ブログ

【進路選択】清水先生がおすすめする◯◯大学の魅力とは

2023年11月27日(月)

はじめに

こちらのブログをご覧の皆さん、こんにちは。

京阪電車守口市駅から徒歩4分で行ける逆転合格専門の予備校、武田塾守口校です!

秋が到来したかと思えば、すっかり冷え込むようになりましたね。

特に夜はかなり冷え込むので、体調管理には十分に注意してほしいと思います。

体調管理そのものも、受験生の皆さんにとっては、立派な受験勉強の一つとも言えます。

また、自分の体調管理不足のせいで、なかなか勉強に手がつかない、焦ってしまうということであれば、かなりもったいないです。

今日という一日は人生で最も若い日です。

皆さんの将来をなんとかして変えたいと思うのであれば、今日を頑張るしかありません。

過去には戻ることは出来ませんし、当たり前のことですが、明日は明日にしか来ないのです

今回は、これまでの受験勉強そのものの話とは打って変わり、「清水先生のおすすめ大学」というテーマでお話します。

本記事では、清水先生のおススメの大学を聞きながら、どのように志望校を選べば失敗しないのか、逆にどのような選び方をすれば失敗するのかをお伝えしたいと思います。

また、今回の内容は武田塾の公式YouTubeチャンネルでも解説しているので、そちらもあわせてご覧ください。

無料受験相談

国公立をおすすめする理由

清水先生がおススメする大学はズバリ、国公立全てだそうです。

国公立と言っても幅広いので、これまでの武田塾チャンネルで名前がそれほど上がらなかった大学で言えば、「横浜市立大学」になるようです。

横浜市立大学と言えば、関東圏にあり、国際系やデータサイエンス系など先進的な学問を学べる大学として知られています。

アクセスとしては、かなりいいわけではありませんが、関東圏において密かに人気がある国公立大学となっています。

そもそも国公立大学は全国約200校(国立86校+公立99校)近く存在します。

過去の武田塾チャンネルの動画でも国公立大学について語ったものがあります。

気になる方はあわせてご覧いただきたいと思います。

事実、皆さん国公立大学について知らなすぎるということがあるかと思います。

東大の次は早慶・MARCHだと思い込んでいる人も少なくありません。

全国200校もあるので、皆さんの地域にも国公立大学はあるはずです。

確かに、無理に志望校を押し付けるのは良くないですが、安易に国公立を志望校の選択肢と切るのが早すぎる受験生は多いと思います。

旧帝大クラスの国公立になれば、なかなか目指しにくいですが目指しやすい国公立大学はその他いくらでもあります。

科目数が少ない国公立大学や、MARCHよりも難易度が低い国公立大学もあります。

以上のように国公立大学をおススメする理由について述べてきましたが、実際にどのような魅力があるのかについても紹介したいと思います。

①学費が安い

国公立大学の魅力の一つとして、「学費が安い」ということがあります。

もちろん私立大学であっても、投資回収が出来る可能性は大いにあるため、それを否定したいわけではありません。

純粋に学費のみを考えたときに、国公立大学の学費は安いです。

国公立大学は私立大学と比べると半額で行けてしまうことが大半になります。

ですので、親御さんにとってありがたいことには間違いありませんし、国公立大学・私立大学のどちらにでも実力があるのであれば、国公立大学の方が、学費が安いのでコスパの良い方かもしれません。

②国公立は落ち着いている

国公立大学の魅力その二として、「国公立は落ち着いている」ということがあります。

皆さんの中にも、コンサル・外資・金融といったようなギラギラした就職先を夢見ている人はいるかもしれません。

しかし、そのような人はそれほど多くないというのも事実です。

言ってしまえば、平和な未来を描いている人も中にはいるのです。

私立がこれと言って戦争状態にあるわけではありませんが、国公立大学は全体的に平和です。

実際、慶応義塾大学と比べると地方国立大学の方が落ち着いていることになります。

最初から公務員を目指すのであれば、国公立大学はおススメできます。

またよくあるエピソードとして、地方国公立大学に入ると、その地域では東京大学に匹敵するような扱いを受け、親戚一同で喜んでしまうということがあります。

以上のようなこともあり、皆さんのやりたいことによっては最難関の私立大学より地方国公立大学の方が良い場合も大いにあり得ます。

③真面目な人が多い気がする

国公立大学の魅力その三として、「真面目な人が多い気がする」ということがあります。

これはかなりの主観が入っていることになりますが、傾向としてあります。

皆さんの中には、都会の生活に憧れ、そこでキラキラした生活を送りたいと思っている人もいるかと思います。

決して、そのようなことを否定する気もありませんし、そうしたいと思うのであれば、東京や関西の私立大学を目指すのが良いかと思います。

しかし、世の中にはそうではなく、落ち着いた場所で過ごしたいと思う人もいるかと思います。

その場合、国公立大学の方があっている可能性が高いです。

勉強のみならず、生活面でも大学や地域によって大きく変わり得るものです。

その視点も持った上で志望校を考えてみてほしいと思います。

今回のまとめ いかがでしょうか。

今回は「清水先生のおすすめ大学」というテーマでお話ししました。

国公立大学と聞くと、なんか科目数も多くて難しそうなイメージを持つ人が多いかもしれません。

しかし、現実は大きく異なります。

科目数が少ない国公立大学もありますし、皆さんがイメージする私立大学よりも難易度が低い国公立大学もたくさん存在します。

さらに、国公立大学は学費が安く、落ち着きもあり、真面目な人も多いです。

皆さんの性格次第ではかなりマッチすることになるかと思います。

ですので、まずは国公立大学の一覧を見て、自分に合いそうな大学はないかを発見するきっかけにしてほしいと思います。

頑張ってください。

応援しています。

最後に武田塾守口校では随時無料受験相談を行っています!

受験に関する悩みや勉強法に関する疑問など、ぜひお気軽にご相談ください! 

お問い合わせはこちらから!

武田塾守口校では無料受験相談を行っています。

IMG_8363

「勉強のやり方がわからない……」
「どの参考書を使えばいいのかわからない……」
「授業を受けても意味ない気がする……」


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます!

武田塾 守口校

〒570-0026
大阪府守口市松月町2-19
松月ビル 3階

【TEL】 06-6995-4870

【メール】moriguchi@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾守口校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 宇治校

武田塾宇治校 教室内の様子

〒611-0021
京都府宇治市宇治若森31-5
宇治タイセイビル 1階

【TEL】 0774‐39‐7374

【メール】uji@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾宇治校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 くずは校

武田塾くずは校 教室内の様子2

〒573-1106
大阪府枚方市町楠葉1丁目5-1
婦喜屋ビル 3階

【TEL】 072-807-6362

【メール】kuzuha@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾くずは校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 枚方校

武田塾枚方校 教室内の様子

〒573-0032
大阪府枚方市岡東町14-44
雲川ビル 4階

【TEL】 072-808-8686

【メール】hirakata@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾枚方校のHPはこちら

無料受験相談

武田塾 寝屋川校

武田塾寝屋川校 教室内の様子

〒572-0042
大阪府寝屋川市東大利町14‐6
丸喜ビル 3F

【TEL】 072-813-8899

【メール】neyagawa@takeda.tv

【開校曜日】月~土曜日

【自習室利用可能時間】13:00~22:00

【電話受付対応時間】13:00~22:00

武田塾寝屋川校のHPはこちら

無料受験相談

 

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる