「何が参考書ルートの進み具合を遅くしたのか?」…山火先生の受験生時代の”ルートの進み具合”を教えて!!

水戸校・

こんにちは、武田塾水戸校です。

今日は、武田塾の卒業生でもある、山火先生の受験生時代の実体験にまつわる動画をご紹介します。

ちょっとルートの進みが不思議・・・?という謎に迫ります!

【動画まとめ】

(英語編)

・2月→武田塾のやり方で英単語を覚え、3月に中学用教材で復習、4月にNext stage、日大レベルが終わったのが8月末

・9月からのMARCHレベルで大苦戦、11月終わりにやっと突破して12月に早慶レベル

【国語・世界史編)

・国語は世界史と同じぐらいのペースで英語より2週間~1か月ぐらい早く進んだ

・9月にMARCHレベルに入り、11月に早慶レベルに。そこからは早慶レベルの参考書をやっていた

・滑り込み系でも完成度重視の方が良い!ルートの進捗が遅れ気味でも質は高く。読解で手を抜かない!

 

いかがだったでしょうか?実例を聞いて、よりやる気も高まるのではないでしょうか?

また一緒に頑張っていきましょう(#^^#)

 

~~~無料受験相談実施中~~~

受験のこと、普段の勉強のこと、それ以外…気になることにお答えします!お気軽に校舎までお問い合わせください♪

武田塾水戸校

お申し込みはこちらからどうぞ♪

TEL:029-306-9436

mail: mito@takeda.tv

  • 武田塾の無料受験相談