【指定校推薦・総合選抜・一般入試の受け方で悩んだ場合の対処法】

北久里浜校・

こんにちは!

日本初!授業をしない 武田塾北久里浜校です!

今回は学校推薦型選抜・総合型選抜について説明します。
学校推薦型選抜・総合型選抜は入試改革前まで
推薦入試・AO入試の名称で実施されていました。
これらは一般選抜と比べて合否結果の発表が早く、
合格すれば早期に進学先が決まるため注目され年々志願者数を伸ばしています。

今回はこのような学校推薦型選抜・総合型選抜について順に説明していきます。

まず初めに学校推薦型選抜について説明します。
学校推薦型選抜は大きく分けて2種類あり、
1つ目は全国どの高校からでも出願できる「公募制」、
2つ目は出願できる高校が大学側から指定されている「指定校制」です。
このうち公募制はさらに2つに分かれます。
学業成績を重視する「一般推薦」と、部活動や
取得資格などの活動実績を重視する「特別推薦」です。
これらの出願は原則11月1日以降ですが、
先生に調査書等を書いてもらう必要があったり、
出願に先立って学内選考があるケースが多いため、
スケジュールや必要書類の確認を早めに済ませておきましょう。出願要件は
① 専願者であり、
② ②大学側から要求される学習成績、
いわゆる内申点を満たしている者であることが多いです。
選考方法は書類審査+小論文+面接であることが多いですが、
大学ごとに異なるので必ず確認しましょう。

次に総合型選抜について説明します。
総合型選抜は大学が求める学生像と受験生が適合しているかどうかを
学力に限らない方法で測る受験方式です。
出願は原則9月1日以降であり、
出願要件として学習成績が求められる場合もあります。
総合型選抜は一次選考と二次選考に分かれることが多く、
それに伴い学校推薦型選抜よりも選考期間が長くなることが多いです。
選考方法としては書類選考、面接、小論文、
学力検査、出願前の指定セミナー等の組み合わせから成る様々なパターンがあるので、
こちらもよく確認しておきましょう。
また提出しなければならない書類が数多であることも多いので、
出願締め切りの早さとも相まって早めに準備する必要があります
以上、学校推薦型選抜と総合型選抜の説明でした。

どちらにも共通して言えることは、

とにかく早め早めに行動に移す必要があることです。
学校推薦型選抜・総合型選抜での受験を考えている生徒は
学年問わずに定期テスト対策含め早めの行動が欠かせません

普段から生徒の受験相談に乗るなかで
多くいただく問い合わせに指定校推薦と総合選抜と一般入試で
どのように入試を戦えば良いか悩んでいる、という声は非常に多いです。
指定校で行きたい大学の枠がもらえたら行きたいけど、評定が足りない、
もしくは行きたい大学の枠がもらえなかった場合に総合選抜でチャレンジしたい。
しかし、落ちた場合に小論文や面接の対策ばかりだけになってしまって
一般入試対策が他の受験生よりも数か月遅れになってしまうのが
不安なのでどうしたら良いか悩んでいる。
例年こういった相談は良く寄せられます。

指定校推薦・総合選抜・一般入試それぞれに
どれくらいウェイトを置いているかなど各生徒・志望校、
または入試対策開始時期にもよるので、
色々な状況が考えられますが基本的には

英検対策寄りで英語の学習を進めるのがお勧めです。

「英検対策寄り」とはいっても、
英語の学習の仕方が極端に変わるわけではなく
武田塾のルートに沿った基本的な英語の学習に
英検の対策内容も盛り込んでいく流れになります。
推薦入試で小論文・面接にプラスで英語の試験を行う大学も少なくありませんし、
英語4技能資格の提出を求める大学もあります。
もちろん加点するタイプの大学に対しても、備えることが出来ますし、
特に提出を求めていない大学に対しても資格を持っているという点でも
アピールすることができます。

また万が一推薦が全て不合格で、
一般入試に回らざるを得なくなったとしても、
それまでに学んできた英語の学力自体は一般入試にも使うことが出来るので
無駄になることはありません。

中には推薦で受けたいところでは英語は全く使わず、
小論文・面接のみという人もいるかもしれません。
そのような人の場合は基本的には武田塾の国語ルートに沿って現代文力を上げつつ、
「小論文の完全ネタ本」シリーズを用いて
そのテーマについて自分の意見が出せるまで
何度もリライトして磨いていくことになります。

しかし、その小論文対策の傍らにでも、やはり英語の単語であるとか、
段階的に文法・解釈・長文に取り組むことがお勧めです。
一般入試への備えということもありますが、
英語の学習を通して小論文に対しても
日ごろから様々なことを学習していることによる教養的な広がりも得ることも出来ます。

また、小論文の対策のみで日々を過ごすのも疲れるものなので
息抜き的に英語の勉強をすれば、人生にとってもマイナスになることはなく
無駄にはなりません。大学や就職後にも役立つわけですから
、英語力はいくらでもあるに越したことはありません。

それでも各生徒の置かれている状況によって、
より具体的に考えてアドバイスをしてくれる人がいるに越したことはありません。
武田塾の校舎では多くの受験生の相談に無料で受験相談に乗っています。
進路選びに悩まれた際には気軽に校舎までご連絡ください。
納得いく進路になるようサポートしてまいります!

お知らせ!

あなたの受験のお悩みを、武田塾北久里浜校の無料受験相談で解決しませんか?

お勉強の悩みを抱えている人は、是非一度武田塾北久里浜校の無料相談に遊びに来てください!

お問い合わせは⇓⇓⇓のバナーから!

無料受験相談

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

日本初!授業をしない
武田塾 北久里浜校

〒239-0807
神奈川県横須賀市根岸町2丁目31-2田中ビル4階
TEL:046-884-9225
FAX:046-884-9226

最寄り駅:京急北久里浜駅 徒歩15秒

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

無料受験相談受付中!

お問い合わせは下のバナーか、校舎までご連絡ください。

無料受験相談