ブログ

【わかりづらい!?】武田塾の『4つの特訓コース』紹介!

2022年06月23日(木)

皆さん、こんにちは。
平塚駅徒歩5分の大学受験予備校、武田塾平塚校です。

==========================================

武田塾平塚校には

【平塚市】宮の前・宝町・四之宮・大神・岡崎・旭・本宿・見附町・八幡他

【平塚市外】小田原市・大磯町・二宮町・茅ヶ崎市・横浜市・鎌倉市他

様々な地域から沢山の生徒さんが通塾してくれています。

武田塾は横浜国立大学・横浜市立大学・東京工業大学・電気通信大学などの国公立大学をはじめ、
早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)、日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)等に逆転合格したい受験生を応援する大学受験逆転合格専門塾 です。

==========================================

 

武田塾のことが気になってホームページを見てみたけど、

システムがよくわからない…?

そもそも授業をしないで何をしているの?

という方も多いのではないでしょうか。

今回は、武田塾で行われている、『特訓』について説明していきます!

※そもそもなんで授業をしないの?という疑問にはこちらの記事で回答しております。

ぜひ合わせてご覧ください!※

武田塾の特訓は以下の4種類があります!

①最もオーソドックスな「個別管理特訓」
②高水準で自学自習がすでに習慣化されている方は「宿題確認特訓」
③スケジュールの提案のみ行う「独学支援特訓」
④日々の学習の徹底管理を行う「徹底個別特訓」

武田塾公式HPでもコースの説明はされていますので、ここでは、

実際どういう子にどんなコースをオススメしているの? 

ということを説明していきます!


個別管理特訓 ~最もオーソドックスなおススメ特訓~

個別管理特訓とは、

①宿題ペース管理
②確認テスト
③個別指導

の3つのサービスがセットになったコース。

1週間に1回の特訓で、来週一週間の勉強スケジュールを配分し(=①宿題ペース管理)、自分が勉強してきた範囲の確認テストを解いてもらい(=②確認テスト)、その後に講師が一対一で個別指導を行います。(=③個別指導)

受験相談で最もオススメすることが多いコースです。

1番大きな特徴は、
勉強方法やどうしてもわからない問題に対して個別指導を行っていること!

「参考書を自分で勉強すればいいだけじゃないの?」と思っていても、その内容を講師の代わりに自分で説明できますか?と、聞かれると、自信をもって答えられる人は少ないと思います…。

でも「自学自習」で、「一冊を完璧にする」というのはここまでのクオリティが求められます。

だからこそ自分ひとりで「成績が上げる」ところまでやり切るのは難しいです。

受験相談にいらっしゃる方の「自分でやれる!」「今自分でやれています」という人も、『一冊を完璧にする』ところまで仕上げられている人は正直少ないです…。

基本的には勉強でお悩みの方のほとんどには、この個別管理特訓をおススメしています。

まずは個別管理特訓でやってみて、武田塾の基準を自分で再現できるレベルになったら、以下の「宿題管理特訓」などに移行する方がおススメです。

 

宿題確認特訓 ~高水準で自学自習の習慣化ができている人向け~

宿題確認特訓とは、

①宿題ペース管理
②確認テスト

のみで、個別指導は行わないコース。
最大4科目までのSコースと、科目数制限のないLコースがあります。

特訓の日は全科目の確認テストを行い、結果を見てまた来週の課題を設定します。

ときどき「宿題確認特訓に興味がある!」という方もいますが……

個別指導がなくなると、塾生の学習習慣はガラッと変わります!
個別指導がないので、宿題に何か問題があった場合でも、基本的に自分で解決してもらうことになります。

また武田塾の確認テストは80%で合格ですが、あくまで80%で「確認テストは合格できる」だけで、実際のところ毎回確認テストが80%程度の人と、毎回100%近い点数を取る人とでは模試や実際の試験での成績に明確な差が生まれています。

特に早慶上理をはじめとした難関国公立など、上位校を目指す方は、学習の完成度の高さが受験成否にも大きく関わります。

実は個別指導で行う「口頭確認」「ノートチェック」が、内容を完璧にするために本当に重要な役割を果たしているんです。

ですので、個別指導を行わない宿題確認特訓は、既にある程度「完璧に」する勉強法が身についている人にオススメ

例えば「昨年日東駒専まで受かったけど、どうしても早慶に行きたいのでもう1年やります!」といった場合ですね。

 

独学支援特訓 ~スケジュール管理のみを提供~

独学支援特訓

①宿題ペース管理

のみのコース。
最大4科目までのSコースと、科目数制限のないLコースがあります。週一回の特訓は進捗確認の面談のみとなり、テスト・個別指導は行いません。

既にめちゃくちゃ自習習慣が仕上がっている人向けのコース
勉強法の指導もない、テストもないので、自習管理のほとんどを自分でやらねばなりません。

日々出される宿題だけでなく、
「今日でキリのいいところまで終わったから自分でテストをやってみよう」
「このテキストはほぼ仕上がったけど、まだ模試に応用できるレベルじゃないからもう1周宿題出してもらおう」
という判断が自分でできる人向け。

study_wakaru_boy

このコースを取る人は、「勉強習慣を作りたい!」というよりも、「武田塾の自習室が使いたい!」「参考書の詳しい使い方を聞きたい!」そういう目的で来る方が多いです。

 

徹底個別指導 ~日々の学習まで介入した学習の徹底管理~

徹底個別特訓とは、

①宿題ペース管理
②確認テスト
③個別指導
+④義務自習

まで行う、武田塾最強のコース!
「絶対に勉強しなきゃいけない」状態を作り、自分を追い込みます!

最後にご紹介するのは「徹底個別特訓」です。
「徹底個別特訓」は「個別管理特訓」をベースに「義務自習」のオプションがついたものです。

義務自習とは、「毎日自習室に来る時間を決め、保護者の方も巻き込み必ずその時間に来るよう完全に管理するシステム」です。個人では勉強に集中することができず、絶対に勉強するしかないという環境をどうしても作りたいという方向けのハードなプラン。

study_chienetsu_boy

一方、
毎日決まった時間どおり自習室に来て、決められた宿題をこなせる生徒さんにとっては不要なオプションでもあります。

実際、この特訓を選んでいる生徒さんはごくわずかです…

どうしても自分一人では勉強ができない、という方は是非ご検討ください!

 

まとめ

今回のブログでは武田塾が提供する4つの特訓をご紹介しました!

もちろん、どれが正解というものではなく、生徒さんそれぞれに最適な学習方法を選ぶことが重要です。

志望校に合格するための勉強方法を一緒に考えていきましょう。

「一人ではよくわからない…」「この方法で正しいのか不安…」

そんな方はぜひ無料受験相談を活用してください!

 

■無料受験相談 受付中

志望校の話、文理選択、科目選択、勉強方法などなど

入塾の意思を問わず、どんな悩みや相談にも無料でお応えします!!

「何から始めればいいかわからない」

「勉強の仕方がわからない」

「全然成績が上がらない」

という方は、ぜひ受験相談にお越しください!

無料受験相談

 

■LINE

平塚校には公式LINEがあります!

LINEから受験相談の申し込みや勉強相談も可能です。

⬇︎このボタンから登録できます⬇︎

友だち追加

 

関連記事

【授業をしない理由】武田塾って?武田塾平塚校では何をしているの?

武田塾ってそもそもどんな塾?授業をしない?武田塾とはどんな塾か説明します!

【高校ランキング】武田塾平塚校に受験相談に来られる人が多い高校はどこ?

武田塾平塚校へのお問い合わせが多い高校をランキング形式で紹介します!あなたの先輩も武田塾から逆転合格しているかも!?

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる