【直前対策】まだ治せる!入試直前に陥りやすい危険なメンタル!

上田校・

こんにちは!講師の市川です!

今回は自分が体験した、「入試直前に陥りやすい危険なメンタル状態」についてお話できればなと思います。

入試直前ってわかっているのに勉強が捗らない!

これ、あくまで僕の推測ですが、結構な人が当てはまるのではないでしょうか?

数日後に入試があり、やらなければならないことがいっぱいあって焦ってるのになぜか鉛筆が進まない。そしてそんな自分に対してさらに焦る。こんな最悪な循環にはまってしまっている時期が僕にもありました

 

考えられる原因は「入試前だからといっていつもの勉強より多くのことをやろうとしてしまう」ということ。入試前に焦って、実現できるかわからない、ましてや冷静になれば実現不可能な計画さえもやらなければといって立ててしまいます。じつはこれとっても危ないことで、人ってどうしてもやることが多すぎることや、見通しのないことをするっていうのはやる気が起きないものだと思います。これはいくら入試前とはいえ、ましてや不安やプレッシャーのある中では、体を硬直させてしまいます。

 

対策として、社会科目などは直前までやりたいところですが、英語や国語などは1日2日で成績が飛躍的に伸びるということはありません。なのでただがむしゃらに長文などを何問も解くのではなく、むしろ単語などの基礎知識を再確認するべきだと僕は思います。こういった少し余裕のある計画を建てる方が集中できると思います。また、休憩なしの長い時間の勉強の後半の方は集中力が低下してしまい、せっかく頑張っている勉強もあまり意味を成さないものとなってしまう可能性があるので、入試直前だからこそ、「いつも通りのペース」を守ってほしいなと思います。

滑り止めに受かったことがわかってから勉強が捗らない!

これは実際自分が陥ってしまったメンタル状態です。自分は国公立志望で、私立の併願受験を受けたのですが、ほとんどの私立大学は国公立大学の受験の前に合否結果が出ます。自分は何校か受かってました。「自分は大学生になれる!」、浪人したということもあり、その思いは強かったと思います。その思いが強すぎたのと、センター試験の判定が良かったということもあり、次の日から勉強に身が入らなくなりました。

国公立前期の受験結果は不合格。大事故さえなければ受かるとされていた大学に(後日得点開示でわかったことですが)後1点だけ足りませんでした。今でもあの時の怠けていた自分に対して憤りを感じます。

そこで僕は、この文章を読んでくれている皆さんに同じような経験をしてほしくないので声を大きくして言います。

「自分が一番入りたい大学はどこか」これをなまけそうになるたびに問い直してください。

最後に

いかがでしたでしょうか?ドキッとした人、多かったのではないでしょうか?

入試直前で精神が不安定になりがちなこの時期、後悔しないためにもう一度自分を見つめなおしてみてください!

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 上田校へ