夏だけタケダ→半年独学で立教大学現役合格!!偏差値40台からの逆転合格!!【2016年合格体験記】

京都校・

夏だけタケダで一ヶ月間武田塾の勉強方法を習得→2016年8月~2017年2月の半年間独学で武田塾のルートを進め見事立教大学3学部に現役合格!!

 

こんにちは。武田塾京都校です。

本日は、武田塾の勉強方法を学んでから約半年間独学で武田塾のルートを自力で進めていき、見事立教大学3学部に現役&逆転合格した生徒さんの合格体験記を紹介します!

 

(写真左:藤河くん  写真右:苗田校舎長)

 

生徒情報


  • 氏名: 藤河 拳真(フジカワ ケンシン)くん

  • 出身校: クラーク記念国際高校

  • 合格校: 立教大学経済学部、立教大学観光学部、立教大学コミュニティ福祉学部

  • 入塾時期: 2016年7月(夏だけタケダ)

 

武田塾に入る前の成績は?


英語・世界史は基礎がまだ不完全な状態で武田塾に入塾しました。入塾前後で受けた第二回全統マーク模試の結果は英語・国語・世界史3教科総合で偏差値43でした。
(英語43.6、国語48.0、世界史38.4)

 

武田塾に入ったきっかけは?


書店で『逆転合格』と書かれたチラシを見た事がキッカケです。

 

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?


武田塾に入塾する前は勉強のやり方が分からず、闇雲に感覚で選んだ参考書を進めていました。武田塾を知って入塾してからは勉強一つ一つに目的を持つようになり、道筋をきちんと立てて学習するようになりました。
また、一冊の参考書を何度も完璧になるまで繰り返しやるようになりました。
その結果、全統センター試験プレテストの成績が三教科全てで偏差値60を超えました。

 

担当の先生はどうでしたか?


池田圭佑先生(同志社大学社会学部・武田塾京都校卒業生)に指導して頂きました。池田先生はとても丁寧でかつ楽しい指導だったので、週一回の特訓がとても楽しみでした。また学習以外のこともきさくに話してくれて、色々な面でフォローしてもらったので感謝しています。

 

<参考記事>

↓藤河くんを逆転合格に導いた池田先生の合格体験記はコチラをクリック!↓

 

 

武田塾の思い出を教えて下さい!


武田塾京都校ではいつでもお願いすれば単語テストをしてくれるので、毎日単語テストをしてもらっていました。塾自体がアットホームな雰囲気だったので毎日自習室に通っても苦にはなりませんでした。また校舎長さんが気にかけてくれているのを感じていたし、他の塾生も一所懸命勉強していたので自習室に行くとヤル気が出ました。どうしても集中出来ない時は、イヤホンで音楽を聞いたり、武田塾生の合格体験記を見て自分のモチベーションを下げないようにしていました。最初は武田塾を100%信じる事が出来ませんでしたが、勉強をし続けている間に少しづつ学力が上がってきている事を実感し始め、直前期は勉強の合間に武田塾チャンネルをYouTubeで見て、他の時間は勉強にあてるくらい武田塾が好きになっていました。

 

好きな参考書ランキングベスト3!


  • 第1位:オンリーワン世界史完成ゼミ

    コメント:この参考書をひたすら繰り返して覚えていくことで、センターの得点率が8割を切る事はなくなりました。

  • 第2位:システム英単語

    コメント:やっぱり単語帳はシス単だと思います。数百回は繰り返しました。今でも好きです。

  • 第3位:望月光 古典文法講義の実況中継

    コメント:まったく古文が分からない状態からでしたが、話し言葉で書かれているので読みやすいです。たまにクセはありますが、分かりやすいと思いました。

 

来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!


大切なのは自習だと思います!参考書を信じて努力し続けて下さい!

 

武田塾京都校校舎長・担当講師から一年を振り返って


藤河くんは本屋さんで武田塾の独学マニュアルを見かけたその足で来て受験相談の予約を取って京都校で高田先生の受験相談を受けたあと、御茶ノ水本校で雨貝校舎長の受験相談を受けてからやっと夏だけタケダで武田塾に入塾してくれました。武田塾のルートを自分だけで進めていたこともあり、やり方を修正しながらとにかく毎日システム英単語と速読英熟語のテストを受けてもらっていました。池田先生には英語の基礎を鍛えてもらいながら、ナビゲーター世界史の空欄部分だけを覚えないよう周辺の語句も併せて覚えられているか、大まかな流れも覚えられているかを徹底的に確認してもらっていました。そして夏だけタケダの一ヶ月間が終わり当然継続してくれるものと思っていたら、なんと家庭の事情で福岡に引っ越すことになり、武田塾に通えないということになりました。入試本番まで二度ほど電話で進捗状況の報告と問題集の選定相談はありましたが、それ以外は夏だけタケダの一ヶ月間で学んだ勉強方法を自力で継続し、武田塾のルートを一人で進めていました。直前期に電話をもらった時は、立教大学の過去問で英語・国語が9割、世界史が7割というところまで取れていて、非常に驚かされました。電話で合格報告を受けた時は嬉しかった面もありながら、「彼なら、当然合格するよね」という気持ちもありました。この生徒なら合格するという想いを抱く生徒の共通項は、愚直に毎日出された課題を進めていくこと、その完成度を上げていくことに尽きると思います。すごく単純なことですが、これを一年間続けられれば、合格の可能性はどんどん上がっていきます。藤河くんに続いて、逆転合格を目指しましょう!

 

「無料受験相談」←申込はコチラから


大学受験の”逆転合格専門”塾【武田塾京都校】
〒604-8146
京都府京都市中京区一蓮社町300パームビル2F
(京都市営地下鉄四条駅/阪急烏丸駅、徒歩5分!)
TEL:075-255-5777
Mail:kyoto@takeda.tv

  • 武田塾の無料受験相談