古文敬語は要点二つだけ!?〜をかしく点数取れる方法♪〜

国分寺校・

こんにちは!

 

最近人気急上昇中!

受験相談塾/国分寺校です!

 

国分寺校校舎長の遠藤と申します!

 

センター試験を中心に、国語で点数を取りやすいのは

『古文』『漢文』と言われています。

 

逆に言うと、ほかの受験生はそこで点数を落とさないようにするので、

絶対に点数を取らなければいけないのです!

 

そこで今回は、『古典』の中で特に受験生が苦しむ『尊敬語』『謙譲語』『丁寧語』

が出てくる文章読解のポイントを伝授します!

 

1:その敬語、誰に対してなの?

敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語とたくさん種類はあります!

その敬語ですが、真っ先に『二重敬語』と『絶対敬語』を理解してください。

 

まず『二重敬語』です。読んで字のごとく、敬語に敬語を重ねている形です。

これは特に身分の高い、中宮や帝によく使われます

 

次に『絶対敬語』ですが、これははじめから使う相手が決まっている敬語です。

例えば、『奏す』であれば帝・上皇にたいしてだけだし、

『啓す』であれば皇后・中宮・皇太子に対してだけ使います。

(いずれも『申し上げる』の意味です!)

 

つまり、『絶対敬語』を使えば『誰に』と言う表現がなかったとしても

相手が自動的にわかってしまうのです!

 

そのほか、『たまふ』や『おはします』などの尊敬語、

『つかふまつる』や『はべり』などの謙譲語は暗記しなければならないですが、

そんな古文尊敬語の単語も網羅できてしまう参考書はこちら!

 

古文単語315

 

これで単語を落とさないようにすると同時に、敬語も自分のものにしてしまいましょう!

2:敬語が連発してたら主語を取れ?

主語述語とるくらいで難しい敬語がわかるわけがない・・・。

そう思っていませんか?

 

でもどうでしょう。敬語が出ていない文章での主語は普段から取れていますか?

一度やってみてほしいことが、『文章を現代語訳する上で、その動作の主語も書く』です。

 

少なくとも私の場合は『文章の大雑把な内容はわかってたけど、主語が取れていなかった』

のです!

いわゆるフィーリングで解いていたんですね!だから時によって点数に差がありました。

 

でも動作の主体だとか、誰に対しての言葉なのかを考えるようになった後は、

根拠をもって解けたため、点数が安定しました!

敬語のおおい文章だと特にそれが大きく関係していきます。

何故ならば、『申し上げている相手がある程度わかっているだろ』と言う感じで出題してくる時が多いからです。

 

後は、プラスアルファで、古文の前にある現代語で書いてあるその場面をよく読むことです。

現代語で書いてあるくらいですから、そこである程度内容入れてね、と言う出題者の意図を汲み取ってあげましょう!

 

敬語ではないのですが、古文の勉強の進め方としてオススメの動画があったので、載せておきますね♪

 

 

武田塾ではそのほかにも点数アップにつながる相談を受け付けています!

ぜひ一度武田塾国分寺校へ!