ブログ

受験勉強の年間スケジュール【私立文系・私立理系】

みなさん、こんにちは!
武田塾郡山校です。

新年度も始まり、みなさん勉強を始めていると思います。
しかし、来年2月の入試までの計画をしっかりと立てられていますか?
とりあえず、目の前にある参考書を進めているだけになっていませんか??

計画を立てずに勉強を進めていると、入試までに参考書や過去問がやりきれないなどの問題が発生してしまいます。
そのため、勉強のスケジュールを立てることは、受験に合格するためには必ずやらならなければならないものです。

そこで今回は、“受験勉強の年間スケジュール【私立編】”について紹介していきます。

また、武田塾では、春の入会・体験キャンペーンを実施しております!
詳細は、以下の記事をご覧ください!
↓↓↓

 

 

 

ポイントは入試日からの逆算!

入試日から逆算して、いつまでに何を終わらせるのかをはっきりさせましょう!
例えば、2月に入試がある私立大学が本命の場合は、以下のようになります。

2月:入試本番

☆ 年内:一通りの勉強を終わらせる。志望校レベルまで終わり過去問をやり込んでいる

11~12月:過去問演習と仕上げた志望校レベルの参考書を復習
9~10月:志望校レベルの参考書を着手
8月末:志望校の一つ前のレベルを終える
5~6月:日大レベルを突破
3~6月までに日大・産近甲龍レベルを終わらせる!

夏までは、部活動のある現役生も多いでしょう。
部活をしてない人や浪人生は3科目突破、部活をしている人ならば1科目突破を一つの目安としてください!

 

私立文系

一番優先するべき教科は英語!!

英語は文系3科目の中で一番時間がかかります。
そして、英語が固まらないとどこを戦うにしてもしんどい!

古典と社会は最悪、夏から頑張って何とかなる科目ですが、英語をまったくやっていない状態で夏から始めて間に合わせるのは正直キツイです!!
そのため、夏の時期まで勉強時間の半分は英語に費やすくらいの感覚でいましょう。勉強時間がとれない人は10割英語でもいいです!

英語が6月末までに日大レベルを突破していると、そのあとの英語が楽になります!
そこから、古文や日本史の時間がかかるところに時間を割り振れるようになります!

 

第1回目の模試が5~6月にありますが、この時点では勉強を始めたての人は結果は出ません!
春の間に「MARCHレベルでA判定をとってやる」という皮算用する人がいますが、どう考えてもその時点では長文が入っていないからです。

夏前までに実力を整えて、夏の模試が勝負だと考えてください。
そして、10~11月の模試を本番想定で挑む!!

早慶レベルの合格者でも、春の結果は共通テスト型の模試で6割程度です。
夏の成績は早い人で9割台に乗ってきて、11月の模試と直前期は本番同然の得点と思ってください!

 

私立理系

私立理系の優先科目は数学

数学は分量が多い負担が多い科目です。しかし、意外と英語がキーとなって受かる理系は多いです。
また、数学が突出するほど、英語ができない人が多い傾向にあります。

受かる人の科目優先傾向

4科目受験
英語>理科1つ目>数学・理科2つ目

3科目受験
英語・理科>数学

理科大・MARCH・関関同立レベルでは受験者の数学の実力は拮抗します。
そのため、差がつくのは英語・理科となります。

また、春の時点で理科2科目同時は難しいです。
片方の基礎が終わっていないのであれば1科目に絞ることをお勧めします。

勉強のペース

3~6月

英語:日大レベル
数学:[数学 基礎問題精講数Ⅲ]まで
これが終わっていても、模試や段階突破テストで得点はでません。夏以降に固めていく計画で進めましょう!
理科①:日大レベル
理科②:基礎1周or基礎が終わりそう

7〜8月

全科目:日大レベル突破
武器にしたい科目はMARCHレベル突破
4科目の場合は1科目はMARCHレベル突破できていれば上出来!

7〜9月

この時期、演習系の参考書ややり込み慣れてくると共通テストや模試で成績に表れてくるようになります。
文系よりも数学の分量が多い分時間がかかる、と考えている人が多いと思います。

しかし、それと同じ位、やった瞬間に点数になりづらいものが多いというのも、成績が上がるのに時間がかかる要因です。
数学や理科は「答えを見たらわかるけど、自分では解けない」ことが多いです。

スケジュール上では参考書を1周終えても、それを使いこなすには過去問が必要になります。参考書が終わったからと言って点数が上がるわけではありません。そのため、理系は秋ごろに結果として反映されると考えておきましょう!

理系の勉強は文系と比べると進捗に対するリターンが遅い代わりに、伸びるときは急激に伸びる人が多いので、どの時点でどこまでの点数を取るのかの目処を立てて勉強していくことが大事です!!

 

順調にいかない場合

部活で勉強時間が確保できず、完成状況が遅れるという状況なども場合があると思います。
そのような場合は、以下に挙げることをにやっていきましょう!!

時間が取りづらい人は、
・上記のスケジュールのワンランク下まで仕上げて過去問で補う
・学部の配点と難易度から遊離な形式で探す
という戦略を立ててやっていくこともできます!

しかし、今は今の目標で動くことが大事です!
「間に合わなくてもいいんだ!?」「間に合うようにやろう!」という考えではダメです!
それではもっと間に合わなくなるので、まずはざっくりな年間予定をもとに私大の勉強を進めてください。

 

今回のまとめ

私立文系

私立文系は一通り年内に仕上げてしまう!
春は英語が最優先!社会・古文は最悪、夏に始める!
夏の模試は実力判定・10~11月の模試は本番想定で挑もう!!

 

私立理系

私立理系の最優先科目は数学だが英語で受かることが多い。
夏には演習に取り組み使いこなせるように意識する。
結果は秋ぐらいに出る人が多いので着実に進めていこう!!

 

 

生徒ごとによって、スタートするタイミングやかけられる時間が変わります。
不安なことやお困りのことがあれば、ぜひ一度無料の受験相談にお申込みください!

無料受験相談

 

無料受験相談実施中!

川原武田塾では、無料受験相談を随時実施しております。

志望校に逆転合格する勉強法
あなたにぴったりの参考書紹介
武田塾の詳細や料金説明 などなど…

受験や勉強に関するお悩みがある方は、ぜひお気軽に近くの武田塾までお問い合わせください。

無料受験相談

//////////////////////////////////////////////////

武田塾 郡山校
福島県郡山市清水台2丁目13-24 今川ビル3階
電話 024-933-4747
E-mail koriyama@takeda.tv
URL https://www.takeda.tv/koriyama/

//////////////////////////////////////////////////

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる