全く同じ英語長文を解く必要はあると思いますか??

向ヶ丘遊園校・

こんにちは、大学受験予備校・個別指導塾の武田塾向ヶ丘遊園校です。
向ケ丘遊園校は、小田急向ヶ丘遊園駅から徒歩2分、登戸駅から徒歩8分です。

武田塾 向ヶ丘遊園校

 

TOEIC満点者が語る。

今回のブログはTOEIC満点者でありモリテツの愛称で知られる森田鉄也さんのお考えをもとにしています。
皆さんもご存知かと思いますが森田さんは英語の権化といっても過言ではない存在です。
毎回TOEICを受験しており英語を極めに極めた人です。

森田さんをよく知らない人はYouTube等で動画を配信しているの覗いてみてるのも良いと思います。
そんな英語の権化とも言える方が武田塾の教務部英語課の課長を務めています。
非常に頼もしいです。

では早速今回のテーマ「同じ英語長文を解く必要があるのか」について書いていきます。

 

時期によって異なる

何事も時と場合によります。

試験の直前期の場合は時間が限られていますよね。
そのようなときは同じ英語長文を二回するメリットは大きくありません。

また解答を覚えてしまっていたら解く意味がありませんよね。
そんな時は時間を空けて忘れたころにもう一度解き直してみましょう。

 

二回解く意味とは…

二回同じ問題を解くうえで最も重要なポイントは、解説と同じプロセスで解答にたどり着けるかを試すことです。

一回目で間違えたときに解説もふつうは見ると思います。
そこで解説をしっかり理解したうえで定着していれば二回目の時は解説と同じプロセスで解答になるはずです。
分からない問題があった時はこのことを意識して解答・解説を確認するっようにしましょう。

 

解答暗記は意味なし!

何度も同じ問題を解くうちに解答を暗記してしまう人は多いのではないでしょうか。

しかし暗記をしてしまったら問題を解く意味がありません。
忘れているから問題を復習しなければいけないのです。

覚えているのに解くことは作業になっているといっても過言ではありません。
例えば、英語の長文にも内容一致問題が少なからずありますね。
内容一致問題で本来の回答プロセスをたどらずに解答を暗記して長文を解いたときに何が得られると思いますか?
何も得られるものはないのです。

 

英語長文の正しい復習方法

まずは音読をする。
これは他のブログでも書いていますが本当に大切です。
長文になると音読をすることが面倒くさいと感じる人もいると思います。
実はここができると人と出来ない人の分かれ目です。

音読を心掛けるだけで激的に英語能力があがりますよ。
速読の練習にもなり良いことだらけです。
最初は大変だとおもいますが絶対に成長するので頑張りましょう。

次は解答根拠の確認です。
今回のブログでも何回も言っていますが復習とは解説と同じプロセスを辿ることが重要でしたね。
つまり解説をしっかり読んで自分のものにする必要があります。
ここで解説を理解できていないと何回やっても間違えてしまいますよ。
しっかり復習したうえで時間がたっても、正解できることを確認することに価値があるのです。

 

新しい英語長文はどんどんやるべき

今回は同じ英語長文を二回解く必要があるということでしたが、もちろん新しい長文はどんどん解いていくべきです。
ずっと同じ長文をやっても初見の問題と戦う訓練にはなりません。

これは英語長文に限ったことではありませんが初見問題にチャレンジすることも大切です。
当然といえば当然ですが試験本番に同じ問題は出ないですよね。
だから初見の問題にも対応できるようにいろいろな問題を解く必要あるのです。
ちなみに、参考書の問題形式に気を付けましょう。
あまりにも古いものだと今の問題形式と違うことがあります。
一番良いのは志望校に合わせた問題形式の参考書を解くことです。

 

如何でしたでしょうか?
英語長文の勉強法でした。

 

そして

武田塾ではこれまでに

◆E判定から早大合格!

◆偏差値37から早稲田2学部に合格!

◆9月入塾で慶應文学部に合格!

など次々に逆転合格を生み出してきました!
なぜそんな奇跡みたいなことが起きるでしょうか?

武田塾では、いつまでに、何を、どこまでやるか【特訓カリキュラム】作成します。

それにより毎日の【宿題】が決まり、

参考書を理解しているか【確認テスト】を実施します。

そのあと【個別指導】をします。

■【授業をしない】

■【一冊を完璧に】

■【自学自習の徹底管理】

ということなんです!

無料受験相談

武田塾向ヶ丘遊園校の講師の皆さんは、
受験勉強で困っている生徒の皆さんの心強いサポーターになってくれますよ!

自分が志望校合格に向けて何が必要なのか?

現状どのような状態なのかをしっかり把握したい生徒さんは
無料受験相談に行って不安を解消しましょう。

 

武田塾向ヶ丘遊園校詳細↓

★★★★★★★★★★★★★★★

日本初!授業をしない
【武田塾向ヶ丘遊園校】

〒214-0014
神奈川県川崎市
多摩区登戸2719
モリビル4F
(向ヶ丘遊園駅より徒歩2分!)

TEL:044-455-7487
MAIL:mukogaokayuen@takeda.tv

 

武田塾向ヶ丘遊園校のHPはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★