ブログ

【志望者必見】難関大の英語が他の大学に比べて難しい理由4選

2023年11月07日(火)

皆さんこんにちは🌸

横浜駅徒歩4分の学習塾、武田塾横浜校です。

武田塾横浜校には横浜市周辺の地域から沢山の受験生が通塾しています。

東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・東京都立大学・埼玉大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・電気通信大学・東京海洋大学などの難関国公立大学、早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学・東京理科大学・MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)などの難関私立大学に逆転合格したい受験生を応援する大学受験逆転合格専門塾です。

 

 

みなさんはどこを志望校にしていますか?

864

なんとなくMARCHと早慶の壁、

 

中堅国公立と難関国公立の違い、

 

このようなことを聞いたことがあると思います。

 

しかし、結局MARCHレベルまで解けない人は、

 

どちらも難しく違いが判らないと思います。

07

焼肉でもどこのもおいしいじゃないと思っていたり、

 

ワインもいいもの悪いもの判別するのが難しかったりします。

 

そこで今回は

難関大の英語は何が難しい?

というテーマでお送りいたします。

 

 

1単語・熟語のレベルが違いすぎる

 

難関大を志望校にしている人や、

 

試験を解いたことがある人はわかると思います。

istockphoto-614322868-612x612

単語熟語が難しい事態は私大に多いです。

 

国公立ならば阪大もそうです。

 

さらに学部の単科大学になると単語熟語滅茶苦茶

 

問答無用で聞いてきます。

b75e0c32c85450e8e31b3cc8fa0896ab_t

これが圧倒的に違うところです。

 

MARCH と早慶では大きく違います。

 

英語・熟語のレベルが高いので語彙力を鍛えて対策しましょう!

 

 

2挿入句ばかり

 

国立の問題は先生方がその問題を見つけています。

 

「これいいこれを問題にしよう」

79315551_220x204

とこんな感じです。

 

難しい問題にはなります。

 

しかし地文だけで見ても早慶の方が圧倒的に難しいです。

 

これには理由があります。

 

これは出典を見ると見えてきます。

 

学術書はかっこいい書き方で書かなければなりません。

 

雑誌や新聞でも幼稚な表現で書いてはいけません。

 

新聞が作文のように書いてしまっては、

 

権威のあるものになりませんよね?

 

雑誌というのは、ネイティブの知識のある方が、

 

空港などで暇つぶしに読むものなんです。

303

なので手ごたえ歯ごたえが必要なんです。

 

そのため表現や構文のレベルが高いです。

 

レベルに合わせた対策が必要になります。

 

 

3問い方が違う

 

回答根拠の順番がバラバラになるのが、

 

難関大学の特徴です。

 

内容一致問題であれば普通順番通りに回答根拠が出てきます。

 

MARCHや日東駒専でもほとんどそうです。

 

順番通りに読んでいけばおのずと答えが出ます。

 

しかし早慶では答えの根拠の場所がバラバラです。

 

順番にチェックできたらです。

睡眠と学習の関係性とは最も記憶が定着しやすい時間って_見出し2-450x338

しかし早慶の問題ではそうはいかないんです。

 

「この回答根拠どこだ」

「この話どこでしてたっけ?」

「探しても全然見つからん」

d17d51ba817b20cc1a074ae59574f290_t

このようになってしますのです。

問題の問い方が難しいです。

 

過去問演習で実力をつけて行きましょう。

 

国公立志望の人は説明問題の対策をしていないことが多いです。

 

この問題ではどこのことを言っているのかを探して

 

そのうえで和訳しなければならないのできついです。

 

 

4時間が足りない

 

多くの難関大学の入試問題は解ききれる人が少ないです。

 

最後は時間との勝負です。

dorobou_jikan

丁寧にゆっくり読めば実力がついていますので読むことができるかと思います。

 

しかし時間内にいかに終わらせるのかが問題なわけです。

 

「過去問などでこの問題を○分で」

 

このような特訓をして何とか間に合わせるわけです。

 

時間、速読力、早く処理する力

 

これらが必要なのです。

 

時間配分を気にしないでやっている人を見かけます。

 

「本番は無理だった」

pose_zetsubou_woman

こうならないように時間配分を気にして訓練しましょう。

 

 

~まとめ~

 

難関大の特徴4つ

 

単語・熟語のレベルが高い

構文複雑

問い方のレベルが高い

時間が足りない

 

 

特徴を理解して対策を勧めましょう!

 

 

 

=============================================

武田塾横浜校では、

毎日、無料受験相談を行っております

勉強の仕方、大学受験に向けた参考書の選び方・使い方、モチベーションの上げ方、など

受験にまつわるあらゆるご相談に対応させて頂いております。

塾生でなくても、無料で行っておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

ともに学びましょう!

 

 

日本初!逆転合格専門塾【武田塾横浜校】

〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDXビル 3F

(横浜駅より徒歩5分)

Tel : 045- 620-8899

Mail: yokohama@takeda.tv

52914655_247192359556746_221903346523439104_n

 

無料受験相談 随時受付中です!

◆勉強の仕方
◆大学受験に向けた参考書の選び方・使い方
◆モチベーションの上げ方
など‼

大学受験に関する悩み、聞かせて下さい!

大学受験にまつわるあらゆるご相談
対応させて頂いております。

「あなた自身」をより深く理解させて頂き、
その上で武田塾についてご説明させていただきます。

受験相談では上記以外にも
●現状のレベルにあう参考書の紹介
●武田オリジナルアイテム「大学別ルート」を基にした大まかな年間計画
等もお話し致します。

受験相談のお申込み方法

予約制となります。
インターネットもしくはお電話で
事前にお申込み下さい。無料受験相談60290496_2501608756538240_2244244352031260672_nインターネットのお申込みの場合は、確認しましたら校舎(℡:045-620-8899)からご連絡させていただきます。
177026554_166980865327372_291067492661389059_n

+++——————————————————————————+++
武田塾】横浜校 

横浜市神奈川区栄町1-1 KDX横浜ビル3階

800x600_b6f967cbd9195eb92aea9155d35f38e2横浜駅「きた東口」から徒歩4分!

TEL 045-620-8899
FAX 045-620-8009

Mail yokohama@takeda.tv
+++——————————————————————————+++

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる