを作って勉強していることが多いです。

一般/特進とクラスが分かれていますが、特進と言っても上から取っていくわけではなく、合格時に「特進クラスを希望するか否か」が聞かれる自薦特進のため、レベルが高いかと聞かれると微妙なところではあります(笑)

特進クラスの場合は週に一時間だけ7時間目が存在し、より実践的な英語を学ぶ「プラクティカル・イングリッシュ」の時間が設けられています。

校風、生徒の傾向など

よく中学校に貼られているポスターにある「そう、金高はぜんぶやる!」のキャッチコピーの通り、勉学だけでなく、部活、行事と多種多様な活動に熱心に取り組む環境が出来ています。「文武両道」「自主自立」の精神を重んじる金高らしさはこの辺にあります。

特に行事は数が多いです。

5月の体育祭に始まり、6月の音楽祭(合唱コンクール兼ダンス大会)を経て、9月に文化祭、3月に球技大会と年中なにかしらの行事をやっています。2年生では修学旅行(沖縄行き)が間に割って入ります。

そのほかにももっと小規模の講演会やら海岸清掃やらなんやらがあり、退屈はしません。

行事の中で特に盛り上がるのは音楽祭と文化祭(金高祭)で、その他の運動系の行事は添え物感が強いです。

校風はとにかく自由で、特に服装や髪形はかなりの自由度でした。最近少し厳しくなったそうですが、公立の学校の中でも指折りの自由度でした。かくいう私も冬は学ランの下にパーカーを着て襟からフードを出すスタイルがお気に入りでした。

こういった校風に惹かれて「あえて」県立横須賀ではなく学区外規制のある金高を受ける、という横須賀在住の生徒は一定数存在します(私もその一人でした)

生徒の傾向としては真面目な生徒が多く、礼儀正しい印象を受けます。多少突飛な感じのするヤツがいても、「根は真面目」みんないいやつです。

ただ、少しコメントを挟むとすれば特進クラスの方がやや「変わった」ヤツが多いです。それから特進と一般の間には毎年なんとなく溝があるような無いような感じではあります。

まとめ:レベルも丁度いいし、自由な校風でおススメ

本当に「ちょうどいい」高校だと思います。進学実績もなかなかいいですが、特色検査が課されるわけでもなく、普通の試験対策で行けますし、自由闊達とした校風は高校生という多感な時期を過ごすのにピッタリです。生徒もみんな素直でいいやつばかり、先生方も熱心で面白い方が多いです。

駅からも近く、遅刻の心配もそれほど必要ありません、横須賀から通っても、三浦から通っても、電車に乗る時間は30分程度で負担なく通えます。

金高生も武田塾で勉強だ!

「文武両道」「自主自立」を叶えるために重要なのは、何と言っても「マネジメント力」

部活に、行事に、勉強に、と忙しい中でも、着実に学力をつけるなら「武田塾」がおススメです。

生徒一人一人の傾向や性格、スケジュールに合わせた「完全個別カリキュラム」で学習効率を最大化し、合格へと導きます。

受験のこと、参考書のこと、生活のこと、何でも相談しに来てください(できれば勉強のことでお願いします……)

まずは無料受験相談から!毎日無料で行っております。

 

コチラ↓からご予約できます!

無料受験相談

 

関連記事

半年で早稲田に受かる

受験生の皆さんこんにちは! 武田塾横須賀中央校です! 突然ですが、今日は質問箱でご質問を受けたので、それに答えます!   いただいた質問は 今からでも早慶受かりますか? というもの、結論から…

半年で早稲田に受かる

こんにちは! 武田塾横須賀中央校です! 今回は 前回ご好評を頂いた実録半年で早稲田に受かる勉強法、後編です どうも、前回ご好評いただいたということで、しっかり後編まで執筆が決定しました。 前編を読んで…

大隈銅像

    早稲田に受かる勉強法! こんにちは! 武田塾横須賀中央校です。 今回、横須賀中央校S講師から合格の秘訣を聞き出します。 S講師は公立高校から早稲田文学部に独学で合格した人で…

thumbnail

こんにちは!武田塾横須賀中央校です! 梅雨に入り、日々ジメジメとした嫌な時期が続いていますが、これもあと数日の辛抱です。気分は明るく、今日も勉強頑張りましょう。 そして、梅雨が明けるということは、、、…

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 横須賀中央校へ