勉強効率を爆上げ!!正しい勉強のための6ヵ条!!

青砥校・

勉強効率を爆上げ!!正しい勉強のための6ヵ条!!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

勉強効率って意外と気にしますよね。勉強時間が取れていても効率のいい勉強ができているかなど気になりますね。

今回は勉強効率が爆上がりする方法を紹介していきます。勉強効率の気になる受験生はこの記事を参考にしてみてください。

 

city-3660779_640

 

正しい勉強のための6カ条

①使用教材

自分の実力にあった、今必要なものを選ぶことです。

本屋さんに行き、なんとなく有名参考書を購入し解いてみるのは危険です。

英語の場合、参考書のレベルや種類(単語・文法・解釈・長文)などが様々です。

単語から始める受験生もいれば、単語は終了していて文法や解釈からスタートする受験生もいます。

今必要な能力を見極め、正しい参考書選びをしましょう。

 

②達成基準

趣味・受験勉強・定期試験など勉強をする目的はいくつかあります。

目的によって勉強の方法が異なってくるので、目的を理解して正しい方法で勉強しましょう。

数学の問題集の場合

参考書を解く際にただ解き方を覚えるのは普通ですね。

ですが、本番での聞かれ方(目的)を認識し、参考書の覚え方を問題に合わせると効率が上がります。

入試問題に向けた対策では、解答を丸暗記ではなく、初見問題を解く意識を持って身につけるように覚えましょう。

 

③1日あたりの量と1週間あたりの量

課題をいつまでに終了させたいかを考えて、逆算し1週間・1日あたりの量を定めます。

この基準を決めるときはただ進めるのではなく、復習することを前提にして計算してください。

武田塾の英単語の場合、1日100単語、4日2日のペースにより1週間で400単語進む計算です。

なんとなく数問ずつですと、期日までに終了できない可能性が大いにあります。

また、1週間あたりの量を決めていると遅れを取り戻しやすいですね。

 

④量に対してかかる時間の目安

勉強は時間ではなく量をみましょう。やる量を決めて、どのくらいの時間がかかるかを検討しましょう。

 

⑤やり方

答えを覚えただけ・解説を読んだだけではなく、手順まで含めて全部説明できるようになりましょう!

英単語の場合

英単語を忘れたくないときは、目標を持つことで忘れないように定着させる。

 

⑥振り返り

1日・1週間単位で寝る前に振り返るようにしましょう。

成長したことと次回の修正点を洗い出すといいふりかえりができますね。

勉強が引っかかる原因を探し潰してから先に進むことが大事です!

 

 

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************

タグ:, ,