前の参考書に戻るタイミングはいつでしょうか?

大垣校・

大垣市で塾・予備校をお探しのみなさん。こんにちは。
大垣駅から徒歩6分。日本初!授業をしない。武田塾大垣校です。

さて、みなさんは、最初の方にやった参考書ってどれくらい復習していますか?
完璧に覚えたから、必要ないと思ってた。
逆に、心配だから常に復習をしています。

などと色々考え方はあると思います。

そこで今回は復習という事に焦点を当てて、何を復習すべきか、
そしてどれだけ行っていけば良いかについてお伝えできたらと思います。

前の参考書に戻るタイミングは?

前のレベルに戻って復習するもの

前のレベルに戻って復習してもらいたいもの、それは暗記系の参考書です!

暗記系の参考書は頻繁に復習をしないと直ぐに抜けてしまいます。
例えば、システム英単語の後半部分の単語は長文で頻出しないので、
定期的に触れていないと、いざという時に出てこなくなる可能性があります。

こういった暗記するものについては、復習に時間がかかりにくいです。
(本当に覚えているものに関しては復習はいらないからです)

他の課題を圧迫しない程度の量で行うことが出来るので、是非取り入れてもらいたいです。

実際のやりかたは・・・【システム英単語】

1冊全範囲ではなく、1200までと1200以降を1週間交代でやっていく。
そして、正解率が高くなってきたら全範囲にしてみましょう。
その頃には前半が1日15分くらいの時間で復習することが出来るようになっているでしょう。

そうでないと、他の科目の勉強時間を圧迫してしまって・・・。
なんてことにならないようにしましょう!

必要を感じたら直ぐに復習を!!

暗記が終わり演習に入った時に序盤の文法が抜けていたため、
文章が読めないとか正答出来ないとかになってしまったら、これは戻らざるを得ないですよね!
このように必要を感じたら必ず直ぐに復習を行いましょう!

ちゃんと今までやったことが入っているうちは、成績が上がっているはずです。
それを使ってやってみて、今までやって入ったものが忘れているなと思ったらやり直すべきです。

具体的にいうと・・・

長文を読んでいるときに

「非制限用法はどう処理すれば良かったっけ?」

とか

「このasはどう処理すれば良かったんだっけ?」

となったら何を見ますか?

文法(Next Stageなど)・解釈系(入門英文解釈の技術70など)に戻ってピンポイントに復習をしましょう。

こういった状態になってしまうということは、元々覚えた知識を使えるというところまでいけていません。
そもそも、演習は知識を使う段階であって、使うための材料は基礎知識の習得の段階で行うものなのです。
ですから、覚えたことは忘れないようにしておく必要があるのです。

復習の仕方も一工夫しましょう

復習の仕方も工夫をしてみて欲しいです。
今まで単語は赤文字のみの一語一訳で覚えていたものを、
黒字までにして一語多訳にしてみたり、派生語を行ってみるのも良いと思います。

また、上のレベルの参考書に入った時や問題を解いた時に、
今まで覚えた単語だけでは足りなくなってくることがあります。

そういった場合に、似ている単語を単語帳に書いておいたり、
ノートなどにまとめている場合はそこに書き加えたりしてみましょう。

同じ参考書だけど復習だけだじゃない!

復習は必要に応じてやるべきなのですが、復習だけでなく今お話ししたみたいに、知識の上乗せもしてもらいたいです。
ですので、演習をするための材料(基礎部分)が足りないのであれば常に復習をして欲しいですし、
足りているのであれば演習重視でやって行って大丈夫です。

演習をしていくうちに、難しい参考書や文章にあたるので、
その時にどういったとこに困っているかいないかで、戻り方や、戻るのにかかる時間は変わってきます。

ですから、普段の完成度が高く正答率が上がっていない場合は、復習を頻繁に行うなんてことになりかねません。

そうならない為にも、最初の1週目の時点で完成度を高くして勉強することをお勧めします。

復習のタイミングを気にする人でありがちなこと

実は復習のタイミングを気にする人は、大きく分けて2つのタイプに分けられています

・復習し過ぎて進まなくなってしまう。
・復習しなさ過ぎて記憶喪失になってしまう。

ですので、上で述べたように必要なものを必要を感じたときに行ってもらいたいです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
復習をどうしたら良いか迷っている方は是非参考にしてみて下さい!

前のレベルの参考書の復習頻度は、暗記系の参考書なら直ぐ抜けるので定期的に復習をしましょう!

問題を解くために、文章を読むために必要なことが足りているなら、演習重視で行いましょう!

そして必要なものを必要な時に復習をするようにしてください!

 

無料受験相談受付中!

勉強のポイントがわからない。何をやればいいか分からない。
色んな悩みがあると思います。
是非受験相談に来て悩みを打ち明けてください!

↓↓↓申込は随時受付中です!↓↓↓

無料受験相談

*******************************************

【逆転合格専門】日本初!“授業をしない” 塾
【大垣市で塾・予備校を探すなら】武田塾大垣校へ!
随時受験相談を行っております。
ご相談はこちらから!

武田塾大垣校
〒503-0898
岐阜県大垣市歩行町2丁目57番地2
カーニープレイス大垣 7階
TEL:0584-47-7231
📨 ogaki@takeda.tv

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 大垣校へ