【科研費からみる】東京へ行く vs 関西に残る

神戸三宮校・

こんにちは、武田塾 神戸三宮校 教務の川口です。

受験を間近に控えた高3・浪人生でも、そろそろ受験を意識し始める高1・2生も、志望校選びっていろいろと迷いますよね。


一昔前に比べて、大学進学を機に首都圏に流入する人口は多くなっています。そのような時代背景もあり、文部科学省による入学定員管理厳格化から、2017年度入試では有名私大が軒並み難化したという話を知っている人も多いでしょう。

動画にもあるように、やはり就職のことを一番に考えて東京へ、あるいは少なくとも関西の都心部へ進学する流れができているようです。

「東京に行きたい」「関関同立に行きたい」といった声をよく聞きますが、ひとくくりにされる大学でもそれぞれ個性があり、見方によってどこの大学がいいかというのは変わってきます。

入試偏差値やキャンパスの立地、あるいは就職状況など、みんながよく見ている部分とは別に、今日は「こんな見方もあるんだ!」というのをご紹介しようと思います。

科学研究費助成金 (科研費)

受験生はつい忘れがちですが、大学は教育機関であると同時に研究機関でもありますよね。なので、研究機関として優れているかどうか見る一つの方法に、科学研究費助成金、いわゆる科研費がどれくらい配分されているかがあります。

大学は経営のために国公立大学なら運営費交付金、私立大学なら経常費補助金をもらっています。それに加えて、大学に所属する研究者が「こんな研究します!」といって日本学術振興会からもらっている助成金が科研費です。

したがって、この科研費がいくら配分されているかは、大学の研究機関としての質を測るひとつの指標になります。

額そのものはやはり早慶が群を抜いています。
また、医学部のある慶應、日大、近大がそれぞれ同グループの他大学より多くなっているので、そこは差し引いて見る必要があるかもしれません。

ただ、今回はあえて10年前との比較も入れています。10年前からどの程度増えているかの比率で順番に並べてみましょう。

そうすると、上位はなんと甲南・京産・同志社になりました!関学・龍谷・立命館も比較的上位にきています。その一方で早慶・MARCHは明治を除き下位に来てしまいました。

甲南は生命化学系の方で強みを発揮しているのでしょうか。

京産は「情報理工学部」「経営学部」の再編であったり、2019年「国際関係学部」「生命科学部」を新設するなど動きは活発です。

同志社も関西のトップ私立として群を抜こうとする勢いがみられます。

意外なのは近大です。志願者数日本一になったり、近大マグロなどの研究で有名になりましたが、科研費自体はあまり伸びていないようです。ただし、採択件数でみれば2.4倍になっていますので、決して不調というわけではないでしょう。

このように、大学を研究機関としてみたとき、近年伸びているのは関東よりも関西の有名私大ということになります。もちろんひとつの見方に過ぎませんが。

ところで、2007年度の科研費総額は1913億円ですが、2017年度では2117億円となり、約1.11倍になりました。ということはこの中で最下位の法政大学の1.11倍はある意味横ばいとも言えます。そうするとここに挙げた大学、つまり、東京・関西圏の有名私大は軒並み科研費が増加しているということになります。ここでも都市部への集中傾向が見られると言っていいでしょう。

そのほかの見方

ここで、科学研究費助成金というと理系の話かなと思う人も多いと思いますが、日本学術振興会によれば、

人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」

とあり、文系の研究も含まれています。

ただし割合としては1~2割といったところですから、やはり文系志望の人には別の見方も欲しい所でしょう。

大学を教育機関としてみるのであれば、超難関の司法試験の合格者数を見れば、文系教育の熱の高さがうかがえます。

これは法科大学院の受験者数・合格者数ですが、法学部と兼任の教員も多いでしょうから、教育機関として優れているかどうか見る一つの方法と言えるでしょう。

全体的な傾向としてはやはり入試偏差値と相関しています。
しかし同じグループに分けられるMARCHの中央と青学、あるいは日東駒専・産近甲龍の甲南と東洋の明暗が分かれています。

また、去年指導した生徒で、将来は警察官になりたいと龍谷大学へ進学した生徒がいました。

実際、大学通信の2016年実績の「警察官の採用ランキング」によると1位の日大171人に対し、龍谷、近大がそれぞれ81人、80人で5位と6位につけています。このように中堅私大はこういったところで強みを見せている場合があります。

というわけで、志望校選びに悩んでいる方はぜひ受験相談にお越し下さい!あなたに合った志望校の見方を一緒に考えます。

武田塾では、一人一人が目標に向かって頑張っています。
武田塾の勉強法でやれば、成績は必ず上がります!
今の勉強法に悩んでいる人や諦めかけている人
あなたも武田塾で逆転合格しませんか?
武田塾神戸三宮校をもっと知りたい人は校舎まで来てください!(^^)!

 

大学受験に関してお悩みがある方
⇒武田塾の無料受験相談をご予約下さい♪

_______________________________________
大学受験の逆転合格専門塾【武田塾神戸三宮校】
〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町4丁目3-3
GH三宮駅前ビル5F
(JR 三ノ宮駅 徒歩2分
阪急・阪神 神戸三宮駅 徒歩4分
地下鉄山手線 三宮駅 徒歩4分
ポートライナー 三宮駅 徒歩4分)
TEL:078-271-2115
校舎独自サイトこちら
______________________________________

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談