参考書を1冊完璧にする方法!参考書学習で逆転合格を目指そう!

各務原校・

こんにちは。武田塾各務原校です。

今回は武田塾が実施している、参考書を1冊完璧にする方法について紹介します!

publicdomainq-0012371ync

武田塾では、自学自習で参考書を1冊ずつ完璧に仕上げていくことで成績をどんどん上げていきます。
参考書学習は自分のレベルに合ったところから自分のペースでどんどん進めていくことができるので、短期間で成績UPを目指すことができます。

ただし、ただやみくもに参考書を使って勉強すれば良いというわけではありません。
皆さんは自分が持っている参考書をすべて完璧に仕上げられていますか?
1冊完璧にする前に色々な参考書に手を出してしまい、どれも中途半端な状態…になっていませんか
いくらたくさん参考書をやっても勉強法が間違っていると内容が記憶に残っていないので知識が定着しません。

もし自分の周りに英単語帳一冊完璧に仕上げており、どこから問題を出されても100%答えられるという友達がいたらかなりすごいですよね。
英単語帳を100%覚えることができれば、もはや単語帳を試験会場に持ち込んでいることと同じ状態になれるのです。
このように武田塾の生徒は、参考書のどこから問題を出されても100%答えられるぐらいに、参考書を完璧に仕上げていきます

参考書を1冊完璧にする方法

数学を例として紹介します!

武田塾では、まず「基礎問題精講ⅠA」という参考書を使って数学の基礎を完璧に仕上げていきます。
1日2~3時間数学の勉強ができる人であれば、1日10問を目安として進めていきましょう!

034706

①間違えた問題にチェック

1~10まで解いたとき、中には間違えてしまう問題も出てくるかと思います。

間違えた問題には必ず問題番号の横に「/」を入れて、自分がどの問題で間違えたのか視覚的にわかるようにしましょう!

「見える化」することによって、後で参考書を見返した時に自分の苦手な範囲を知ることができ対策を打つことができるので、間違えた問題には印をつけることを癖づけましょう。

②一日の勉強の完成度は100%

先ほど間違えた問題には印をつけると言いましたが、印をつけて終了ではいけません。
この間違えた問題をどうするかによって、知識の定着度に大きく差が出てきます。

皆さんは間違えた問題をどうしていますか?
解答解説を見て赤ペンで写して終わっている、という人が多いのではないかなと思います。
ここでは多くの人が「わかったつもり」になって満足してしまっています。
そうではなく、自力で「できる」ようにしなければ、試験で同じような問題が出てきたときに解けるようになりません。

できるようにするためには、まず解答解説を見て自分が何を間違えたのか確認します。
その後、解答解説を見ずに自力で解答ができるようになるまで何度も解きなおしてください。
この時、参考書の解答を完全に再現できるようにすることを目標としましょう!

このように繰り返し問題を解くことで知識が定着するので、間違えた問題は自力でできるようになるまで何度も解きなおしましょう!

参考書を完璧にして成績を上げるために意識してほしいのは、1日の勉強の完成度を100%の状態にすることです。
間違えた問題を放置して60%程度で1日の勉強を終えていては参考書を完璧にすることはできません!

「今日勉強した範囲をその日テストしたとしたら100点取れる」という状態までになったら、1日の勉強を終了するようにしましょう!

③一週間のスケジュール 4日2日ペース

ここまで、

1.間違えた問題にチェックを入れて見える化する
2.自力でできるようになるまで解きなおして1日の勉強成果を100%の状態にする

という一日の勉強法を伝えてきました。
では一週間で考えるとどのように勉強していけば良いのかお伝えします。

人間はどうしても忘れてしまう生き物ですよね。
一週間前のお昼ご飯何食べた?って聞かれても中々思い出せないです。

でも受験では入試本番まで記憶を維持させなければいけません。
そこで、一日の勉強の記憶を維持するために「4日進んで、2日戻る」というペースで勉強しましょう!

これは
4日間は勉強範囲を進めて、2日間は4日間で進めた範囲の復習日にする
という方法です。

1日目 1~10
2日目 11~20
3日目 21~30
4日目 31~40

ここまで進んだときに何か心配になることはありませんか?
1日目の内容忘れてしまってそうですよね。
そこで、

5日目 1~40

ここで総復習しましょう!
可能であれば40問すべてやるのが良いですが、時間に余裕がない場合は最低限間違えた問題は復習しましょう。
そしてさらに

6日目 1~40

次の日ももう一度総復習をしましょう!
前日も総復習をしているので、ここでの復習日は間違える問題も少ないかと思います。
復習日を2日間にすることで知識が定着します。

このように4日進んで2日復習するというペースで勉強することにより、知識が定着して参考書を1冊完璧に仕上げることができるのです!

ちなみに、この「基礎問題精講ⅠA」は145問あります。
この方法で問題を進めていくと、大体4週間あれば1冊完璧にできるということですね。

 

以上が参考書を完璧にする方法です!
実際に武田塾ではこのような方法で参考書をどんどん完璧にして短期間で成績を上げていきます。

自分が持っている参考書が完璧に仕上げられているか確認してみてください!

この他に、もっと詳しく参考書学習について聞きたい、科目別の勉強法が知りたい、等々受験勉強について悩み事や相談がある方はぜひ武田塾の無料受験相談を利用してみてください。武田塾の先生が親身になって皆さんの悩みを解消していきます!

一緒に逆転合格を目指して頑張りましょう!

 

岐阜、各務原、関、犬山、江南、美濃加茂、可児の学習塾・大学受験予備校なら武田塾各務原校へ!

武田塾各務原校では、入塾の意思に関係なく
受験のお悩みや勉強法などについてのご相談を無料でお受けしております。


無料受験相談のご予約・お問合せ

武田塾各務原校
〒504-0961
岐阜県各務原市那加新那加町10
島田ビル 3F
TEL:058-374-1241

●HPから無料受験相談

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 各務原校へ