vol.2『家でダラダラしている…』トミナガ読書感想文【武田塾】

阪神甲子園校・

こんにちは!2019年11月開校!
武田塾阪神甲子園校、校舎長のトミナガ(←クリック♬)です。

 

------武田塾とは?---------

なぜ「授業をしない」の?

武田塾の「特訓」とは?

講師(元塾生)が武田塾の「魅力」を語る!

武田塾は浪人生・既卒生ウェルカムです♪

阪神甲子園校の塾生(高3)にインタビュー♬ ☜同志社大学・関西大学 合格🎉

----------------------------

私、阪神甲子園校の校舎責任者のトミナガが、

・今「読んでいる本」

・読み終わった本をもう一度「読み直している本」

をネタにして、私自身が、

・刺激をうけたこと

・感激したこと

・伝えたくなったこと

徒然なるままに書き記していきたいと思います♪

vol.2

 

 

 

子供が家でダラダラしていたら、それは「悪い」ことなのか?

今回、vol.1に引き続きネタにさせていただくのが、

こころの処方箋 (新潮文庫)河合隼雄さん

51SpT1wKAPL._SX353_BO1,204,203,200_

↑↑↑クリックできます↑↑↑

「心」にまつわる、55個のテーマ別の短いお話がのっています。

 

今回取り上げたいお話のタイトルは、

「自立は依存によって裏付けられている」

です。

 

自立は依存によって裏付けられている

 

『この本を、中学生の時に読みたかった…』
(私トミナガの心の声が漏れています笑)

なぜ、心の声が漏れるほど感激したのかというと…(^^)?

それは、おいおい話していくとしまして、とりあえずは、

このお話の中の『シビレタ一節』を引用させていただこうと思います♫

河合隼雄さんは、ご本人の体験を踏まえて、上の本の中でこう述べられています。

…私はヨーロッパに行き、ヨーロッパの人たちは日本人より自立的だから、親子の関係などは、日本よりはるかに薄いのだろう、などと勝手なことを考えていた。ところが、実際にスイスに行ってみると、親子が離れて暮らしている場合、電話で話し合ったり、贈り物をしたり、あるいは、時に会食したりする機会が日本人より、はるかに多いことに気づいて不思議に思ったことがある。これをよく観察して思ったことは、彼らは自立しているからこそ、よくつき合っているのだ、ということであった。つまり、つき合いの機会を多くすることによって、自立を破壊されるというおそれを感じていないのである。(『こころの処方箋』河合隼雄、新潮文庫、1998年、P96)

これが、日本の場合であれば、うっかり親と話をすると、何か自分の自立をおびやかされそうに感じる。あるいは、自分は自立しているから、別に親と会ったり、話し合ったりする必要がない、と考える。このような傾向が強くなるのではなかろうか。しかし、それはよく考えてみると、自立ではなく孤立になっているように思われる。(『こころの処方箋』河合隼雄、新潮文庫、1998年、P97)

どうですか、皆さん!

身に覚えはないですか!?

特に「うっかり親と話をすると、何か自分の自立をおびやかされそうに感じる」の部分!!

私はあります(笑)

 

ここで、

受験生の自立

というものを考えてみましょう。

 

受験生が抱えている問題、悩みはたくさんあります。

ここでは現役生に絞って、それらを箇条書きしてみましょう。
(下は朝練のある部活に入っている現役生の週間スケジュール例)
武田塾生1年の生活スケジュール-1

・忙しい

・情報が多い(ネットを見れば大抵のことが載っているが、全部見るわけにもいかない)

・情報が錯綜する(学校の先生が言うこと、親が言うこと、友達がいうこと、ネットに載っていること)

・何を目標に勉強するのかがわからない

・何から始めたらいいのかわからない

・始めたところで、それをいつまで続けたらいいのかがわからない

・続けたところで、それが正しいのかどうかがわからない

まだまだ挙げられるとは思いますが、このあたりで一旦ストップ。

 

大学受験において、日々、継続的に学習が積み重ねられている人というのは、上記の問題を、全部ではないにしても、ある程度自分の中で折り合いをつけて、実行の判断を下せていることになります。

こういった受験生の方、実際にいらっしゃることと思います。すごいです!頭が上がりません…。

しかしながら、多くの受験生がこうはいかない、というのが現実ではないでしょうか?

 

それにも関わらず、

受験生が家でダラダラしていて、親御さんが、

「いつまでダラダラしているんだ!やることはやらないとダメだろ!?とっととやる!」

と、『理想の一人前の人間』として行動できることを期待して、

それを受験生の自立と位置付けるのは、

ハードルが高過ぎやしませんか?

 

ここで一つ目線を変えて、

上記の問題、悩みを抱えている受験生は、何を求めているのでしょうか?

それはズバリ、この2つです。

・ホッと一息つける環境

・相談相手

大学受験にぶつかっているのは、

まちがいなく受験生本人です。

他者が代わりになってあげることは絶対にできません。

だからこそ、受験生は、

「ゆっくりできる環境がほしいなぁ」

「いろいろな話を聞いてほしいなぁ」

「進んでいる道が間違っていないか診てほしいなぁ」

と、他者に依存を求めているのです。

 

受験生が他者に対して、

依存するのは当たり前です。

しっかりと依存できる関係性があってこそ、

自分の人生の織りなし方を考える余裕が生まれるのです。

他者の意見を聞く耳をもたず、自分のことを全部自分で決めている受験生がいたら、それはそれで、逆に心配です。

 

保護者の皆様!

「こら!ダラダラしない!!」

って、お子様に言ってもいいですからね♫

でも、たまには、

見守る勇気(放置ではなく放任)

悩みを受け入れる寛容さ

を意識していただけたら幸いです♫

 

最後はもう一度、河合隼雄さんの言葉で締めたいと思います。

自立ということを依存と反対である、と単純に考え、依存をなくしてゆくことによって自立を達成しようとするのは、間違ったやり方である。自立は十分な依存の裏打ちがあってこそ、そこから生まれでてくるものである。子どもを甘やかすと、自立しなくなる、と思う人がある。確かに、子どもを甘やかすうちに、親の方がそこから離れられないと、子どもの自立を妨げることになる。このようなときは、実は親の自立ができていないので、甘えること、甘やかすことに対する免疫が十分にできていないのである。親が自立的であり、子どもに依存を許すと、子どもはそれを十分に味わった後は、勝手に自立してくれるのである。(『こころの処方箋』河合隼雄、新潮文庫、1998年、P95~96)

(私が中学生のときに、この発想はなかった…。あのときに知りたかったなぁ…笑)

 

親子コミュニケーションの悩み、相談に来ませんか?

武田塾阪神甲子園校は、

現役生・既卒生を問わない、

本気の大学受験予備校です。

 

保護者の方へ

もし、大学受験のことで心配であったり、お子様との間のコミュニケーションにお困りでしたら、

『武田塾の無料受験相談』

に来られませんか?

(60~90分を目安にお時間をお取りいたします!)

思いの丈を私にぶつけていただければ、私自身も勉強になります。しっかり受け止めさせていただきます!

 

お子様が他の塾さんに通われていてもかまいません。

無理な勧誘は決してしません。

安心・安全・ポジティブな無料相談をお約束いたします!

「言っても聞かないし…」

「ふてくされられても面倒だし…」

「どうして私の思いが伝わらないのか?」

こういった親子コミュニケーションのお悩み、なんでもご相談させていただきます♪

数多くの生徒の行動変化を導いた、
トミナガにお任せください!!自己紹介ブログはコチラ

顔写真3

事前予約を頂けましたら、お待たせすることなくご案内が可能です。

是非ご予約頂けますよう、よろしくお願いいたします!

下のバナーより予約できます(^^)/

無料受験相談

メールでのお申込みはhanshinkoshien@takeda.tvまで。

お電話でのお申し込み・お問い合わせは

TEL:0798-47-7118

(電話受付時間 月〜土曜日 13:00~22:00)

「関西独自サイトはこちら」


大学受験の逆転合格専門塾【武田塾阪神甲子園校】
〒663-8165
兵庫県西宮市甲子園浦風町8−20メインステージ甲子園2階A

今ならお友達と一緒に入塾すると、

入塾者に図書カード5,000円分をプレゼント!!
※スタジオコース・期間講習(冬だけタケダ・かけこみタケダ等)・対策講座は対象外です。
※双方が入塾した場合に限ります。受験相談時に記入をお願いします。

校舎責任者トミナガ「おススメの読書」シリーズ、№1はコチラから♪

関連記事

vol.1

こんにちは!2019年11月開校!武田塾阪神甲子園校、校舎長のトミナガ(←クリック♬)です。   ------武田塾とは?--------- なぜ「授業をしない」の? 武田塾の「特…

vol.3

こんにちは!2019年11月開校!武田塾阪神甲子園校、校舎長のトミナガ(←クリック♬)です。 ------武田塾とは?--------- なぜ「授業をしない」の? 武田塾の「特訓」とは? 講…

vol.4

こんにちは!2019年11月開校!武田塾阪神甲子園校、校舎長のトミナガ(←クリック♬)です。 ------武田塾とは?--------- なぜ「授業をしない」の? 武田塾の「特訓」とは? 講…

vol.5

こんにちは!2019年11月開校!武田塾阪神甲子園校、校舎長のトミナガ(←クリック♬)です。 ------武田塾とは?--------- なぜ「授業をしない」の? 武田塾の「特訓」とは? 講…

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 阪神甲子園校へ