倫理・政治経済も武田塾のやり方で得点力UPだ!

泉中央校・

皆さんこんにちは!武田塾泉中央校です!

今日は、政治経済・倫理の勉強法を紹介します。

 

倫理・政治経済も武田塾のやり方で得点力UP

得点力UPにおすすめ教科書!

受験勉強に教科書を使いたい!おすすめの教科書は? よく聞く話ですね。

最初は教科書の話から・・ 倫理政経の教科書シェア率を調べると、政経は清水書院「現代政治・経済」、倫理は実教出版「高校倫理」がダントツのシェア。清水書院は社会科系の資料集いっぱい出している 会社だから、名前だけは聞いたことある人多いかもしれません。

あくまでわからないとこが出てきたら調べるのに使うという感じで 大丈夫。

日本史みたいに「山川出版の詳説日本史B」でないと!とは言いませんので、 自分が高校で使ったお古で大丈夫でしょうね。先生的には清水書院 の教科書はなかなかまとまってて好きですが。

史料集は使うの?・・・ はい。政経だけでも傍らにおいて絶えず参照しながら学習するべきでしょう。

政経資料集でおすすめは?・・学校指定のものは入手不可能(業者が直接学校に卸すから)なので、本屋で手に入りやすいものとなると・・とうほう(東京法令)と浜島書店のものがAmazon等で手に入りますよ。

 

倫理は何やればいいの?

もう宗教?(笑)・・でも人間イラついている時に、先人の思想に想いを寄せることで心の平穏を得ようする、なんて高尚な教科なんだ。と、先生は思いますよ。

武田塾ルートではセンター対策しかでておりません。と、いうかセンター試験でも取る人は少ない教科ですよね。

ルートの最初に出てくる問題集は、「倫理基本問題集」(山川出版)です。 全編にわたって各セクションが2段構成になっていて、「基本問題」と 「センター倫理にTRY」というセンター過去問で構成されている。

問題ばっかりに目をうばわれがちだが、実は巻頭に「センター倫理の攻略 ポイント」なる解説が書いてあって、初学者でも十分にわかりやすく出来ています。

解答も「ワンポイントアドバイス」欄をみると、図をふんだんに使い まるでこの編者の先生が板書しているかのようなまとめ方をしている。

この編者の稲田義行先生は水海道第一高校の先生。 日本のハイデガー研究の第一人者で陰陽道にも造詣が深い。うーん、すごい人だ・・・。

これのやり方はまず基本問題を解く→解説見て答え合わせの時に、同時にワンポイントアドバイスをよく読んで内容理解に努めよう。それだけ解答解説が素晴らしい。

さて、講義系の参考書ですが、これまた参考書が少ない。

「蔭山のセンター倫理 パワーアップ版」(学研)がルートにある。 代々木ゼミのカリスマ講師、蔭山克秀先生が書かれている。 よくまとまっていい本。章末に問題がついているが、わからない時の 調べもの用でいいだろう。

ややこしいのは、同じ表紙で小ぶりな、 ポイント&キーワード版もあるが、本文部分の記述が少なく、 ちょっと物足りない内容。本屋さんで買う時は注意してくださいね。

さて、この倫理基本問題集の次は、「マーク式基本問題集 倫理」(河合出版) である。ここまでくると、もうセンター準備。そつなくまとめられた本。

ここまで問題集2冊、講義本1冊。2か月程度で終わらせられるといいペースです。

倫理基本問題

 

政治・経済の勉強法!!

さて次は政治経済。動画の中でも本校の中森先生がおっしゃっているが、政経に関しては世の中の動きについていくために参考書や問題集は毎年改訂されているので、常に最新版を使うように心がけておきたいものだ。

また、政経、経済学部目指す人であればなおさら・・

「新聞、毎日読んでますか?」

以前に医学部から経済学部へ文理逆転した塾生の母親が教室に電話してきて、塾にも新聞おいてくださいよ!と懇願されたこともありました(笑)

が、その塾生も最後の最後まで新聞を読む習慣がなかった。 それではいけないですね。

その塾生も行った先の大学で多いに苦労するでしょうね。政経を学ぶ者、新聞で世の中の動きを知るのは半ば「義務」と言ってよい。毎日読んで、世の中の動きを知ろう。

 

武田塾のルート!

武田塾ルートに最初に出て来る問題集&講義本は、

「清水の新経済攻略 経済理論と時事」「清水の新政治攻略 政治のしくみと時事」(東進ブックス)

東進の名講師、清水雅博先生の力作です。

でも、解説部分が多く、問題がやや少ない感があります。章末問題もわずか。

しかし政経初学者がじっくり読むのに適しています。学校で政経やった人なら、この本はとばしてもいいでしょう。逆に高校でまったく政経やっていない人は、ここから始めるべき。

さて、政経のルートをやろうとするなら、「センター試験政治・経済集中講義」(旺文社)はすごくいい本。 ぜひ何回も何回もやるべきだ。

東北学院大の入試ならば、これ1冊で勝負できる。

この本は、

(1)章頭に要点整理のページがあって読みやすい。

(2)次のセンター試験の「ツボ」のページがあって、これまた 受験生が苦手にしやすい事項が良くまとまっている。

(3)最後に実力テストがあって、センターの過去問演習ができる。

というように、1冊で3度おいしい内容なんですよ。

センター政経集中講義

 

さて、政治経済の講義本についてですが、前述した清水先生の本も良いんだが、 「蔭山のセンター政治・経済 パワーアップ版」(学研)がよくまとまってて 読みやすい。

この集中講義の次はもう「マーク式基本問題集 政治経済」(河合出版)。

センター対策の定番なので詳しく論じるのは割愛するが、ここまでくればセンターは大丈夫であろう。

蔭山センター政経PU

 

そして、早稲田大などの難関私大向けの対策は、「政治経済 標準問題精講」(旺文社)1冊で十分。

この標準問題精講、「標準」を名乗るだけあってさすがに全編 ムズイ問題が並ぶ。だが、ここまでくると各大学の赤本の やりやすくなるレベルです。

倫理・政治経済だって武田塾のやり方で進めれば必ず成績があがります!

まずは基本的な部分からきっちり仕上げていきましょう!!

 

------------------------------------------

もっと武田塾泉中央校について知りたい方はこちらをどうぞ

 

詳しい勉強法を知りたい方はこちらを参考にしてみてください

武田式 暗記法!

倫理・政経 勉強法!

日本史 勉強法!

リスニング対策!

 

 

武田塾泉中央校では受験相談をいつでも無料で実施しています!!

「数学がどうしても好きになれない!」

「受験に向けて何からすればいいんだろう?」

そんな疑問や悩みがあればいつでもご相談ください!

ちょっとしたご相談も大歓迎です!!

 

無料の受験相談お申し込みはこちらから

電話受付:☎022-779-6331(受付時間:13時~21時※日曜を除く)

問い合わせはこちらから↓

無料受験相談