入試の英語対策!やってはいけない英語の勉強法!!

静岡校・

多くの人が陥っている?やってはいけない英語の勉強法

 

みなさんこんにちは☻

 

 

受験で非常に重要な科目、英語

 

みなさんはどのように勉強していますか?

 

 

今回は

 

やってはいけない英語の勉強法

 

について紹介していきます!

 

 

私も現役時代やっていたかも…と心当たりのある勉強法がいくつか…😅

 

みなさんは失敗しないように、今回の記事を参考に見直してみてください🔥🔥🔥

 

 

①まっさらな単語帳を使っている

 

1つ目は

まっさらな単語帳を使うこと!

 

 

印(覚えた覚えていないなど)のついていない単語帳をただ眺めているだけ…

 

なんて人はいませんか?

 

印がついていなければ、どこを重点的に覚えればよいのかわからないままでとても効率が悪いです😓

 

 

あるいは

 

・学校の単語テスト直前だけ単語をノートに書き写している人

・意味を答えればいいのにスペルを書いている人

・単語の意味(日本語)を書いている人

 

時間を無駄にしています!!!!!

今すぐ見直してください!

 

単語カードのイラスト

 

②(文法・解釈)問題を理解せずに暗記しようとする

 

2つ目は

問題を理解せずに暗記しようとすること!

 

 

「答えを覚えてしまった人」

という人の多くは解答の説明ができません。

 

なぜその正解になるのか説明できるようにしておくことが大切です!

 

解答のプロセスを覚えずにただ答えだけを覚えていても、

全く同じ形で出題されないと正解することはできません。

 

 

解釈の場合であれば、訳を暗記してしまうこと

 

日本語訳を覚えて覚えた気になるのは学校のテスト方式。受験は違います。

 

本番の試験では当然同じ文章は出ません。

 

今まで教科書の暗記で取れていたけど、初見の文章では何もできなかった!!

…なんてことになりかねません😓

 

勉強が不調な人のイラスト(男性)

 

③(ライティング)順を追って学ばずにとりあえず日本語を英語に置き換える

 

3つ目は

順を追って学ばずにとりあえず日本語を英語に置き換えること!

 

 

(ライティング)ハイレベルな授業を受けている人も、

冠詞や時制、三単現など基礎を理解していないことが多いようです😅

 

順を追って基礎から少しずつでもレベルアップした人は最終的に力がついていきます…。

 

英語のライティングのイラスト

 

やり方を間違えている人は自覚なく間違えている傾向があります。

 

やり方を変えられないという人も多く、その場合結果ではなくやり方にこだわっている人が大多数。

 

 

共通テストになってから傾向は暗記からプロセス重視になっているため

初見対応力が必要なので暗記では対応できなくなります。

 

失敗しないためにも何のためにそれをやっているのか常に考えることが重要です🔥

 

今回のまとめ

 

今回のまとめは

 

・解答のプロセスを大事にする!丸暗記で戦おうとしない!!

・何のためにそれをやっているのか常に考えよう!!

 

です!

 

みなさんの英語の勉強方法、大丈夫でしたか?

心当たりのある人は、ぜひ記事を参考に見直してみてください🔥

 

 

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 静岡校へ