【高校紹介】県立横須賀高校【進学実績・部活・入試】

北久里浜校・

こんにちは!

日本初!授業をしない 武田塾北久里浜校です。

今回は北久里浜校の通塾圏内の高校、県立横須賀高等学校を紹介していきます。

messageImage_1596532455440

学校紹介

messageImage_1596517559343

横須賀高校は1908年に、県下で4番目の県立中学校、神奈川県立第四中学校として開校した共学の公立学校で、3学期制をとっています。 衣笠城址に近い静かな環境にあり、「自学自習」「自主自律」の伝統が受け継がれています。

「自学自習」がモットーとは、武田塾と同じで個人的には大変親しみを覚えます。

 

口コミサイトからの情報まとめ

<校則について>

皆さん口をそろえて「あってないようなもの」と言っていました。スマートフォン持ち込み可、頭髪規制なし、制服のアレンジ(ポロシャツ・パーカー)は特に何も言われないそう。ハロウィンに仮装するなんて書き込みもありました。

<校舎施設について>

一通りの施設・設備がそろっています。食堂や、wifiもあります。図書館の蔵書数はかなり多い模様。ただし、創立110周年を迎えたことからもわかるように、校舎はとても歴史を感じさせる作りとなっているそうです。なおトイレは一部改修されたそうなので、ご安心ください。

<部活について>

ラグビー部、クイズ研究部あたりが強豪のようです。また部活によって練習の大変さが違います。体験入部でいろいろ試してみるといいそうです。部活の最終下校は19時30分です。この時間からでも可能な塾を探すのは少し大変なようです。

<イベントについて>

体育祭と文化祭が隔年で行われます。1年以上準備がなされるのでクオリティはそれなりのものだそうです。それ以外にも運動系の行事が年2回、それとは別に研修旅行なども企画されており、学業や部活以外にも学校生活が楽しめるそうです。

<進学について>

一時期に比べ進学実績は落ちてきているようですが、それでも地域では難関大学合格実績はNO1です。早慶MARCH横市横国あたりは一通り指定校枠があるようです。大学進学を考えるならば、1年生のころからコツコツ勉強するべきとのこと。1年生から頑張れば、だいたい志望校へ合格できるそう。頑張る生徒を応援する仕組みはしっかりとしているようで、土曜講座や夏期講座、質問対応等充実しています。

 

沿革

明治40年(1907年) 県立第四中学校として開校

大正2年(1913年) 県立横須賀中学校と改称

昭和18年(1948年) 学制改革により、神奈川県立横須賀高等学校と改称

昭和23年 男女共学化

平成6年 2学期制へ

平成25年 3学期制に改める

 

各種情報

【アクセス】JR横須賀線「衣笠駅」下車 徒歩12分
      京急本線「横須賀中央駅」 よりバス
【学期】3学期制
【文化祭】隔年開催(体育祭と文化祭を隔年で実施)
【制服】男子:詰襟 女子:ブレザー
【修学旅行】北海道(2年次)
【受験の目安】内申120/135 入試得点 370点前後/500
※英語・国語・数学は内申点×2で計算する。
※最新情報は神奈川県教育委員会HPをご確認ください。
【その他】スーパーサイエンスハイスクール指定校(SSH)
学力向上進学重点校エントリー校
→後ほど説明します!

messageImage_1596517534072

進学実績

国公立大学現役合格者数

2020年 52名 現役合格率 約18%
2019年 66名 現役合格率 約25%
2018年 38名 現役合格率 約14%

280名が例年の定員のため、常に上位20%を維持できれば、国公立は十分に目指せる学力でしょう。

現役主要合格大学

 

【国公立】

東京工業大・北海道大・東北大・筑波大・横浜国立大・岩手大・千葉大・埼玉大・県立保健福祉大・横浜市立大等

横浜国立大・横浜市立大の指定校枠がかなりあることが、現役/既卒の合格数の差から予想されます。

 

【私立】

青山学院大・学習院大・北里大・慶應義塾大・工学院大・國學院大・駒澤大・芝浦工大・上智大・昭和女子大・専修大・中央大・帝京平成大・東海大・東京工科大・東京電機大・東京都市大・東京農業大・東京理科大・東洋大・日本大・法政大・明治大・明治学院大・立教大・早稲田大・神奈川大・関東学院大等

MARCHレベルの指定校枠がかなりあることが、現役/既卒の合格者数の差から推測されます。

 

進学準備(≒浪人)率

毎年20~30%となっています。

※なおこの値は、神奈川県のTOP校であれば平均的な数値です。

ここまで進学実績引用:
横須賀高校公式HP https://www.pen-kanagawa.ed.jp/yokosuka

 

旧横須賀三浦学区地域のTOP校ということもあり、エリア随一の進学実績です。

地方国公立大学合格者には医学部合格者も含まれます。

土曜日や夏季冬季に進学講習などを実施しているそうです。

 

 

 

messageImage_1596517550833

部活紹介

(高校HPより)部活加入率は約95%

文武両道。自己マネジメント能力を育成します。

運動部 

空手道 弓道 剣道 硬式テニス 硬式野球 
サッカー 水泳 ソフトテニス ソフトボール
体操競技 卓球 バスケットボール バドミントン
バレーボール ラグビー 陸上競技

 

文化部・同好会

科学 演劇 音楽 光画 茶道 室内楽 書道 
吹奏楽 美術 軽音楽 放送(YBS) 漫画研究
ダンス 新聞 クイズ研究 英語 
マスボード(数学) 模型 eスポーツ

 

messageImage_1596532278632

スーパーサイエンスハイスクール指定校
学力向上進学重点校エントリー校 とは?

スーパーサイエンスハイスクール指定校とは?

文部科学省では、将来の国際的な科学技術関係人材を育成するため、先進的な理数教育を実施する高等学校等を「スーパーサイエンスハイスクール」として指定し、学習指導要領によらないカリキュラムの開発・実践や課題研究の推進、観察・実験等を通じた体験的・問題解決的な学習等を平成14年度より支援しています。

引用:文部科学省HP https://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/gakkou/1309941.htm

横須賀高校は平成28年度から32年度まで「開発型」として「科学的リテラシーと国際性を育成する教育課程の研究開発」を研究開発課題として与えられています。

具体的な活動は、横須賀高校公式HP(https://www.pen-kanagawa.ed.jp/yokosuka-h/zennichi/tokushoku/index.html)をご確認ください。

平たく言えば、「自分の興味のあることを調査研究して、ポスター発表したり論文発表(学会参加)をしたりする。また、姉妹校・連携校との交流によりグローバルな視点を養ったり、横高アカデミアにより高大連携も試みられている」って感じです。

小中学生のころにやった自由研究の強化バージョンをイメージしてもらえると良いかもしれません。

 

学力向上進学重点校エントリー校とは?

「将来の日本や国際社会でのリーダーとして活躍できる高い資質・能力を持った人材を育成する学校」として、神奈川県教育委員会に指定された高校のことを指します。大学進学指導の充実を図り、進学実績向上に重点を置いた指導が行われています。
横須賀高校の教育カリキュラムが優れていることの証左とも言えますね。

詳細は神奈川県教育委員会HPをご確認ください。https://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/prs/r5753403.html

 

まとめ

以上、横須賀高校についてインターネットから分かることをまとめてみました。

皆様の受験の一助になれば幸いです。

無料受験相談

 

お知らせ!

あなたの受験のお悩みを、武田塾北久里浜校の無料受験相談で解決しませんか?

お勉強の悩みを抱えている人は、是非一度武田塾北久里浜校の無料相談に遊びに来てください!

お問い合わせは⇓⇓⇓のバナーから!

無料受験相談

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

日本初!授業をしない
武田塾 北久里浜校

〒239-0807
神奈川県横須賀市根岸町2丁目31-2田中ビル4階
TEL:046-884-9225
FAX:046-884-9226

最寄り駅:京急北久里浜駅 徒歩15秒

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

無料受験相談受付中!

お問い合わせは下のバナーか、校舎までご連絡ください。

無料受験相談