【まとめ版】今だからこそ見て欲しい!共通テスト利用・プラスに関する注意点

新安城校・

皆さんこんにちは、安城市を中心に展開している

武田塾新安城校です!

今回は受験生にとって大切なこの時期だからこそ大切な、

共通テストの私立大学における注意点

についてお話ししていきたいと思います!

受験が終わった後に、「そうだったんだ・・・。」

とならないように、知らない方や曖昧な認識になっている方・・・

ぜひこのブログを読んでいただけると嬉しいです!!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

共通テスト利用と共通テストプラス(併用)について

まず初めに、

共通テスト利用共通テストプラス

の違いについて説明していきます。。。

共通テスト利用とはその名の通り、

共通テストの点数を利用して私立大学の入試を受験する方法です!

一般的には3科目型と5科目型があり、大学によっては科目指定がある大学もあります。

この共通テスト利用メリットは、実際に大学に入試を受けに行かずに、

共通テストの点数だけで合否を判断するところです!

つまり、私立大学の一般入試対策をしなくてもいいのです。

しかし、大学受験自体が甘くはないと、皆さんが一番ご存じのはずです・・・

表があれば裏があるように、メリットがあれば必ず注意すべき点もあります。

そちらに関しては後程ご説明いたしましょう・・・

 

続いて、共通テストプラスとは、

共通テストの点数+各私立大学の一般入試の点数の合計

合否を判断する方法です!

こちらは利用と違い、一般入試を必ず受験する必要があります

また、基本的には一番点数が高い科目で判断してくれるので、

もともと私立の一般入試を受験する予定の方は、

こちらのプラス方式を判定として上乗せするか否かの選択になります!

 

★出願の際の注意点★

下の表をご覧ください!

同じ大学の同じ学部を受けるときの大まかなレベルを表したのが下の図です。

簡単ですが私立大学の一般入試前期試験を『0』として、

それぞれの試験方法の難易度および偏差値を図で表しています!

ブログ資料

偏差値2.5というのは判定が変わる基準でもあります!

となりますと、例えば第一志望の合格率が50%の人、つまりC判定の人にとっては、

共通テストプラスはD判定ぐらいになっていて、

共通テスト利用はE判定ぐらいになっているということがわかります。

逆に言えば、共通テスト利用入試でA判定がでて初めて、

一般前期試験の判定がC以上であるということがいえます。

また、何故そもそも偏差値が高くなるのかというと、

要因としては主に二点あります!!!

共通テストを使用するため、国公立を第一志望の受験生も出願してくる

そもそもの募集人数の枠が少ない

まず国公立を第一志望としている方は、共通テストの対策を十分に行っているため、

利用やプラスなどを出願の際は問題ないかと思いますが、

私立第一志望の方は要注意です!

募集人数がそもそも少ないことに加え、

共通テスト対策をしている方たちに有利に働きやすいため、

合格内定者が、

『国公立第一志望で、滑り止めとして私立を共通テスト利用もしくはプラスで出願しました!』

という受験生が多くなることが予想されます。

つまり、私立大学をメインとして受験なさる方は、一般入試対策を十分に行い、

共通テスト利用やプラスはあくまでおまけとして考えることが必要なのかもしれません・・・

 

共通テスト《利用》は滑り止めで受けるべし

スライド3

第一志望を共通テスト利用で狙うということがどれだけ難しいかは、

先程のご説明で分かっていただけたかと思います・・・

お伝えした通り、共通テスト利用は出願するだけで終わりです!

つまり試験を受けにいかなくてもいいので、基本的には2ランク以上、上の人が滑り止めで受けてきます。

気楽に出願してくるのです・・・。

そして、地域一番校、例えば愛知であれば南山文系や名城理系は、

名古屋大学の人たちが共通テスト利用で仕掛けてくるので、余計得策ではありません!

ですから私達も、滑り止めを共通テスト利用で抑えておく必要があります。

つまり現状で前期試験A方式などでA判定がでているところを狙っていく必要があります!

 

出願時期は絶対に確認しておくこと!!!

よくありがちなミスですよね・・・

特に私立大学を受験する際に、前期試験の出願期日が

入試直前の1月末まで設けられている場合が特に要注意です!

名城大学を例に出すと、今年の出願期日は下記の画像の通りになります。

FireShot Capture 1529 - 入試カレンダー|名城大学 入試情報サイト Meijo Navi - www.meijo-u.ac.jp

出典:名城大学HP

A方式は皆さんご存じの通り一般入試になりますが、

同じ出願期日となっているF方式とC方式は一体なんだという事なんですね・・・

実はこれが、共通テスト利用型と共通テストプラス型になります!

つまり、大学によっては名前が違ったりするんですね。

また見てもらった通り、出願期日は一般入試と同じく1/12(木)までとなっているため、

「共通テストの結果を見てから出願しよう!」ということや、

「一般入試の出願はまだ大丈夫だと思う・・・。」

などは後の祭りになってしまうという事です・・・

また、名城大学においてはもう一点注意しなければいけないことが、

カレンダー一番下のB方式の出願期日についてです!

このB方式は何かというと、中期日程と言われている方式になります。

名城大学以外にも愛知学院大学などが取り入れている方式になりますね。

出願期日を見てみると2/2(木)となっており、

「一般入試よりも遅いから余裕あるじゃないか!」

と思いがちですが、ちょっと待ってください!!!

一般前期試験とF方式の合格発表が2/17(金)・C方式の合格発表が2/21(火)

ということは、

合否の結果を見てから出願しようと思っても遅い!という事になります。。。

つまり、前期試験やF・C方式と同じように、あらかじめ出願しておかないと、

試験すら受けることが出来ないという事です!

このように、共通テスト利用やプラス方式を受験または出願する予定の方は、

必ず12月の今だからこそ余裕をもって準備しておく必要があるわけです!

もちろん、共通テスト後に出願を受け付けている大学も複数存在します。

ただし、こちらの大学も出願までに時間の余裕があるわけではありません・・・

受験生の皆さん、出願期日は直前に確認しておくのではなく、

前もって確認した上で、保護者の方と十分に相談しておくことをお勧めいたします!!!

 

まとめ

今回、共通テスト利用やプラス(併用)についてまとめさせていただきましたが、

それぞれの試験方式のレベルや出願期日、それに加え一般入試の出願期日などなど、

受験勉強に取り組むことも大切ですが、

それ以外にも気を付けるべきことはたくさんあります!

自分一人で出来ることはある程度限られてしまうので、

必要がある場合は保護者の方の協力や、学校の先生塾の先生などを頼り、

不安が少しでもない状態で受験にのぞめるようにしましょう!

 

無料相談と面談

受験生の方はこの12月中に準備しておかないと、

年を越してからでは余裕が持てなくなってしまいます・・・

現段階で受験校に関してお悩みの方や、

どの大学を受験するか相談に乗ってほしいという方!

いつでもお話しさせていただいております!

武田塾 新安城校では生徒さんお一人でも

親御さんだけでも、両名ご一緒でも

面談を実施しておりますので、

お気軽にお問い合わせください!

無料受験相談

武田塾新安城校

受付時間 14:30~21:30 (日曜日を除く)   
最寄り駅 名鉄本線 新安城駅 徒歩2分
TEL 0566-91-3330
FAX 052-308-3927
住所 〒446-0007
愛知県安城市東栄町2丁目7-17
サングリーンビル 2F 
対象学年 高校生・既卒生

<名鉄本線 新安城駅からのアクセス>
①新安城駅北口から北の交差点へ直進
②地下道か横断歩道で1号線を横断
③更に100mほど直進
④左手のビル2Fに新安城校があります

 

<お車での来校の方へ>
駐車場が1F(スクール新安城様前)に
ございます。
「TOE」と書いてある駐車場をお使い下さい。