高1・2年生向け 受験学年までにやるべき英語学習!

静岡校・

受験学年手前で差がつく

(今回の記事は高1・2年生向けです)

 

11月に入り、肌寒い季節になってきました。

 

受験学年の皆さんは

ラストスパート、追い上げの時期になってきますね!

 

高1・2年生は

次の学年に向けて

受験を意識し始めたり

勉強に取り組んだりているでしょうか?

 

 

実は受験学年までに

範囲の広い教科(英語・数学)に取り組んでおくことが

かなり大切…!

 

ということをお伝えしていこうと思います☻

 

 

ということで今回は

 

受験学年までにやるべき英語学習

 

について紹介していきます!

英語の音読のイラスト

やっておきたい三項目!

 

まず受験学年までにやるべき英語学習は

大きく分けて

 

①基礎的な単語を覚えておく

②単元別の文法は終わらせておく

③英文解釈は絶対にやっておく

 

の三項目です!

 

 

「基礎的な単語を覚えておく」

 

単語は英語を学習していくうえで

知っておかなければ、何も問題は解けません。

 

高1・2のうちに

基本的な単語を固めておけば

ぐっと問題に取り組みやすくなります。

 

共通テストレベルの単語は

仕上げておくようにできたらベストです!

 

 

「単元別の文法は終わらせておく」

 

基礎が身についているかどうかで

理解度に圧倒的差がつく箇所です!

 

難関大ではかなりマニアックなところまで

狙われることがあるため

3年生からスタートすると間に合わない場合も…

 

今のうちから

余裕を持って取り組めると良いですね☻

 

 

「英文解釈は絶対的にやっておく」

 

高2までに構文をやるかどうかで

かなりの差がつくと言われています

 

さらに和訳や説明問題ではっきり差が出てくる箇所でもあります

 

多くの人が苦手とする和訳・説明問題が

しっかり解けるようになると

大きな強みになると思います☻

 

テストを見て喜ぶ生徒のイラスト(女子学生)

長文読解には入るべき?

 

では、上記の三項目と合わせて

長文読解に取り組んでいくべきなのでしょうか?

 

 

長文に関しては

単語、文法、解釈が終わってから取り組む

ことをお勧めします!

 

 

知識がないのに長文を読んでも

吸収できる情報は少ないです。

 

あまり効率の良い学習法とは言えませんよね。

 

 

まずは基礎の土台が完成させて

すぐに長文読解に入れる状態にしておくことで

効率の良い学習ができるはずです☻

 

4技能試験・外部試験は受けておくべき?

 

また、受験学年に上がる前に

4技能試験や外部試験

受けておくべきなのでしょうか?

 

 

答えとしては

お金・時間に余裕があるのなら取り組んでおくべき!

と言えます。

 

そして受験学年の手前なら、英検2級

まで取っておくことがベストです。

 

 

英検2級レベルの問題を

解けるようになっておくことで

受験勉強もよりスムーズに進めることができます!

 

英語のライティングのイラスト

まとめ

 

今回のまとめは

 

受験学年までにやっておくべき英語の学習として

 

・単語→文法→解釈 の順番で長文に入る土台をしっかり固める!

・4技能試験は英検2級まで取れば受験が有利に!

 

 

手広くやらずに

まずは1個ずつ潰していくことを

意識しながら取り組んでいきましょう!

 

 

範囲が広い科目である英語を

受験学年前に基礎を固めておけば

3年生になってから非常に有利になります!

 

 

ぜひ今日からの学習の参考にしてみてください☻

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 静岡校へ