【2022年合格速報】かけこみタケダで第一志望校 神田外語大 合格!

二俣川校・

佐藤君

 

 

これまで部活三昧だった。かけこみタケダで高3,12月に入塾。

―――武田塾に入る前の成績は?

「模試の判定はすべてE判定。神田外語もそうでした。偏差値は40前後でした。」

 

―――武田塾を選んだきっかけは?

「部活を引退してからようやく志望校が決まって、受験勉強を始めたものの、何をどのように勉強すればいいか分からなかったからです。

第一志望の総合型選抜を2度受験したため、その対策や準備に時間を取られてしまい11月まで受験勉強は はかどらなかったです。

かなり遅れを取っていました。総合型選抜で不合格となって、一般選抜を意識し始めましたが、

受験勉強をほとんどしてこなかったため、かなり焦っていました。そんな時に武田塾の広告を目にして、

これしかないという思いで受験相談にいきました。」

 

すべての勉強方法を教わって、精読ができるようになった

―――武田塾に入って勉強や成績はどのように変わりましたか?

「勉強方法が何一つ分からなかったものの、単語の覚え方から入試問題の解き方まですべての勉強方法を教えてもらい、

その方法で取り組んだ結果、徐々に文章が読めるようになったり、速読、精読ができるようになりました。」

 

―――担当の先生はどうでしたか?

「国語、日本史担当の野元先生は、いつでも優しく接してくださり、

理解が出来ていない時には、的確にアドバイスをしてくださりました。国語では読み方のコツなど、日本史では時代の流れや覚え方などを教えてくださったり、短期間でも成長を感じることが出来ました。

英語担当の奥村先生は、単語や熟語の覚えが悪いととても厳しかったです(笑)最初は厳しく感じたものの、宿題をしっかり理解していたときにはとても褒めてくださって、勉強のモチベーションの維持に繋がりました。」

 

274878962_2807160239577165_4982899023370309706_n

 

最短の勉強方法で、念願の志望校に合格できた

―――武田塾の思い出を教えてください!

「試験日まで残り2か月だったにも関わらず、何一つ勉強が分かっていない自分でしたが、1つ1つ分かりやすく教えてくださったお陰で、2か月で合格できたことです。受験まで時間が短いこともあり、やる気がなくなるくらいの多い宿題を出されて、

参考書の進むペースがあり得ないくらい速かったことも、思い出です。

塾に入る前は、受験のイメージが沸いてなかったものの、入塾して時間が経つごとに受験へのやる気が起きているのを自分も感じました。」

 

最後に

―――来年度以降の受験生に、メッセージをお願いします!

「自分は、受験勉強を始めるのがとても遅かったですが、受験を通して何事も早くから始めることが大切だと実感しました。

周りの友人よりも一日でも早く受験勉強を始めて、第一志望合格を目指して頑張っていただきたいです!」

 

―――――――――――――

日本初!逆転合格専門塾【武田塾二俣川校】

〒241-0821
神奈川県横浜市旭区二俣川1-46-15
森山セブンビル 4F

(二俣川駅より徒歩5分)

Tel : 045-362-0881

Mail: futamatagawa@takeda.tv


map