目以外の手や口を使って勉強する方法が結局は成績アップに繋がる!!

青砥校・

目以外の手や口を使って勉強する方法が結局は成績アップに繋がる!!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

今回は、目だけでなく手や口を使って勉強する方法を伝授します!

目だけで勉強すると、吸収できることも少なくなり、眠くなりやすいです。

せっかく勉強するのであれば最大限の効果を発揮したいですよね!

目だけで普通に勉強するよりも勉強効率が格段と上がります!なかなか集中しにくい人や、勉強効率に疑問を持っている人必見です!この記事を参考にして効率のいい勉強をしてみてください。

 

italy-6349105_640

 

全身を駆使する勉強法の目的

勉強は強弱が大切です!最小限の労力で目だけを通すことはいいのですが、本当にできているのかを確認するのは手を動かす方がいいです。

できると思っていることとできることの差を埋めるためです!

 

数学の場合

問題を目で見て解けることと、実際に手を動かして解けることとは違います!

解いて式の答えを出すまでやってみると、意外とできないことも多いです。

 

英語の場合

長文を目で見ただけで日本語に訳せそうと思っても、実際に日本語訳を書いてみると訳せないという場合です。

 

目以外に何を駆使するの?!

主に手で書く・音読・音声を聞くなどをします。この一工夫が記憶の定着につながります!

武田塾の勉強法では、目以外を駆使した方法が多いのが特徴です!

 

具体的な方法

英単語帳で手を使う

・赤シートを使って隠す動作

・ペンを使ってスラッシュを入れる

この2点です。武田塾の勉強法ではこの方法をしっかり守ることによって勉強の完成度が上がります!

数学で手を使う

・解答を解答用紙に書き出す

・間違えた問題は参考書にスラッシュを入れる

こちらは武田塾の毎週の確認テストで解答用紙に解答を書き出す行為に加えて、参考書学習の時にも書き出すようにしましょう!

間違えた問題を参考書にスラッシュするのも武田塾の勉強法です!

 

人に説明をする

口を使って人に説明をする方法です!頭を使って本当にできているかを確認できます!

 

書いて確認するタイミングはいつ?

書いて確認するのにも時間がかかってしまいますが、書いて確認することは欠かせません。そこで、どのタイミングで書いて確認すればいいのかを紹介します!

書くタイミング

・1日の最後に確認する

・復習でできるか確認するとき

主に復習をするときに書き出すのが効率的です!

 

 

 

 

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************

タグ: