【天王寺校】武田塾って質問できるの?【勉強方法を教えるの巻】

天王寺校・

武田塾って質問できるの?

こんにちは!武田塾天王寺校です。

 

「武田塾って質問できるの?」

 

この質問は入塾の面談や勉強の相談に来る生徒さんからよく尋ねられます。
確かに勉強を教えてもらうというのはものすごく大事なことです。
そしてもちろん武田塾天王寺校では勉強の質問はできます!!

しかし、ただ教えているだけでは勉強は伸びません。
その問題が分かっても他の問題をどのように解いてよいのか分からない、分野が変わるとできない、教科が変わるともっとできない、と悩んでいる人も多いと思います。
その問題を解決できるように教えていく、自習の仕方も合わせて学んでもらえるように教える、これが非常に大事だと思います。
今回の記事では実際の問題を例にどのように質問対応しているのかを書いていきたいと思います!

 

この記事の目次
  • 勉強の質問には種類がある
  • 良い質問の作り方
  • 実例で質問を答えてみる
  • 総括!

 

勉強の質問には種類がある

一般的に質問には2種類あると言われています。

クローズド・クエスチョン(YES・NOで答えが限定されている聞き方)
オープン・クエスチョン(相手の考えを求める聞き方)

この質問の種類は確かに!となると思います。
場面によってどう使い分けるのがいいのかもイメージできると思います。
では、勉強の質問の種類とはどのようなものを言うのだろうとなると思います。
ずばり勉強の質問の種類というのは良い質問・悪い質問の2種類です。

悪い質問の定義は「その質問をされた人が質問で返してしまう質問」

良い質問の定義は「悪い質問ではない質問」

です。
では、例を挙げてみましょう。

例1)「先生!数学の勉強の仕方が分かりません!」

これは言うまでもなく悪い質問です。
「数学の勉強の仕方」を教えてほしいというのは分かりますが、そもそも分野ごとに勉強の仕方も違いますし、おそらくその後先生は質問に対してどの部分?とかどういうこと?と返すことになります。これでは本来聞きたいことが聞けなくなる可能性もあります。

例2)「先生!数学の勉強の仕方が分かりません!復習をどうしたらいいのか分からないし、1問にかかる時間も長く問題数も取れない状況です。」

これは良い質問です。その子が数学の勉強の仕方で困っていることが分かりやすいです。これならば先生も復習の仕方を見てアドバイスを出したり解く時間に制限をかけてやっていこう、という話も出来ると思います。

 

良い質問の作り方

先ほどの質問の例から考えると良い質問をしないと本来聞きたいことが聞けなくなるかもしれないという可能性があります。
聞く先生に自分の状況を正確に知ってもらうというのが大事です!
では、良い質問を言うのはどういう風に作っていけば良いのでしょうか?
それは現状把握(自分が現在どういうことで困っているのか)をしっかり出来ている質問であるか、ということです。
では、実際に作ってみましょう。

 

今あなたは英語の長文の点数が上がらなくて困っています。しかし、英語の長文が伸びません!という質問では先生もどう答えていいか分かりません。
自分の現状把握をしてみましょう。

 

キャプ

 

 

(文字が小さくてごめんなさい!)

 

このように自分がいま英語長文で困っていることに対し原因を考えていきます。
時間が足りないのならばまずはどこに時間がかかっているのだろう?と考える。
読むのは遅い、特に簡単な文にも時間がかかっている。解くときも考え込んでしまうときが多い。
これを先生に伝えるのと伝えないのでは解答がかなり変わります。
現状把握のやり方をマスターして良い質問を先生に投げかけましょう!

 

 

実例で質問を答えてみる

さて、ここからが本題です。
実例は先ほどの長文の成績が伸びないの現状把握の紙を使います。

 

1.時間が足りないことがある
時間が足りないことがあるという現状に対し、細かく原因を考えてきてくれた状態ならばまずそこに対してのアドバイスを与えます。
簡単な文章でもスラスラ読めないであれば音読・シャドーイング、そしてなぜ音読・シャドーイングが簡単な文章をスラスラ読むのに役立つのかをしゃべります。
そうすることによって生徒自身が意味のある音読・シャドーイングをやってくれるからです。

2.読めないときは全く読めない
読めなかった箇所が大事なところだったとき、もちろん読めないこともあると思います。大事なことはそういう読めない文を出来るだけ減らすことにあると思います。さらにいうと構造分析ができないのか、構造分析はできるけれども単語の微妙な訳し方などで出来ていないのか、それとも両方なのか、とまだまだ現状を深掘り出来たところでもあると思うのでそこに対する言及もします

3.文章が読めているのに解けない
現状分析ではないよう問題は合っているがその他はよく間違っているということだったのでここに関しては文法問題のアウトプットであったり、パラグラフごとに設問を見る、などに留まるかなと思います。

 

 

総括!

武田塾では生徒の自学自習を促しています。
質問を受け付けてはいますがただただ質問して教えてもらうということだけをしていては伸びるものも伸びません。
現状を分析する力をつけてもらうために「良い質問」をしてもらいますし何故この勉強をすべきなのか、どういう力に直結しているのか、など生徒に理解してもらいながらしていきます。
そうすることによって最終的にはそこまで質問を聞かなくても自分で勉強というものを出来るようになります。

勉強の仕方に困っている、自分で勉強できるようになりたい!そんな方はぜひ武田塾天王寺校に相談に来てください!

 

 

武田塾天王寺校では無料受験相談を実施しています。

受験の悩みがある方、学校との両立に悩みがある方、その他勉強のことで悩みがある方!

どのような相談でも受け付けています!

武田塾の勉強法でやれば、成績は必ず上がります!

今の勉強法に悩んでいる人や諦めかけている人

あなたも武田塾で逆転合格しませんか?

武田塾天王寺校をもっと知りたい人は校舎まで来てください

 

独自サイトへのリンクはこちら!!

武田塾 | 関西版公式サイト


あなたの逆転合格を決める!無料受験相談実施中!

武田塾天王寺校では大学受験の疑問点に答えるお悩み相談を実施しております。

「今後どのように勉強していけばよいか」「効率の良い自学自習方法」など具体的にお話させていただいております。

悩みがある方はいつでも相談してください!

タグ:
  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談