ブログ

【全落ちの可能性】第2志望の過去問を解かないと痛い目を見るかも?

観音寺駅より徒歩5分。
日本初!授業をしない。武田塾。
観音寺校の秋澤です。

 

今回のテーマは

今回は、

【全落ちの可能性】第2志望の過去問を解かないと痛い目を見るかも?

 

について解説します✨

 

1ECC3362-549E-40A8-8151-A76961A1876C

受験の時期が近づいてきて、きっと多くの方が第一志望の大学に向けて一生懸命に準備を進めていることでしょう。

しかし、受験戦略を考える上で第二志望や第三志望の大学についても考慮することは非常に重要です。

今回は、なぜ過去問を解くことが受験戦略においてキーとなるのか、その理由と戦略をお伝えします。

 

はじめに・・・

武田塾の勉強法は・・・

 

市販の参考書を使って

徹底的に自学自習を行う!

 

です。

 

極論、武田塾に通わなくても

受験勉強はできます。

 

適切な参考書を適切な使い方、

タイミングでこなすことができれば

成績も上がりますし、

志望校にも近づくことはできますよ!

 

ですので、ブログや武田塾チャンネルを参考にしながら

勉強に取り組んでみてくださいね。

https://www.youtube.com/c/takedajuku

kagenagara_ouuen_man

☆自分ひとりじゃ不安・・・

☆どの参考書を使っていいかわからないし、

 一日の量どれくらい進めたらいいの・・・?

☆勉強の管理・サポートをしてほしい!

 

そんな方はぜひ一度、

武田塾の受験相談にきてみてください!

 

日々の勉強に対する悩みや進路についてなど、

相談にのらせていただきます。

 

お気軽にご連絡くださいね!

 

【質問事項まとめ】 武田塾のことや大学の違いについて知ろう!

https://www.takeda.tv/kan-onji/blog/post-222127/

 

1. 過去問の重要性

 

347EC8CC-A51D-4005-BD2E-1AD547AC26C4

各大学の入試の傾向は異なるため、滑り止めの大学を選ぶ際にもその大学の過去問を解くことが重要です。

特に、滑り止めとして考えている大学の選定においても、その大学の過去問を解くことが重要となります。

なぜなら、各大学の入試の傾向は異なるからです。

過去問を解くことで、その大学の試験がどのような難易度で、どのような出題傾向を持っているのかを把握することができます。

また、過去問を通じて、実際の試験時間を意識しながら、時間管理の練習もできます。

これは、実際の試験で時間内に問題を解く力を育むためにも重要な要素となります。

 

滑り止めの大学を選ぶ際にも、偏差値だけでなく、過去問を通じて実際の試験の難易度を理解することは、受験戦略を確実なものにするために重要です。

過去問を解くことは、受験準備の質を高め、自信を持って入試に挑むことができるでしょう。

 

2. 偏差値だけでは知れない本当の難易度がわかる

64C59466-EF79-409E-B46A-0C4CEB8F6664

偏差値や大学の名前だけで滑り止めを選ぶのではなく、実際の過去問を解いてその大学の難易度を理解することが必要です。

偏差値や大学の名前だけを見て滑り止めを選ぶのは少し危険かもしれません。

それはなぜかと言うと、各大学の入試の特色や難易度はバラバラだからです。

過去問を解いてみることで、その大学の実際の難易度や出題の傾向を理解することができます。

これにより、目の前の試験に対する準備がより適切に、そして効果的に行えるのです。

 

偏差値はあくまで参考程度に留め、実際に過去問を手がけてその大学の難易度を感じてみることが重要です。

それにより、自分にとって本当に適した滑り止めを選べるようになり、無理なく受験戦略を立てることができます。

過去問を解くことで得られるリアルな試験のイメージは、受験勉強を進める上での大きな手助けとなり、より確実な受験準備を進めることができるのです。

 

3. 大学ごとの入試の違い

AD0772ED-3FB3-4A4E-B5B3-C8944E0C5DE1

各大学はそれぞれ独自の入試の特色を持っています。

例えば、早稲田大学と京都大学の入試は全く異なるため、早稲田大学の入試に向けて準備をしていても、京都大学の入試に対応できない場合があります。

これは、大学ごとに求める知識や能力が違うからです。

 

ここで大切なのは、各大学の入試の特色を理解し、それに合わせて準備をすることです。

これには過去問を解くことが効果的です。

過去問を通じて、各大学の出題傾向や求められる知識・技能を把握し、どの大学の入試にどのように対応するかを計画することができます。

 

各大学の特色を理解し、適切な準備を行うことで、目指す大学に合格するチャンスを高めることができるのです。

 

4. 効果的な受験戦略を練ろう

E1D6B407-B5AE-4598-B66D-762AA27BD2B7

受験戦略を立てる上で、各大学の過去問を解くことは非常に重要なステップとなります。

過去問を解くことで、自分の得意な分野や不得意な分野を明確に把握することができます。

これにより、どの大学のどの科目にどれだけの時間を割くべきか、どのような対策を行うべきかが見えてきます。

 

また、過去問を解くことで各大学の出題傾向を理解し、それに基づいて効率的な勉強プランを作成することも可能になります。

例えば、文法が重視される大学の場合、文法の対策に時間を割くことが重要となります。

 

受験は時間との戦いでもあります。

過去問を解きながら自身の強みと弱みを知り、それに基づいて受験戦略を練ることで、限られた時間内で最大の効果を得ることができるのです。

そして、各科目の対策もより効果的に行え、自信を持って試験に臨むことができます。

 

5. 科目別対策の重要性

3A4D0CFB-5CC4-478C-9ABA-E1066F4DD22E

各大学の特定の科目に対する対策が非常に重要です。

例えば、英語に関しても大学によって出題の焦点が異なります。

一部の大学は文法中心に問題を出題するのに対し、他の大学は長文読解の問題を多く出題する傾向があります。

 

これに対応するためには、各大学の過去問を解くことで出題傾向を把握し、それに基づいた対策を立てることが重要です。

文法中心の大学を受験する場合は、文法の復習と演習を重点的に行うことが求められます。

一方、長文読解の問題を多く出題する大学を受験する場合は、長文の読解練習を日々の勉強に取り入れることが大切です。

 

科目別の対策をしっかりと行うことで、各大学の入試に自信を持って臨むことができるようになります。

そして、それぞれの大学の入試に対する準備が十分にできていることが、受験の成功に繋がります。

 

6. 万全の準備

 

最後に、受験戦略を成功に導くには、第一志望の大学だけでなく、第二志望以下の大学の過去問もしっかりと解くことが重要です。

それぞれの大学の過去問を解くことで、その大学の入試の傾向や難易度を理解することができます。

また、自分の得意・不得意分野を把握し、それに応じて対策を立てることができます。

 

第一志望の大学だけでなく、第二志望以下の大学にも目を向け、過去問を解くことで、受験戦略全体をより確実なものにすることができます。

万全の準備をすることで、受験に対する不安を減らし、自信を持って各大学の入試に挑むことができます。

全ての可能性を考慮し、様々な大学の過去問を解くことで、受験戦略をさらに強固なものにすることができるのです。

まとめ

 

受験は自分の未来に向けた大切なステップです。

過去問を利用して、各大学の入試の傾向を把握し、その知識を基に効果的な受験戦略を構築しましょう。

これが成功への道となるでしょう。

頑張れ、未来の大学生たち!

 

迷ったら武田塾 観音寺校へ!

無料受験相談のポイント

「大学って、行く行かない別としてちょっと気になる」

「塾選びに迷っている」

「そもそも塾に通うべき?」

「いまの勉強の進み具合がイマイチ」

「これから受験勉強を始めるけど、

 何から手をつけたらいいのかな?」

「目指している志望校より上を目指すには」

 

などなど、どんな些細なことでもOKです!

 

勉強方法や受験に関する悩みについて、

個別で相談・アドバイスを行います!

 

早期着手に越したことはありません。

【高1・高2向け】塾生の声あり!高3から勉強の本気出す!では遅すぎます!!

https://www.takeda.tv/kan-onji/student/post-212846/

 

お気軽に、いつでもご相談ください!

無料受験相談受付中!

観音寺校では毎日、無料受験相談を行っております!

 

【無料受験相談って何するの?】武田塾へ第一歩を踏み出す方法!
https://www.takeda.tv/kan-onji/blog/post-202593/

受験相談ってどんな人が来てるの?なに相談してる? ~実際の声きかせて!~
https://www.takeda.tv/kan-onji/advice/post-206052/

ブログもチェックしてみてください!

 

ご相談はおひとりずつ、

完全個別(個室)にて行います。

 

他の人とは別にご相談に乗りますので、

安心してお越しください。

 

受験学年のみならず、高校1年生や2年生、

既卒生の方もお待ちしております!

 

下記フォームよりお申込みいただくか、

直接お電話にてお申込みください。

無料受験相談

武田塾 観音寺校 基本情報

<住所>

〒768-0072

観音寺市栄町一丁目1番13-201号

ストレッチビル2階

<電話番号>

0875-24-8323

<開校日>

月曜~土曜・祝日(日曜休校)

<開校時間>

☆月曜~金曜

電話受付 :13:30~22:00

自習室  :13:30~22:00

 

☆土曜・祝日

電話受付 :13:30~21:30

自習室  :13:30~21:30

今この武田塾のサイトを覗いている、ということは、、

1%でも気持ちが動いた証拠です!

進路や可能性を広げるキッカケを掴む

チャンスかもしれません!!

 

就職をするにしても、進学をするにしても、
進む道を選択する一つの良い機会です。

 

自分自身で決めましょう。

 

自分で納得して決めたことに
間違いなんてないですからね!

pose_kesshin_woman

考えだしたらなんだかグルグル回るよ~
煮詰まっちゃうよ!!

という方は観音寺校にぜひお越しください!

一緒にお話しましょう!

 

他人に気持ちをぶつけることによって、
解決の糸口になるかも?!ですよ!

最後に


最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

 

武田塾のみならず、塾に行ったからといって
成績は上がりません。

 

知識・教養も身につきません。

 

~勉強をするのは誰なのか。~
~改めて塾に求めるものってなにかな~

 

自学自習を手に入れて、
未来の可能性を広げよう!

chance_tsukamu_woman

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる