【夏の初陣】模試は受ける「前」から超大事!受験生必見の模試活用法①!!

横浜校・

皆さん、こんにちは。横浜駅徒歩5分の大学受験予備校、武田塾横浜校です。

7月に突入して早くも1週間が過ぎ、受験生にとっては

休めない夏休みが近づいてきています。

現在、武田塾横浜校では、夏期講習「夏だけタケダ」の申し込みと受講を

スタートしておりますので、ぜひこちらもチェックしてください。

武田塾横浜校 夏だけタケダ

ところで!

7月28日(日)に、今年度第2回となる全統マーク試験が実施されますね!

すでに申し込んだ受験生は多いと思います。

今回はこのマーク模試を受ける「前」にやっておいたほうが良いこと

紹介いたします!

模試にむけて実行すべきこと。それは…

①目標点を設定する

理由は後述しますが、模試にも本番と同じく目標点を設定しておきましょう。

目標点を設定するときは、例えば以下のようなものが参考になります。

第1回マーク模試(5月実施)での得点

・最近解いたセンター形式の過去問

・志望校の合格ライン合格最低点

そして最も重要な自分の願望行きたい大学があるならば、

自身の合格のために容赦ない目標点を設定しましょう。

100%達成できる目標は目標ではありません!

マーク模試を受ける受験生はいますぐ、各科目の目標点を決めよう!

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_t

②考える

これが目標を立てた最大の意味のひとつです。何について考えるかというと、

「目標点を達成するために今の勉強法で大丈夫か?」

ということです。

ここでの「考える」とはまず「自身の現状について考える」ことを指します。

いま進めている問題集の完成度は?勉強時間は?生活習慣は?

現状を知るのは簡単です。すべて自分の行いの結果ですので。

加えて「どんなことを実行すればよいか」についても考えておきましょう。

武田塾横浜校では、この「考える」ことを担当講師と一緒に行います。

うまくいっているかどうかチェック失敗したときのリカバリーなども行います。

IMG_3686[1]

理想(目標点)現実(自身の現状)を知ればあとは…

③実行する

目標に向かって「本気で」行動を起こしましょう

模試だからといって日頃の勉強の手を抜くべきではありません。それはなぜか、、

ここまで読んでいただいた方ならお気づきかもしれませんが、

この「模試前にやるべきこと」は、そのまま受験に当てはまります!!

理想現実ギャップを埋めることこそが受験勉強です!

 

″何かを目指し、本氣でやりきるということはとても気持ちの良いものだ″

 

というのは横浜校校舎長の言葉です。

  ★「校舎長ってどんな人?」についてはこちら

まず目の前の模試を無駄にせず、「模試を頑張る!」ではなく「今から頑張る!」です!

=============================================

武田塾横浜校では、

毎日、無料受験相談を行っております

勉強の仕方、大学受験に向けた参考書の選び方・使い方、モチベーションの上げ方、など

受験にまつわるあらゆるご相談に対応させて頂いております。

塾生でなくても、無料で行っておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

ともに学びましょう!

お問い合わせ・無料受験相談はこちら

btn_headbtn4

日本初!逆転合格専門塾【武田塾横浜校】

〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDXビル 3F

(横浜駅より徒歩5分)

Tel : 045- 620-8899

Mail: yokohama@takeda.tv

52914655_247192359556746_221903346523439104_n

2019 武田塾横浜校  講師陣