ブログ

【英語】シス単とターゲットの違いを徹底解説します!

目次

無料受験相談

はじめに

みなさんこんにちは!

JR千歳線千歳駅から徒歩2分 武田塾千歳校 です!

 

受験生のみならず、英語学習者にとって単語の習得は避けて通れない道です。

特に受験英語では、単語力が問われる場面は数えきれないほどあります。

そんな中で、学習参考書として広く知られている『シスタン』と『ターゲット』について、その違いやどちらが自分に合っているのかを悩む方も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、『シスタン』と『ターゲット』の掲載レベルの違い、単語のチョイス、そしてそれぞれの特徴について徹底的に解説していきます。

どちらの参考書も英語学習において非常に価値がありますが、それぞれに特色があり、学習者の目的やニーズによって適した選択は変わってきます。

 

『シスタン』か『ターゲット』か、あなたがどちらを選ぶべきかを判断するためのポイントを提供します。

学習目標に応じて、最も効果的な学習材料を選ぶことが重要です。

この記事が、あなたの英語学習の道標となれば幸いです!

 

また、今回お話しする内容は、武田塾チャンネルの動画内でもお話しさせて頂いておりますので、是非そちらも合わせてご覧ください。

無料受験相談

『シスタン』と『ターゲット』の掲載レベルの違い

重要単語の共通点と相違点

英語学習において、単語の選択は極めて重要です。

『シスタン』と『ターゲット』はともに英語の重要な単語をカバーしている点では共通していますが、掲載されている単語のレベルには顕著な違いがあります

『ターゲット』は、その名の通り、特に大学受験を目指す学生にとってターゲットとなるべき1900語を厳選しています。

一方、『シスタン』はより広範囲の語彙をカバーし、特に基本的な単語から応用レベルの単語までを幅広く扱っています。

 

『ターゲット1900』では扱われていないが『シスタン』には載っている基本単語があることは、特に基礎からしっかりと学びたい学習者にとって重要なポイントです。

『シスタン』は、基本単語をしっかりと学び、その上で応用単語に進みたいと考えている学習者に適しています。

逆に『ターゲット』は、基本単語を既に習得していると自信のある学習者や、より実践的な英語力を身につけたい受験生におすすめです。

 

『ターゲット1400』と『ターゲット1900』の基本単語の扱い

『ターゲット』シリーズには『ターゲット1900』のほかにも、より基本的なレベルの単語を扱う『ターゲット1400』があります。

この二つの書籍の存在は、英語学習において段階的に語彙を増やしていく重要性を物語っています。

 

『ターゲット1400』は基本的な英単語をしっかりと学びたい学習者にとって最適な選択肢となります。

 

一方で、『ターゲット1900』はすでに一定の語彙力を持ち、さらに上を目指す学習者向けに設計されています。

 

このように、『シスタン』と『ターゲット』シリーズは、英語学習者が自身のレベルやニーズに応じて選ぶことができるようになっています。

自分がどのレベルにいるのか、どのような語彙を身につけたいのかを考えた上で、最適な単語帳を選ぶことが大切です。

単語学習は英語の習得において基礎となるため、この選択は非常に重要な意味を持ちます。

 

総じて、『シスタン』と『ターゲット』の掲載レベルの違いを理解することは、英語学習の進め方を決定づける重要な一歩となります。

どちらの単語帳もそれぞれの特徴があり、学習者のニーズに合わせて選ぶことで、より効率的かつ効果的な学習が可能となるでしょう。

 

単語のチョイスの差異

難易度別の単語チョイスとその影響

英語学習における単語のチョイスは、学習者が直面する課題や目標達成に大きな影響を与えます。

『シスタン』と『ターゲット』の間で見られる単語選択の違いは、これらの参考書がどのような学習目的に最適化されているかを示す重要な手がかりです。

 

『シスタン』は、広範囲にわたる語彙をカバーすることで、基本から応用まで幅広いレベルの英語能力の向上を目指しています。

これに対して、『ターゲット』は特に大学受験を意識した語彙の選択がなされており、受験英語に頻出する高頻度語彙に焦点を当てています。

『ターゲット』に含まれる単語は、受験生が直面する実際の試験で求められる英語力を養うために厳選されたもので、効率的な学習を促進します。

 

この単語選択の違いは、学習者がどの段階にいるか、また、どのような目標を持っているかによって、異なる選択を必要とします。

例えば、基礎からしっかりと学びたいという学習者は、『シスタン』から学習を始めることで、英語の根幹となる語彙力を身につけることができます。

一方で、特定の試験に向けた学習をしている受験生は、『ターゲット』を使用することで、効率的に試験に必要な語彙力を養うことが可能です。

 

学習効率を最大化する単語の選び方

単語学習においては、ただ闇雲に多くの単語を覚えるのではなく、自分の学習目的に合った単語を選択することが重要です。

『シスタン』と『ターゲット』のどちらを選ぶかによって、学習の効率性が大きく変わってきます。

分かれ道で迷う人のイラスト(女性)

例えば、英語の全般的な力をつけたいと考えている人は、『シスタン』の広範囲にわたる語彙が役立つでしょう。

一方で、時間が限られている受験生や、特定の試験に向けて効率的に学習したい人は、『ターゲット』に絞られた語彙を学ぶことで、時間内に最大の成果を出すことができます。

 

また、単語学習では、単に単語を覚えるだけでなく、その単語が実際にどのように使用されるのかを理解することも大切です。

この点においても、『シスタン』と『ターゲット』は、例文や用法を豊富に含んでおり、単語の意味だけでなく、実際の英語での使用法を学ぶのに適しています!

 

まとめ

今回は 『システム英単語』と『ターゲット』の違い について詳しくみてきました!

それぞれに特徴がある2つの参考書ですが、どちらを選ぶにしてもしっかりとスケジューリングをして最後までやり遂げることが最も重要です!

今回の記事を参考に1つの参考書をやると決定したら、是非最後までやり遂げてください!

合格発表のイラスト「合格して喜ぶ学生」

お問い合わせはこちらから!

武田塾千歳校・新札幌校では無料受験相談を行っています。

校舎長

「勉強のやり方がわからない……」
「どの参考書を使えばいいのかわからない……」
「授業を受けても意味ない気がする……」


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます!

武田塾 千歳校

〒066-0062
北海道千歳市千代田町6丁目8番地
平和駅前ビル1階

TEL 0123-27-3276

メール chitose@takeda.tv

受付時間
<月~土曜日>
自習室利用可能時間 13:00~22:00
電話受付対応時間 13:00~22:00

 

武田塾千歳校のHPはこちら

無料受験相談

 

武田塾 新札幌校

〒004-0051
北海道札幌市厚別区厚別中央1条7-1-45
山岸ビル2階

TEL 011-887-6046

メール shinsapporo@takeda.tv

受付時間
<月~土曜日>
自習室利用可能時間 13:00~22:00
電話受付対応時間 13:00~22:00

 

武田塾新札幌校のHPはこちら

無料受験相談

 

武田塾 札幌円山公園校

橋本さん

〒064-0801
北海道札幌市中央区南1条西24丁目1-6
レクシブ裏参道 6階

TEL 011-688-7067

メール sapporomaruyama@takeda.tv

受付時間
<月~土曜日>
自習室利用可能時間 13:00~22:00
電話受付対応時間 13:00~22:00

 

武田塾札幌円山公園校のHPはこちら

無料受験相談

 

武田塾 札幌麻生校

鈴木さん

〒001-0045
北海道札幌市北区麻生町5丁目1-3
麻生ビル2階

TEL 011-792-7086

メール sapporoasabu@takeda.tv

受付時間
<月~土曜日>
自習室利用可能時間 13:00~22:00
電話受付対応時間 13:00~22:00

 

武田塾札幌麻生校のHPはこちら

無料受験相談

 

 

関連記事

【科目別】東大合格者が語る!勉強開始のベストタイミングとは

&nbsp; 目次 はじめに 英語 数学 国語 現代文 古典 社会 日本史 地理 理科基礎 生物基礎 化学基礎 今回のまとめ 武田塾の受験相談に来てみよう! ブログをご覧の皆さんこんにちは。 JR千歳 ..

【現代文】正しい勉強をして参考書の解き方を習得しよう!

目次 はじめに! 現代文は誤った勉強をしがち 0.そもそも使っていない 1.解いて満足している 2.解説を見て「なるほど」で終わっている 3.消去法に頼っている 4.基礎知識の学習を疎かにしている 今 ..

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる