【受験生向け】忙しくても大丈夫!~過去問演習を上手く行う方法~

岸和田校・

 

 皆さん、こんにちは! 武田塾岸和田校です。

 公募推薦が本格的に始まっています。

 もうすでに合否が発表された人もいると思います。

 どちらの場合であれ、次の試験に向けて気持ちを切り替えていきましょう。

 

 n0537

 今回は、過去問演習を上手く行う方法について書いていきます。

 現役生は学校もあるので、なかなか過去問演習に時間を割けない人も多いと思います。

 特に国公立志望の場合は、共通テストと志望校の過去問に取り組む必要があります。

 

 しかし、過去問演習に取り組まなければ、

 各大学の傾向を知ることも時間配分の練習もできません。

 過去問を1度も解かずにぶっつけ本番で合格できるほど入試は甘くありません。

 過去問をしっかり活用して合格に近づきましょう。

 

 

過去問の取り組み方

 

 過去問演習は、

 ・共通テスト(旧センター試験含む)⇒10~15年分(追試含む) 

 ・二次試験⇒各大学の赤本掲載分は取り組んでほしいところです。

 共通テストに関しては最低でも5年分は取り組みましょう。

 

1日に1教科解いてみる

 

 過去問は1日に1年分の全ての教科を解く必要はありません。

 特に学校がある平日は、1日1教科でOKです。

 1教科だけでも毎日過去問に触れることで、段々と慣れていくことが出来ます。

 この時、得意教科のみを解かないように気をつけましょう。

得意教科と交互に取り組むなど、苦手教科も必ず行いましょう。

 

大問ごとに解いてみる

 

 「1日に1教科全部解くのは難しい…」という人には、大問ごとに解くのがおすすめです。

 「今日は数学の大問1と日本史の大問2。明日は化学の大問4と英語の大問5」

 という感じです。

 そうすることで1日に多くの教科の過去問を解くことが出来ます。

 解いた後はどのくらい時間がかかったのかメモしておきましょう。

 時間配分の練習にもなります。

 

冬休みに入ったら……

 

 2学期が終わり、学校の授業が全て終了すると、受験勉強一色になる人が多いと思います。

 その時期になれば、過去問は1日で全ての受験教科1年分を解いていきましょう。

 共通テストや一部の大学など2日間試験がある場合は、2日に分けて取り組んでみましょう。

 時間割を合わせたりして本番を想定して解くのもおすすめです。

 過去問を解いたら必ず復習しましょう。

 知らなかった事柄を整理するとさらに力がつきます。

 入試本番までどんどん実力を伸ばしていきましょう。

 

武田塾の特徴

g0757

 ここからは武田塾について簡単に紹介していきます。

 独学では不安な方

 ・今の成績では難しいけれど、憧れの志望校に現役合格したい方

 ・正しい勉強法を知りたい方

 ・今通っている予備校や塾で伸び悩んでいる方

 ・浪人してもう一度第一志望を目指したい方は、是非ご一読下さい。

 

 高校1年生・2年生の方も大歓迎です!

 

毎日の勉強量が明確!

g0625

 武田塾では、1週間分の宿題が出されます。

 宿題は、武田塾で指定する市販の参考書・問題集を自学自習で進めていきます。

 毎日進める量が決められているので、1日の勉強量が明確です。

 また内容の定着に必要な復習日(2日間)も設定しているので、理解度がぐんとアップします。

 そのため、同じ範囲を全部で3回勉強できます。

 勉強の計画を立てるのが苦手な人

 ・独学だとサボってしまう人

 ・学校の授業についていけない人にもおすすめです。

 

 また、高校1年生・2年生の場合は

 ・毎日勉強する習慣が身に付く

 ・受験まで余裕があるので学校や部活と両立しながら受験勉強ができる(模試などに対応できる力を付ける)

 ・基礎から始めていくので、苦手が解消され学校の成績も次第に上がっていくというメリットがあります。

 

1週間勉強したことをチェックできる!

b0456

 武田塾の主なコースでは、1週間分の勉強内容が理解できているかをチェックする確認テストがあります。

 確認テストが不合格・1週間分の勉強内容の理解があやふやな場合は、もう一度宿題として同じ範囲が出されます。

 1週間分の勉強の取りこぼしをすぐに発見・復習できるので、苦手がそのままになりません。

 

毎週勉強に対するモチベーションがアップ!

g0536

 武田塾は、授業の代わりに「特訓」を行います。

 

 主に特訓では、

 ・確認テストの結果

 ・1週間分の勉強の進捗度・理解度を元に

 担当講師が勉強法などをアドバイスしたり、

 生徒と一緒に

 ・今後どのように勉強していくか

 ・部活や習い事と両立するにはどうすればよいか etc......

  を話し合って決めたりします。

 

 その他には、

 ・志望大学や併願校についての話

 ・1週間分の宿題の質問

 ・余った時間で問題演習

 ・受講してない教科の進捗状況のチェックを行います。

 自分の勉強の仕方をすぐに改善できるので、間違った勉強法で伸びないということを防げます。

 

 勉強ができるようになる→勉強が楽しくなる→モチベーションが上がるという流れになっていきます。

 

非進学校・通信制高校・高卒認定から有名大・難関大を目指せる!

r0910

 ※ここでいう非進学校とは、

 ①一般入試受験者が少ない(大学進学者のほとんどがAO入試・指定校推薦) 

 ②短大・専門学校進学者・就職者が多い学校を指します。

 

 武田塾は市販の参考書・問題集を用いて自学自習で勉強していきます。

 そのため、自分が理解できていない所から始めることが出来ます。

 中学レベルが怪しい場合はそこから始められます。

 

 また、自学自習なので授業を受けるよりも速く勉強が進められます

 ・学校があまり大学受験(特に一般入試)に対応していない

 ・入試で必要だが履修してない科目がある場合も対応できます。

 

 現役生の場合、学校の定期テスト前は宿題の量を担当講師と相談の上設定できます。(入塾時期によっては難しいこともあります。)

 特に高校1年生・2年生の場合は、スケジュールに余裕があるので宿題の量は調整しやすいです。

 岸和田校では、武田塾の宿題と学校での勉強を両立し、成績アップした例も多数あります。

 その上季節講習はないので、学校や部活などのスケジュールを考慮する必要はありません。

 

 実際に岸和田校では、非進学校や通信制高校・高卒認定から逆転合格を掴み取っています!→詳しくは岸和田校の合格体験記をご覧下さい。

 学校が大学受験に対応していないからと言って諦めることはありません!

 必要なのは、

 ・毎日の勉強を進め、復習すること

 ・志望校に行きたい気持ち です。

 

武田塾では勉強、受験、大学についての相談をお待ちしています。

勉強の悩みや相談がある人、それ以外にも疑問や質問のある方は是非、武田塾岸和田校にお越し下さい!

無料で個別の受験相談を実施していますのでお気軽にお問い合わせ、お申込み下さい。

 

日本初の大学受験の逆転合格専門塾【武田塾岸和田校】

takedajuku[1]
武田塾岸和田校

受付時間 13:00~22:00 (日曜日を除く)
最寄り駅 南海本線 岸和田駅
TEL   072-468-7910
※無料受験相談をお申し込みの際は、こちらの番号から折り返し連絡致します。
お問い合わせの際に、繋がりやすい時間帯をメッセージ欄に書いていただけると幸いです。
住所   〒596-0076
     大阪府岸和田市野田町1丁目6-21
     88ビル 4階

 

無料受験相談