ブログ

当てはまっていたら危険!勉強をしている"風"受験生あるある7選!

2023年10月19日(木)

目次

 

無料受験相談

 

はじめに

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

JR大森駅から徒歩3分、東京都大田区の予備校武田塾大森校です!

今回のテーマは「当てはまっていたら危険!勉強をしている"風"受験生あるある7選!」です!

頑張っているつもりでも、実際には「頑張っている風」になっている危険性が受験生にはあります!

みかん風味のミネラルウォーターはあくまで「風味」であってみかんは一つも入っていません。ミラノ風ドリア、これも「ミラノ風」であって本場ミラノで実際にそれが食べられている訳ではないですね。受験勉強においても同じことが言えます。

勉強をしているつもりでも、実際には自己満足に浸ってしまっている場合がよくあります。

自分自身でそれに気づき、受験において本当に必要な知識やスキルを身につけていくために、しっかりと自己評価と修正を行っていくことが大切です!

また、今回紹介する内容は武田塾の公式YouTubeチャンネルでもお話しているので、ぜひそちらも併せてご覧ください!

あるあるその1

「受験知識はやたらとあるが実力が追いついていない」

大学ごとの対策方法や、レベルに合わせた参考書選びなどの受験に役立つ色々な知識だけは豊富に持っている人が時々います。

しかし、これらの情報を詳しく知っているだけでは志望校に合格することはできません。

大学のレベルや参考書の情報は大切ですが、それらを知っているだけでは不十分です。

実力をつけるためには、知識を実行に移すことが必要です。

実践をして初めて実力をつけることができるのです。

そのような間違った方向に向かっていかないように注意が必要です。

知識を得た上で、それを実際に実行して実力をつけていくことが大切です。差をつけるのは実行力です。

あるあるその2

「参考書を多く持っているだけで満足している」

先ほども述べましたが、やはり実際に取り組むことが大切なのです!

良質な参考書を知っていることは良いことです。

しかし、それだけになってしまうことに注意が必要なのです。お勧めの参考書をAmazonで次々に購入したり、本屋さんで新しい参考書を見つけては買い込んでしまうことはよくあることです。

しかし、当たり前ですが、ただ参考書を買って満足しているだけでは実力が一切つきません。

実際にその参考書を活用し、計画的に進めていくことが必要です。何冊もの参考書を一気に仕上げるのは大変です。特に英語のように増えることが多い科目は、普通に行かない範囲です。歴史の参考書を何十冊も持っていても、それらを全てやりきるのはほぼ不可能でしょう。

ですから、参考書を購入する際には、自分が今何を本当にやるべきかを明確にし、必要なものを選んでください!

ただ買い集めるのではなく、必要なものを必要なだけ使いこなすことが大事です!

私たちの仕事は、あなたに合った参考書を選び、違いを分析することです。

そして、あなたの仕事は選んだ一冊をしっかりと仕上げることです。それが成功への第一歩です。

D2ECFA4E-A71F-4E51-85E4-48D429C0DB6D

あるあるその3

「予備校に通って授業を受けているだけで満足してしまう」

私の友人にも、「大手の予備校に通っているから受かるだろう」という風に自己満足している人がいました。

しかし、予備校に通うこと自体は手段であり、志望校合格が最終目標です。

予備校や塾の授業だけに満足していても、受験にはつながりません。

大事なのは、自分の学力がどれだけ上がっているか、志望校への合格に向けてどれだけ進んでいるかです。

また、学校の授業と自主学習を中心に受験勉強を行っている人が成功している例も多く見受けられます。予備校に通っている受験生の中でも、自習室を頻繁に利用しに行っている生徒はやはり合格率が高いです。

自己管理能力が高く、自主学習に真剣に取り組む行動が合格につながっていることは間違いありません!

最後に、4つ目のポイントは「自習」です。

あるあるその4

「自習室にはいるけど内容がスカスカ」

つまり、自習室にいるだけ、勉強をしている気分になっているだけで勉強に取り組んでいないというパターンです。

高校には自習室が設置されている場合もあるかと思います。単に塾や自習室に通うだけでは受験にはつながりません。

自習室に長時間滞在しているものの、その日の勉強の成果が見られないというのはよくあるパターンです。

勉強している雰囲気は味わえるので、この状況に満足してしまうことが大きな問題ですね。

一番よくあるのは、自習室にいる時間が長いものの、睡眠と戦っている時間が大半で、勉強に取り組んでいる時間が少ないパターン。

自習室にはいるものの、外出や友人との談笑が多く、勉強とは関係のない時間で占められていて、勉強にはならない時間が増えてしまうことがあります。このような状況では、志望校合格にはつながりません。

自習室にいること自体は、家でグダグダしているよりも一歩前進していると言えるかもしれませんが、それだけでは不十分です。

自習室にいる時間を有効活用し、勉強に集中することが大切です。

実際に成績を上げるためには、その中身を充実させることが必要です。勉強している雰囲気だけでは、成績向上には繋がりません。

自習室での時間を有効に活用し、成果を上げることが大切です。

机で勉強をする生徒のイラスト(制服男子)

あるあるその5

「課題を出して満足している」

学校課題を受験勉強に含めてはいけません!

身にならない勉強で受験勉強を進めた気になってしまうのは非常に危険です。

学校の課題は自分に適切な問題が出ないことが多いです。難易度も分野も自分に必要なものとは大きく離れた課題が出ることもあるでしょう。

そうなってしまうと、受験のための勉強時間ではなく、提出するための課題を作成する時間になってしまうことが多いです。

このパターンでは、受験勉強のための時間を大きくロスしてしまうので、学校の課題を進める時間と受験勉強とをそれぞれ切り離し、区別して考えるようにしましょう!

あるあるその6

「従来比で頑張って満足している」

従来比とは、過去の自分と今の自分を比較することです。

そして、過去の自分よりも頑張っている自分に満足してしまうことが非常に危険なんです。

たとえば、これまでほとんど勉強をしてこなかったけれど、最近は1日3時間も勉強しているという状況になると、自分なりには頑張っているという気持ちになるかもしれません。

しかし、この「従来比」では自己満足に陥りやすく、実際に志望校合格に必要な努力を十分に行っていない可能性があります。

実際、難関大学に合格したい人の勉強時間が3時間では全く足りないですよね。

大切なのは、過去の自分とではなく他の受験生と自分を比較し、そこから競争心・自己向上心を持つことです!

たとえば、他の受験生が10時間勉強している状況で、自分は3時間勉強しているという状況では、最終的な合格への道のりは険しいものとなるでしょう。

受験勉強は他人との競争でもあり、自分自身との戦いでもあるということを忘れずに、日々の学習に向き合っていただきたいと思います。

今の自分の実力に満足せず、常に自分に足りないものを探し続け、自己成長を続けることが、志望校合格への近道です!

あるあるその7

「難関大学志望であることを宣言して満足している」

宣言することは非常に重要ですが、そこで満足してしまっては本末転倒!

宣言した瞬間に達成感を味わうことができる一方で、その後の実行が伴わなければ、宣言はただの口先だけのものとなってしまいます。

目標を宣言することは、自己啓発や目標設定において有効な手段ですが、それを実現するためには計画と実行が不可欠です。

例えば、志望校合格を目指す場合、必要な参考書の数や勉強時間、質などを計画し、それを実行していくことが重要です。

また、人間の脳には、ある宣言をしたことによってその目標を達成したと誤認識してしまう危険性があります。しかし、当たり前ですが行っただけでは目標はまだ達成していないのです。

ですので、このような状況では自己満足してしまうことを意識的に避け、宣言した目標を実際に達成するための努力を怠らないよう心がけることが非常に重要です!

6C878B07-8C1C-4A3B-8325-A0F41914D1DC

まとめ

勉強を頑張っている風の人は実行に移すことが重要!

自分では頑張っているつもりでも、第三者からどう見えているのかを考えてみよう!

成果につながる中身のある濃い受験勉強をして志望校合格を目指しましょう!

今回は「当てはまっていたら危険!勉強をしている"風"受験生あるある7選!」をテーマに紹介をしてきました。

努力をしている受験生の姿勢は例外なく素晴らしいと思います!ただし、大切なのはその努力が実質的な成果につながることです!

言葉だけで「頑張っている」と言っても、それが実際の学力向上や志望校合格につながらなければ意味がありません。

頑張っている風ではなく、実際に優秀な受験生としての成長を達成できるよう、日々の受験勉強に取り組んでいきましょう!

また武田塾では無料受験相談も実施しています!

・人よりも勉強の成果が出ない
・どれだけやっても成績が上がらない
・今やっている勉強方法が本当に正しいのかわからない

このような悩みを抱えている方はぜひ一度、武田塾の無料受験相談にお越しください!

数々の受験生を志望校に送り出した受験のプロが、あなたの受験をサポートいたします!

当ブログを最後までご覧いただきありがとうございました!

無料受験相談

お問い合わせはこちらから!

武田塾大森校では無料受験相談を行っています。

munemura

「勉強のやり方がわからない……」
「どの参考書を使えばいいのかわからない……」
「授業を受けても意味ない気がする……」


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます!

武田塾 大森校

6

〒143-0023
東京都大田区山王2-7-2
パルサー山王103

【TEL】 03-6451-8211

【メール】omori@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾大森校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 西日暮里校

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里4丁目1-20
西日暮里エーシービル 303号室

【TEL】 03-5834-7137

【メール】nishinippori@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾西日暮里校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 田町校

武田塾田町校 教室内の様子

〒108-0073
東京都港区三田3-2-8
箕浦ビル 4階

【TEL】 03-6453-8351

【メール】tamachi@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾田町校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 大井町校

武田塾大井町校 教室内の様子

〒140-0011
東京都品川区東大井5丁目23-32
関ビル 3階

【TEL】 03-6433-9388

【メール】oimachi@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾大井町校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 蒲田校

武田塾蒲田校 教室内の様子

〒144-0052
東京都大田区蒲田5-40-10
初穂マンション蒲田 203号

【TEL】 03-6428-7851

【メール】kamata@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾蒲田校のHPはこちら

無料受験相談

 

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる