ブログ

【絶対に抜くな!】8月に勉強をサボった受験生の末路

2023年09月07日(木)

 

 

 

はじめに

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

地下鉄東西線新さっぽろ駅から徒歩2分、JR新札幌から徒歩5分、武田塾新札幌校です!

夏休みが終わり2学期に入った人も多いと思いますが、皆さん勉強は順調ですか?夏休みに勉強がうまく進んだ人もうまくいかなかった人も受験まであと少しです!適度に休憩を取りながら最後まで走りぬきましょう!少しでも不安がある人はその不安を武田塾が解決していきます!

ここで皆さんに質問です!8月はしっかりと勉強できましたか?

今回のブログのテーマは「8月にサボった人の末路」です。8月に勉強をサボった人の起こる厳しい現実についてお伝えしていきます。かなり厳しい内容になりますが、受験は本気でやらないと合格できません。

また、今回の内容は武田塾の公式YouTubeチャンネルでお話ししているのでそちらもぜひ合わせてご覧ください。より詳細に知りたい方は動画の視聴を強くお勧めします!

 

無料受験相談

8月にサボってしまう人の特徴

3月の無料受験相談で受験がうまくいかなくて「失敗してしまいました!助けてください!」と浪人になって来る人がいるのですが、その人たちの共通の特徴は8月は「まだ何とかなる!」と思っていたことです。

秋になってようやく危機感→浪人となる人が多いです。

たしかに8月に受験対策をして志望校に合格できるかを明確に危機感を覚えている人は少ないです。そういう人に対してこれを頑張らないと9月以降にどのような過ごし方になるのかを知ってもらいたいです!

8月に受験勉強をサボった受験生の末路4選

志望校を下げる

一発目からとても重いです!

もちろん全員が全員8月にサボったら志望校を下げるわけではなく、できる限り下げないように武田塾もサポートはしていきます。これまでに勉強せず夏から始めるつもりが9月から始めると現実的に厳しくなります。皆さんはまだまだ可能性を秘めています!

しっかり8月に今まで勉強をしてこなかったけど基礎をしっかり固めて。9月以降は食らいついて「絶対に志望校を掴んでやるんだ!」という風になれる人もいますが、難関大学を目指すのは厳しい層が出てきます。

志望校を下げることになるということは塾の先生や学校の先生から言われることもありますが、どちらかというと自分自身で「下げてしまおう」という気持ちになりやすいです。「MARCHならいける!」「まだ日東駒専ならいける!」というような感じで自分の中での基準を下げていってしまいます。

次々とやらなかったことを取り返す言い訳ではありませんが、結果的に下げた先すら受からないことはよくあります。3・4月で浪人すると決め予備校に入ると皆さん最初はとても強気ですが、夏過ぎ当たりからどんどん志望校を下げていく人が多いです。

8月末までに出来ていることが少ないと秋以降弱気になって志望校を下げてしまいがちです。

9月以降も基礎をやっている

周りは8月から赤本を見てどんどん演習に入ります。

長文を解き始めたときに自分はひたすら英単語をやることになってしまいます。基礎をやらないと演習には行けませんが、基礎をやっている間は点数は取れません。焦ってしまい先に進めてしまうと、そこから先に演習に入ったときに結局基礎が雑になった結果、ぎりぎり間に合うはずだったところも余計に受かりにくくなってしまいます。

なので基礎を終えきれなかったら9月からも基礎をやらざるを得ないのですが、そうならないようにしましょう。

また基礎を終えれていないと模試でも良い結果が出ません。9月以降に基礎をしていると本番の準備が間に合わない可能性が出てきます。8月になってあまり仕上がっていない、9月にようやく本腰を入れたとなると、9〜11月で最後の模試を迎えてしまいます。

最後の1か月で合格ラインに到達する可能性はありますが、その保証がないまま本番に突入してしまいます。結果としての自信を持つ機会がないまま本番に行くのでメンタル的にも厳しいです。

判定が低いということはライバルとの遅れを確認しながら秋に進むことになります。

英語の音読のイラスト

併願校対策ができなくなる

自分の大本命にすらなかなか時間を回せなくなってきます。

直前まで過去問演習に入れなくなってきて、併願校の対策もより時間がなくなります。同じルートを仕上げているとしても大学ごとに問題が異なっているので、それぞれの大学の学部の対策は少なからずやらないと合格は厳しいです。

併願を組めば組むほど対策が必要になり時間が無くなってしまいます。併願校の対策が不十分になると、第一志望が落ちたらやばい状態になるというプレッシャーも大きくなります。結果的に滑り止めにも合格しないことがあります。そうなると今の志望校の最終的な滑り止めに合格するのが2ランク下ということが普通に起こります。

遅く始めるほど不利になる

みんなが勉強している中で追い越そうとしたら苦しい想いをしないと追い越すことができません。

周りのみんなが走り出している今から余裕を持たずに全力でスタートを切りましょう。特に要注意な人は7月後半に頑張れなかった人です。最初のほうに余裕をもっていると気付いたら本当に8月が終わっています!

勉強が0ということはなくても、他の受験生と比べて勉強できていないかなと感じる人は改めて危機感に繋げてもらえると良いと思います。

時間がなく焦っている男の子

 

今回のまとめ!

いかがでしたでしょうか?

今回は「8月にサボった人の末路」というテーマでお話ししました。8月にしっかりと勉強することは出来ましたか?8月にサボると志望校を落としたり他の受験対策も遅れてしまいます!

ライバルが走り出している今から始めないと次々に遅れてしまいます!早期からスタートして余裕を持って受験に備えていきましょう!

また悩み事が少しでもあればお近くの武田塾に受験相談をしに来てください!

頑張ってください!応援しています!

最後に!

武田塾では無料の受験相談を毎日行っています!

この先どのように勉強すればよいのか分からないなど、どんな些細な事でも構いません。少しでも不安な点がございましたら是非お近くの武田塾までお立ち寄りください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

お問い合わせはこちらから!

武田塾新札幌校では無料受験相談を行っています。

校舎長

「勉強のやり方がわからない……」
「どの参考書を使えばいいのかわからない……」
「授業を受けても意味ない気がする……」


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます!

 

武田塾 新札幌校

〒004-0051
北海道札幌市厚別区厚別中央1条7-1-45
山岸ビル2階

TEL 011-887-6046

メール shinsapporo@takeda.tv

受付時間
<月~土曜日>
自習室利用可能時間 13:00~22:00
電話受付対応時間 13:00~22:00

 

武田塾新札幌校のHPはこちら

無料受験相談

 

武田塾 札幌円山公園校

hasimoto

〒064-0801
北海道札幌市中央区南1条西24丁目1-6
レクシブ裏参道 6階

TEL 011-688-7067

メール sapporomaruyama@takeda.tv

受付時間
<月~土曜日>
自習室利用可能時間 13:00~22:00
電話受付対応時間 13:00~22:00

 

武田塾札幌円山公園校のHPはこちら

無料受験相談

 

武田塾 札幌麻生校

suzuki

〒001-0045
北海道札幌市北区麻生町5丁目1-3
麻生ビル2階

TEL 011-792-7086

メール sapporoasabu@takeda.tv

受付時間
<月~土曜日>
自習室利用可能時間 13:00~22:00
電話受付対応時間 13:00~22:00

 

武田塾札幌麻生校のHPはこちら

無料受験相談

 

 

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる