【住道校実例紹介】夏休みに長時間勉強するコツを紹介!【逆転合格】

住道校・

夏休み 長時間-min

こんにちは、武田塾住道校の松本です。

いよいよ勝負の夏

受験生も受験生じゃない人も、

1学期までの復習や受験勉強を

ここでしなければどこでする!?という時期です!

 

周りの受験生に追いついたりリードすることも可能な時期ですが、

逆に大きく引き離されて決定的な差になるのもこの時期。

過ごし方が明暗を分けます!

 

理想的な受験生は、1日で最低10時間、

欲を言えば平均12時間くらいは勉強したい夏休み!

いかがですか?そんなの無理!と思いませんか?

そんな人のために、今回は、

全く勉強していない状態から、どうやって長時間勉強していくか

ヒントを4つに分けて紹介します!

 

今すぐチェックして、勝てる夏休みにしましょう!

 

目次
  1. ①絶対家でやらない!【夏休み長時間勉強する方法】
    1. 「家で長時間」は無理!
    2. 場所を変えるのもおすすめ!
    3. ①絶対家でやらない! まとめ
      1. 【住道校実例紹介】あなたは受からない!?落ちる自習室の使い方5選
  2. ②午前中の使い方が勝負!【夏休み長時間勉強する方法】
    1. 午前中で1日がかなり楽になる!
    2. 人間だれしも区切りがいいのが好き!
    3. 他人との約束で習慣化!
    4. ②午前中の使い方が勝負! まとめ
  3. ③教科の優先順位をつける!【夏休み長時間勉強する方法】
      1. 【勉強法】教科ごとの1日の勉強時間を伝授!(私立文系編)

 

①絶対家でやらない!【夏休み長時間勉強する方法】

家-min

「家で長時間」は無理!

私自身の経験からも言えるのですが、普段はともかく、

夏休みに長時間集中するには家ではかなりやりづらいです!

社会人であってもできる人はそう多くありません。

ましてや受験生ともなれば家で長時間集中できる人はほんの一部!

ほとんどの人にとっては「家で集中するのは無理」と諦める方が早いです。

 

どこでもいいので、自習室や図書館など周りが勉強している環境が

勉強の精度・集中力・勉強時間などどれに対しても有効です!

なので夏休みは、カフェでもいいから外で勉強してほしいと思います!

場所を変えるのもおすすめ!

ずっと外に出なくても、

午前中は家や、まだ人が少ないカフェで、

午後は塾の自習室や図書館で、など

時間ごとに場所を変えるのも集中力に自信がない人にはおススメです!

 

私自身も、ずっと同じ場所で、というのが苦手で、

1日で2つほどの場所を使って勉強していました。

住道校でも、場所を変えるという習慣が少しでもつくよう、

夏休みも自習室は通常通り13時開校にしています。

13時に自習室に来て午前中の勉強成果を報告してくれると、

こちらまで嬉しくなってしまいます!

①絶対家でやらない! まとめ

そもそも家で長時間勉強をやろうとしている時点で間違っています!

大事な夏休みに、成果を出せる環境をつくるところから始めてほしいです!

 

👇自習室の効果的な使い方についてはこちらをチェック!

【住道校実例紹介】あなたは受からない!?落ちる自習室の使い方5選

 

②午前中の使い方が勝負!【夏休み長時間勉強する方法】

時間-min

午前中で1日がかなり楽になる!

夏休みなど学校がなくなる時期は、

午前中をどれだけ有意義に過ごせるかで、

長時間勉強の負担が大きく左右されます!

 

例えば、朝7時に起きて8時から勉強するとします。

午前中、昼12時まで勉強するとした場合、

それだけで4時間も勉強時間が稼げることになります!

そこまで頑張ってしまえば、あとは寝るまでに8時間勉強出来れば、

1日12時間の高い壁を突破することができます!

 

でも考えてみてください。

昼の12時から寝るまでの時間は、

もし夜12時に寝るとしても12時間あります。

その12時間中8時間ならできる気がしませんか?

そう、4時間も自由時間がとれるんです!!

これが午前中を有意義に使うメリットです!

 

早い人は夏休み中でも学校と同じくらいに起きて、

7時間から勉強を始める、というような人もいますが

そういう人なら余計に夜の時間に余裕ができます。

とにかく午前中の時間をいかに使えるかが決め手なんです!!

人間だれしも区切りがいいのが好き!

人間皆、区切りよく行動するのが好きなものです。

例えば午前中にグダグダしてしまうと、

「午後からやろう...」という発想になってしまいます。

 

そうならないように、朝のスタートの区切りをしっかり決めましょう!

「朝8時からやろう!」「9時からやろう!」など

ここの区切りを設定できると比較的上手く勉強できるようになります。

他人との約束で習慣化!

しっかりスケジュールを決めたのに

どうしても怠けてしまう人は友達と約束するのが1番です!

勉強を始める時間に

・LINEで友人に勉強開始の宣言を送る

・朝カフェで友達と待ち合わせする

・決めた時間から通話をつないで勉強する

などするのがおススメです!

 

実際の住道校の塾生の中にも、どうしても怠けてしまうので、

「塾のLINEに勉強開始と終了を宣言しよう」と約束して

勉強を習慣化させている生徒もいます。

長期休暇で上手く勉強習慣をつけるためには

他人との約束で自分を動かす視点もかなり大事です!

②午前中の使い方が勝負! まとめ

午前中を有意義に使えば、長時間勉強がかなり楽になるので、

朝は必ず起きて、すぐ机に向かうことを当たり前にしておいてほしいです!

それができれば夏休みの成績アップがグッと近づきます!!

 

③教科の優先順位をつける!【夏休み長時間勉強する方法】

スケジュール-min

自分の勉強のリズムに合わせて、

いつどの教科をやるか、を工夫するのも効果的です!

例えば実際の生徒の一例ですが、

 集中力がある午前中は苦手教科をする

 集中力が切れてくる夜は得意教科をする

という生徒もいます。

 

このように、自分の集中力の度合いをしっかり分析し、

その時間にどの科目をやるのが一番負担が軽減できるか

を考えてスケジュールを工夫しましょう!

どうしても長時間勉強は、肉体的にも精神的にも、

負担をどれだけ減らして勉強の質を保てるか、が重要です!

1日のスケジュールが上手くいかないときは、

自分の集中の度合いに合わせてやることを決めてみましょう!

 

👇科目ごとの優先順位の付け方はこちらをチェック!

【勉強法】教科ごとの1日の勉強時間を伝授!(私立文系編)

 

④1時間ごとに身についた成果を確認する!【夏休み長時間勉強する方法】

チェック-min

勉強は量<質!

もちろん勉強時間がまだまだ足りていない人は

絶対的な勉強時間を増やすことは夏休み必須ですが、

大事なのは勉強時間より質です!

どうしても長期休暇は勉強時間だけを追いかけがちになりますが、

最も大事なのは集中した勉強時間を増やすこと!

ダラダラ机に向かう時間を減らしていく必要があります。

 

武田塾住道校でもよく生徒に話しますし、

全国の予備校でも同じことが起こっていると思いますが、

自習室で机に向かっていることで満足している子が一定数います。

そんな皆さんには、

本当にその〇時間集中していた?」と問いたいです!

 

👇この記事で武田塾住道校が「質?量?論争」に終止符を!

【計画】1日の勉強はどれくらいすればいいの?量?時間?何を重視?

 

その時間で得た成果物を意識!

あなたが勉強した10時間でどれだけのものを覚えましたか?

どれだけの問題ができるようになりましたか?

集中してほんとに濃い10時間を過ごせていましたか?

今の質問に自信をもって答えられる人がどれだけいるでしょうか?

 

そんな人は、

今の1時間でやった内容が成果物として出せるか、を振り返りましょう。

全て答えられるか、ちゃんと確認できてますか?

その内容はテストされても大丈夫ですか?

入試で出題されても自信をもって答えられますか?

 

1時間ごとに時間内の成果物を振り返り、

自分の勉強の質を自覚して勉強しましょう!

④1時間ごとに身についた成果物を確認する! まとめ

長期休みの勉強は、どうしても質が下がりがちになります。

そうならないために、必ず1時間ごとに

「何ができるようになったか?」

「自信をもって答えられるか?」

「まだ課題が残るのはどういうところか?」

を振り返り、成果を確認して勉強しましょう!

 

👇このテーマについて詳しく対処法をまとめた記事はこちら!

【勉強効率アップ】逆転合格するためのダラダラ勉強脱出法とは!?

👇武田塾流の効果的な理解度の確認方法はこちらをチェック!

「今日の勉強、本当に理解できていますか?」定着確認の方法とは!?

 

 

夏休み前後の武田塾住道校生の様子を紹介 by.校舎長松本

紹介-min

今、まさしく、住道校の生徒も長期休みに入るところです!

通常登校が終わり、少し授業が減り学校の夏期講習を受ける生徒、

夏期講習を終え、完全な休みに入る生徒が入り交じっている時期。

実際に通っている生徒たちのリアルを紹介します!

高1~2生の様子

1~2年生の生徒たちは、

最近入塾で学校の授業の理解度がおぼつかない生徒は、

この期間で、一気に学校既習範囲を終わらせる予定で頑張っています!

逆に入塾後しばらく経ち、学校のテストで高得点をとれている生徒は、

この期間に入試レベルの演習に入り、学校の友達を大きく引き離しにかかります!

学校内容をこの夏一気に固める生徒

まだ入塾3ヵ月ほどの中高一貫校高1生のKさんは、

学校内容をイチから参考書で追いかけて頑張っていますが、

この夏既習範囲に追いつき、学校の2学期の先取りまでを目指しています!

 

同じく春入塾の高1生Nくんも、

夏に苦手単元の克服をして2学期の盤石な準備を頑張っています!

その他にもそれぞれが夏の目標を立て頑張っています。

夏に一気に受験レベルに進む生徒

特に中学から通う高2のSさんは、中学時代は内申点に苦労していたのにも関わらず、

高校で1年からコーストップの成績で、夏休みは一気に入試レベルの先取りに入ります

志望校もほとんど固まり、周りの高2生にグングン差をつけてくれそうです!

 

また、入塾から4カ月ほど経った高1生のMくんは、

数学で学年トップをとってくれ、さらにはもう塾で高1範囲を終えました。

まだ高1にも関わらず、この夏で高1範囲の入試レベルの参考書に進みます!

その他にも何人もの生徒が非受験生とは思えない完成度で頑張っています!

 

高3・浪人生の様子

高3・浪人生は、

今まで上手くいっている生徒一気に志望校ワンランク下の突破を目指しています

逆に部活や学校で上手く勉強時間のとれなかった生徒も、この時期に一気に逆転を目指しています

夏まで順調に進められた生徒

英語・数学の基礎のインプットを夏までにしっかり進めた高3生のSさんは、

英数が入試で得点化できるところまで完成が見えてきたので、

英数をより高いレベルへ進め、国語・生物を始めて一気に科目を増やします!

理想的なペースで進めてくれていて頼もしいです!

 

理系国公立志望で科目数も多いWくん

英数に加え夏から、読解力アップのための現代文と、物理をスタートさせます!

その他にも順調なペースで入試を見据えて頑張っている生徒がたくさんいます!

夏まで思うように勉強出来なかった生徒

まだ本格的に部活をやっている高3Kくんは、

まだまだ英国の基礎を頑張っていますが、

かなり勉強の質が良くなってきて、8~9月で日大の基礎

部活が終わる10月には一気に日本史も追加し大逆転する準備をしています

その他にも、入塾時期が遅くても、夏から逆転を目指す生徒が何人もいます!

 

そんな進められるのはなぜ??

答え 質問-min

武田塾生は「できる」ようになるために時間を使う!

勉強は3段階!

なぜ武田塾住道校では、全ての生徒がそんな速さで進められると思いますか?

それは全生徒が「自分ができる」ようになる努力を惜しまないからです!

授業をしない”で参考書学習で進める生徒たちは、

日々の勉強を「わかった」かではなく「できる」ようになったか

という基準で勉強しています。

 

勉強は、「わかる」「やってみる」「できる」の3段階です。

「わかった」ことを「やってみて」「できる」ようにして初めて入試の点数になります!

通常の塾・予備校だと...

通常だと、授業を受け(「わかる」)、

次の授業までに自分で復習をして(「やってみる」)、

それをきっちり完璧に「できる」ようにして、

数日(~1週間)後に次の授業を受け先に進む。

このような繰り返しで勉強を進めると思います。

これだと入試で必要な勉強をすべて終えるのは、

かなり遅くなると思いませんか??

もしくは身につくまで復習をしないと悲惨なことに...

逆転合格の武田塾では...

しかし武田塾では、

参考書で読み(「わかる」)、

真似をして自分で「やってみて」、

それを繰り返し、「できる」ようにする

という流れを自分で1日の勉強の中で行います。

レベルに合った分かりやすい参考書を使い、

ときには、動画授業や校舎での質問を使って、

「わかる」ようにし、その後本当に「できる」ようになるまで繰り返します。

1日ごとにこのサイクルを回すからどんどん進んで行けるんです!!

 

自分で進めるのが不安でも大丈夫!!

それが本当にできているか、1週間に1回の確認テストと、

講師との1対1の個別指導で徹底的に確認します。

そこで何か問題があれば、講師と一緒に原因を分析し、

次の1週間に取り組む最適の改善策を提示します。

 

ペースが速い、かつ、万全のサポートで進められる

これが武田塾生が逆転合格出来る秘訣なんです!

 

夏休みに長時間勉強する方法 まとめ

注意-min

いかがだったでしょうか?

いきなりは難しい長時間勉強ですが、

①絶対家でやらない

②午前中の使い方が勝負!

③教科の順番を工夫する!

④1時間ごとに身についた成果を確認する!

 

以上の4つで長期休みの勉強を激変させましょう!

夏休みにやる勉強内容が分からず不安な人は、

ぜひ武田塾住道校の無料受験相談へお越しください!

校舎長の松本が徹底的にカウンセリングして

最も効率よい夏の過ごし方を伝授します!

会ってお話しできるのを楽しみにしています!

 

👇住道校の無料受験相談の概要や、必要な準備についてはこちら!

 

夏の勉強についてもっと知りたい人へおススメの記事

👇外部生限定の武田塾の季節講習についてはこちら

【2021夏だけタケダ】今年スタートの新コースも!詳しく説明!

👇夏の悩み解決はこちら!自分のタイプを診断!

【自分はどのタイプ?】勝負の夏だ!!~暑い夏をもっと熱く~大作戦

👇夏から逆転の勉強計画についてはこちら!

武田塾夏のイベントでよくする【入試における間に合う】とは?

【夏の勉強計画】今から間に合う4段階の夏の目標の立て方教えます!

👇夏から勉強を始める高2生はこちら!

【勉強計画】高2の夏はどんな勉強をしているべき?ズバリ教えます!

👇夏から入塾で合格を勝ち取った体験記はこちら!

【住道校合格】高3の夏入塾から苦手な英語を得点源に!2021

 

参考動画はこちら!

効率の良い勉強を徹底サポートしてほしい人へ!

【ただいま季節講習生を募集中です!】

中学生・高1・高2のあなたには、

1ヵ月入会金無料で通える「冬だけタケダ」をご用意!

 

高3・既卒生の受験生のあなたには、

入会金無料で入試当日まで通える「かけこみタケダ」で逆転のサポート!

 

まだ間に合いますので、今すぐお問合せください!

無料受験相談

 

武田塾の概要を簡単に知りたい方は、こちらの動画をどうぞ。

 

①授業をしない!

 武田塾の一番の特徴です!

一般的な個別指導塾や予備校では、

新たに勉強する部分の説明を受けたり

分からなかった問題や単元の解説を受けたり、

わかりやすい授業を受ける」のがメインになります。

 

しかし、学校や塾・予備校などで経験のある方もいるかもしれませんが

「分かりやすい!」と感動して、テストの結果を期待したのに

思うように点数に繋がらなかったことはありませんか?

 

実はこれは、当然なのです。

塾の授業が悪いわけでも、あなたの授業態度が悪いわけでもありません。

授業では「わかる」ようになることしか助けてくれないのです。

 

授業を受けるだけでなく、

自分で考えてやってみないと点数がとれるようにはなりません。

 

そこで、武田塾では授業を行わず

自分に合った参考書を使用した自学自習の徹底管理を行うことで

「わかる」から「やってみて」「できる」状態に持っていきます

 

武田塾では「わかる」「やってみる」「できる」

学習の三段階の「できる」ところまで徹底的に指導します。

 

勉強のやり方を教えて

自分でできるようになってもらう

 

これが武田塾の勉強なんです!

 

②本当に「できる」のか徹底的に確認!

1日ごとの宿題 

武田塾の宿題は、一日単位で出ます!

毎日やることが明確に分かった状態で勉強を進められます。

しかも、やりっぱなしにならないように

4日進んで2日戻る」の黄金サイクルで宿題を出します。

 

こうすることによって、しっかり宿題をこなせば、

一週間で同じ範囲を3周完璧にしたことになり、

確実に身についた知識となります。

 

確認テストと個別指導

さらに一週間の勉強が本当に身についたか確認するために

確認テスト個別指導を週一回行います。

 

宿題と同じ内容から確認テストを、80%を合格ラインとして

不合格の場合、次の内容に進めないようになっています。

 

つまり、サボりたくてもサボれないようになっています。

 

さらに確認テストで合格しても、

その後の個別指導で講師の先生が

「本当に理解」できているか、を確認します。

 

「なぜその答えになるのか」

「なぜその解法で解けるのか」

「どこを見たらそれが分かるのか」

など入試の初見問題で「できる」ように

なっているかどうかを徹底的に確認します。

 

それが出来ていなければ、点数がとれていても不合格になるのです!

武田塾では、「本当に入試で点数がとれる合格」

確認テストの合格としています。

 

厳しいですよね?でも当然です。

入試で点数をとることを目指すなら、そこまでしなければダメなんです!

 

武田塾では、それが出来るように

個別指導での手厚いフォローがあります。

 

もし分かっていなければ、

「本質を理解する」勉強を指導し、

また、単語なども暗記が不十分な場合は、

「覚えられる」勉強法を指導します。

 

しかも武田塾ではすべて1対1で行います!

個別指導の60分間、キミだけの先生が常に横について

指導を行います。

 

また、基本的に個別指導の中で演習の時間はないので、

60分全てが生徒1人1人の「できる」ために費やされます

 

「わかる」ための授業はしませんが、

「できる」ための指導ならどこまででもやります!

 

さっきの言葉をもう一度繰り返します。

 

勉強のやり方を教えて

自分でできるようになってもらう

 

これが武田塾の勉強なんです!

 

③カリキュラムは教室全体で管理!

 武田塾の個別指導が普通の個別指導と違うのは、

指導の中身だけではありません。

 

武田塾の強みは

 

カリキュラムを教室全体で管理する!

ということです。

 

普通の個別指導は、基本的に講師の先生に任されています

つまり講師の先生の力に依存しているのです。

 

教室長の科目や受験の知識が非常に優れている場合は、

教室長が全てのカリキュラムを管理していることもありますが、

基本的には、それぞれの講師の先生が作成していることがほとんどです。

 

私自身も約7年ほど個別指導で教えていた経験がありますが

やはり自分で全て作成していました。

今思えば、経験に頼った危険な進め方だったと思います。

 

もちろん先生がすごく頼りになる場合は

素晴らしいカリキュラムで進められることもありますが、

講師の先生も教科ごとで違うので各科目のバランスも難しくなります。

 

武田塾では、現状の実力と志望校ごとに

全科目のカリキュラムがあり、それをもとに

講師の先生が指導するので、一人の先生に依存することはありません

 

また、その進捗は校舎長である私や、教務スタッフが徹底管理しています。

なので科目ごとの出来に合わせてバランスの調整も行います。

 

武田塾と他塾の違い まとめ

振り返ると、武田塾は

①授業をせず

②本当に「できる」かを徹底的確認し

③それを教室全体で管理しています

また、授業をしないため、季節講習が無いのも特徴です。

 

以下は普通の個別指導と武田塾の違いを紹介した参考動画です。

 

 

 

武田塾住道校は悩んでいるすべての人対象に「無料受験相談」実施しています!

塾 予備校 評判 口コミ 武田塾 住道 合格 相談 国公立 関関同立

 

 数々の生徒の成績アップや合格を導き、たくさんの笑顔を生み出してきた、校舎長の松本が相談に乗ります!どんな相談でも完全無料でお受けします!ぜひお気軽にお問合せください!

相談のその日から、行動が「合格する受験生」に変わります!

武田塾住道校の雰囲気を知りたい人は「無料体験」も実施しています!

ぜひ以下のフォームからお問い合わせください!!

無料受験相談

 

武田塾の受験相談ってどんなの?

 

無料受験相談は予約制となっております。

お問い合わせはこちらの画像をクリックしてください。

電話、メール、Twitter、Instagram

各種お問い合わせ方法をご用意しております!

 

f252c638ff2668b43c982272f5281d27

逆転合格【武田塾住道校】

JR学研都市線住道駅周辺(大東市・東大阪市・四條畷市近辺)で

塾・予備校をお探しなら武田塾住道校

住道校のページはこちら!

 

〒574-0041

大阪府大東市浜町8番20号スミコ―駅前ビル2階

TEL:072-812-7880,

メール:suminodou@takeda.tv

 

勉強に役立つ情報や日々のつぶやはこちら

 ⇒校舎Twitterアカウント(校舎長が運営)

 ※DMでの質問、相談もお待ちしています!

日々の校舎の様子はこちら

 ⇒校舎Instagramアカウント

受験勉強に役立つ情報はこちら!

個別のご質問、ご相談、ご連絡も可能です!

 ⇒校舎直通LINE公式アカウント

友だち追加

   

 

いつでも連絡お待ちしています!お気軽にどうぞ。

もちろん校舎での対応も可能です!

住道校地図

 

無料受験相談

関連記事

thumbnail

こんにちは、武田塾住道校の松本です。 そろそろ少しずつ、毎日の勉強時間をとっている人がほとんどですよね? 安定した勉強時間がとれていない人!もう出遅れています! 今すぐ勉強習慣をつけましょう! &nb…

thumbnail

こんにちは、武田塾住道校校舎長の松本です。 どんどん暑くなり夏の訪れを感じる時期になりました。 近頃、たくさんの受験生の相談に乗っていて 春からしっかり受験勉強が出来た人、 あまり出来ず、自学自習の難…

thumbnail

こんにちは! 武田塾住道校講師の藤原です! 今回は夏をテーマに記事を書かせて頂こうと思います。   夏は受験の天王山、との言われ、 周りからも焦らされ、自身も焦ってくる時期。 今から不安に思…