【大学選び】埼玉大学 教養学部 教養学科の紹介 part 2

蒲田校・

こんにちは、武田塾蒲田校です!

この記事では、埼玉大学 教養学部 について紹介します!

大学生環

無料受験相談

 

埼玉大学教養学部とは…

概要

埼玉大学 教養学部では、おもにグローバル・ガバナンス、現代社会、哲学歴史、ヨーロッパ・アメリカ文化、日本・アジア文化を学ぶことができます。

何を中心に学ぶかによって、2年次から、5つの専修に分かれます。

学生数・男女比

学生数:700名(うち男子312名、女子388名)

男女比:男子44.6%、女子55.4%

※参考:全国の教養学を学んでいる大学生の男女比:男子46.1%、女子53.9%

埼玉大学 教養学部は、男女の比率が全国平均とあまり変わりないことがわかります。男女の人数に大きな差がないので、どちらからも人気のある学部ということですね!

4年間の流れ

1年次:アカデミック・スキルズや外国語などで、基礎力を身につけます。また、所属専修を選ぶ準備をします。

2年次:各専修でのを学びが始まります。専門分野の基礎を学ぶ講義から、実習、研究法、演習まで、幅広く学びます。

3年次:専修、専攻での学びを深めます。他専修の授業も積極的に取ることが出来ます。

4年次:卒業研究に取り組みます。意欲次第では、大学院の授業を履修することも可能です。

主な就職・進学先

※2018年度卒業者のデータです

就職・進学率

就職:79%
進学:2%
その他:19%

主な就職先(職業別割合)

▶建設 3%

▶製造 12%

▶電気・ガス・エネルギー・水道 1%

▶運輸・通信 24%

▶飲食・卸売・小売 12%

▶金融・保険 6%

▶不動産 3%

▶サービス 15%

▶教育 4%

▶公務 12%

▶その他 8%

主な就職先

埼玉大学 教養学部 就職先

主な進学先

・埼玉大学大学院人文社会科学研究科

・東京大学大学院人文社会系研究科

・早稲田大学大学院政治学研究科

埼玉大学 教養学部の魅力

埼玉大学教養学部では、2年生で専修・専攻に別れた後も、自分の興味のある授業を自由にとれます。1つの分野だけでなく他の分野からも学びを得られるのはとても魅力的ですね!

また、いろいろな学生や先生方と情報交換する機会も多くあります。海外へ行ったことがある人も多く、留学や旅行の話など、いろいろな国での経験を共有しあうことができます。留学生もいるので、彼らの出身国や彼らから見た日本の文化の話をしたり、時には一緒に出かけたりと、身近なところで国際交流をする機会もあります!

先生方は、学生ととても距離が近く、授業のこと以外でも気軽に話せる環境のようです。学生は海外に旅行に行く前に、先生に交通機関の利用の仕方、さらにはおすすめの観光スポットや食べ物のことまで教えてもらえます。初めての海外や初めての長期留学の際には、こういったサポートがとてもありがたいですね!

埼玉大学 教養学部の取得可能免許

ここでは、埼玉大学教養学部で取得することのできる免許について紹介します。

教養学部は教員養成を専門とする学部ではありませんが、国語、英語、社会、地理歴史、公民の教員免許状を取得することができます。実際に教員の道を歩む卒業生もいます。

ですので、広い視野を持って様々なことを学びながら教員を目指したい!という人にもおすすめな学部です!

また学芸員や社会調査士の資格を取ることも可能です。

埼玉大学 教養学部に設置されている専修

埼玉大学 教養学部では、2年次から、5つの専修に分かれます。

・グローバル・ガバナンス専修課程

・現代社会専修課程

・哲学歴史専修課程

・ヨーロッパ・アメリカ文化専修課程

・日本・アジア文化専修課程

今回は、ヨーロッパ・アメリカ文化専修課程、日本・アジア文化専修課程ついて紹介します!

 

ヨーロッパ・アメリカ文化専修課程とは…

概要

キリスト教や啓蒙思想などの「地域を越えた欧米文化の基盤」、「それぞれの国や地域の独自性・多様性」そして「国や地域同士の交流のありよう」を、文学や芸術などの潮流や作品、特定の社会現象やそこから読み取れる価値観や感性などを例に、具体的に学んでいきます。

そして、欧米の文化や社会についての知識を今の私たちが直面する問題とつなげていくことを目指します。

この専修は、学ぶ内容によって、2つの専攻に分かれます。

・ヨーロッパ文化専攻:イギリス、ドイツ、ロシアを専門とする専任教員を中心に、フランス、イタリア、東欧なども視野に入れて、ヨーロッパ文化の光と影にさまざまな角度からアプローチしていきます。

・アメリカ文化専攻:日米関係史、アメリカ現代史、マテリアル・カルチャー研究を主要なフィールドとしつつ、アメリカの歴史・社会・文化を幅広く学ぶことによって、「自由」と「民主主義」の意味を問い直し、グローバル化する社会のなかでどのように生きていくかを、考えていきます。

魅力

ネイティヴ・スピーカーによる各国語の会話や作文の授業や、欧米の文化や社会についての講義や演習を用意して、外国語によるコミュニケーション能力の向上を図ることができます!

その際、言葉の中に刻みこまれている文化や価値観も大切にしながら教育に取り組むため、他者の考えを聞き、自分の考えを発信する力を養うことができます!

日本・アジア文化専修課程とは…

概要

日本と中国・韓国は、それぞれの文化の独自性を尊重しながら相互理解を深め、アジアの一員として国際社会に貢献していかなければなりません。そのために必要な日本と東アジアの文化をトータルにとらえる広い視野を身につけます。

日本を含む東アジア諸国の相互理解の未来を見すえながら、それぞれの国の言語・思想・文学・芸術などの文化のあり方や、各国間の文化交流の歴史について学びます。

この専修は、学ぶ内容によって、2つの専攻に分かれます。

・日本文化専攻:多様な「日本文化」を探求するために、「言語」「文学」「芸術」という三つの分野のそれぞれを学び、さらにこれらを一体的にとらえるための教育を行います。

・東アジア文化専攻:隣人たちの言語、文化、歴史、思想を知るところから始めます。両国との関係についての不幸なニュースから目を背けることなく、草の根からの相互理解を深めてゆくために、両国の言語、文化、歴史、思想をしっかりと学んでいきます。

魅力

概説、基礎演習、研究法といった授業科目で研究の基礎を学び、特殊講義、演習などで確かな専門性を身につけ、各自のテーマに基づいて、研究の成果を卒業論文に結実させることが可能です!

また、教室での授業以外にも、学外の研究施設や劇場やミュージアムを訪れて、実際の資料や上演に触れたり、研究指導・ディスカッションの機会を設けたりと、さまざまな試みを行われています!

 

埼玉大学 教養学部 の受験情報

以下では、入試に関する情報を紹介します!

入試科目・配点

共通テスト

5~6教科8科目の合計900点満点で判定します。

※理科で基礎を付していない科目から2科目選択した場合は得点を100点満点に換算

教科 配点 備考・指定科目
国語 200点  
外国語 200点 リーディングを1.6倍(160点満点)、リスニングを0.4倍(40点満点)に換算
数学① 100点 数学Ⅰ・A
数学② 100点 数学Ⅱ・B
理科 100点 基礎を付している科目から2科目、または基礎を付してい
ない科目から2科目選択
社会 200点 世界史B、日本史B、地理B、現代社会、倫理、政治経済、「倫理・政治経済」から2科目選択(地理歴史から1科目選択必須)

二次試験

300点満点で判定します。

教科 配点 備考
外国語 300点

コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ

 

偏差値・センター得点率

偏差値:57.5  センター得点率:68%

合格最低点

837.20点(1200点満点)

※2019年度のデータです

まとめ

埼玉大学 教養学部では、文化と社会という二つの基本的な視点から、人間の過去と現在について深く、幅広く学ぶことができます!

さいごに

武田塾では,「ムダな授業」を行いません!
従来,塾では学校の授業に加えて,さらに塾での授業を受ける方法が一般的でした。
しかし,武田塾では徹底した個別管理で生徒一人ひとりに合わせた学習管理を行っています。

勉強をする上で本当に必要なのは「わかる」ではなく「やってみる」→「できる」というプロセスです。
つまり自ら行う「復習」が大事なのです。
武田塾で教えているのは単に勉強だけでなく,生徒の一人ひとりにあった勉強方法です!

 

完全無料の進路相談!

大学に合格するためには、成績を上げるための勉強のコツが必要となってきます。

偏差値が全然足りなくて、そもそも厳しいから・・・
と諦めていませんか?

武田塾では逆転合格を可能にする勉強法を独自の参考書ルートとあわせて紹介しています!
武田塾では、大学別・科目毎に使う参考書やその順番、使い方など志望校に合わせた志望校合格へのルートを用意しています。
志望校に合格するためには、基礎をしっかりと固めて、一つ一つの参考書を完璧にしていきましょう!

授業を行わずに毎年逆転合格者を輩出する勉強法があります!
逆転合格は,夢や奇跡などではなく実現可能です。実際に毎年逆転合格者が出ています。
ぜひお気軽に無料の受験相談にお越しください!
お待ちしております!

無料受験相談

お問い合わせはこちらから!

武田塾蒲田校では無料受験相談を行っています。

119462

「勉強のやり方がわからない……」
「どの参考書を使えばいいのかわからない……」
「授業を受けても意味ない気がする……」


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます!

武田塾 蒲田校

武田塾蒲田校 教室内の様子

〒144-0052
東京都大田区蒲田5-40-10
初穂マンション蒲田 203号

【TEL】 03-6428-7851

【メール】kamata@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾蒲田校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 西日暮里校

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里4丁目1-20
西日暮里エーシービル 303号室

【TEL】 03-5834-7137

【メール】nishinippori@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾西日暮里校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 田町校

武田塾田町校 教室内の様子

〒108-0073
東京都港区三田3-2-8
箕浦ビル 4階

【TEL】 03-6453-8351

【メール】tamachi@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾田町校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 大井町校

武田塾大井町校 教室内の様子

〒140-0011
東京都品川区東大井5丁目23-32
関ビル 3階

【TEL】 03-6433-9388

【メール】oimachi@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾大井町校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 大森校

武田塾大森校 教室内の様子

〒143-0023
東京都大田区山王2-7-2
パルサー山王103

【TEL】 03-6451-8211

【メール】omori@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾大森校のHPはこちら

無料受験相談

 

タグ: