ブログ

推薦入試の前日は何をするべき?ベストな状態で当日に挑みましょう!

2023年11月05日(日)

 

こんにちは、武田塾新発田校です!

 

10月に入り、11月も近づいてきていますが受験生の皆さんの調子はどうですか?

そろそろ、推薦入試のピークに差し掛かる時期です。

推薦入試には、面接をはじめ、小論文や筆記試験などがあります。

高校入試でも推薦で合格した人がいるとは思いますが、

それでもほとんどの人が大学入試で初めて推薦入試というものを経験すると思います。

そこで、今回は試験前日にやった方が良いことを紹介していこうかと思います。

 

前日にやるべきこと

面接の質問の確認

面接には長所や自己PR、志望動機が必ずと言っていいほど聞かれます。

また、各高校で過去の面接で聞かれた内容をデータとして残してくれているところが多いと思います。

大学入試の面接ではそこまでひねくれた質問をしてくることはないと思うので、過去問からしっかり対策しておきましょう。

おそらく、高校の先生が面接対策をしっかり行ってくれていると思うので、

練習で注意されたところや答え方を前日に確認しておきましょう!

私も推薦で大学に入ったので面接を行いました。

前日はホテルの壁に向かってひたすら受け答えの練習をしていました…

練習あるのみです!

過去問の確認

面接だけではなく小論文や筆記試験がある所も多いと思います。

小論文の練習はこれまでにやってきていると思うので、前日に新しい問題に手をつけなくても良いと思います。

筆記試験は過去問を解き直しておくと傾向を掴むことが出来るし、

何より心の余裕ができると思います。

くせが強い問題を出してくるところもあるので前日までに必ず解いて問題の形を掴んでおいてください!

準備

準備は大事です!

制服、筆記用具、ハンカチなどなど前日のうちに必ず準備しておいてください!

そして、受験票は絶対に忘れないでください!

ファイルにいれてすぐに出せるようにしておいてください。

私が受験生だった時、他の受験生の方が受験票を鞄の中で見失ってしまい、焦っている姿をみました…

受験当日は鞄の中を見やすくしておくことをおすすめします。

当日は余計な焦りや心配をなるべく避けるようにしましょう!

リラックスする

緊張しすぎてガチガチにならないようにしましょう。

お風呂に入るなり、美味しいものを食べるなりして気分を落ち着かせましょう。

前日から緊張しすぎてしまうと心身共に疲れてしまいます。

当日に良い緊張感を出すために、前日はリラックスしましょう!

ただし、間違ったリラックス方法を行わないようにしましょう。

簡単に言うといつも通りが大事ってことですね!

早めの就寝

早く寝てください!

前日に夜更かしをして翌日の体調がすぐれないなんてことがあったら大変です!

特に、今は寒暖差が激しく体調を崩しやすい時期です。

ちょっとしたことで体調不良になってしまうかもしれません…

コロナも最近また増えてきていますし…

日付をまたがないように就寝して下さいね!

もちろん、朝早くに起きなくてはならない人はその分早く寝るようにしましょう。

目覚ましのセット忘れないようにしましょう!

 

今回のまとめ

今回は推薦で受験する学生さんに向けて前日にやるべきことを紹介しました。

あくまで、多くの人が前日にやっているよってことなので、

自分のルーティンがある人やこれをしなきゃならないというような自分なりの方法がある人はそれを優先してやってください!

とにかく!自分らしく受験に挑むために焦りや不安を当日に持ち越さないようにしましょう!

 

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる