いきなり長文はNG!?英語の正しい勉強の順番!!

青砥校・

英語の正しい勉強の順番

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

今回は、英語の正しい勉強の順番についてお話をしていきます。

英語は順番が命です。いきなり長文をやらないようにしてください。まずは基礎からです。

受験生はもちろん、高校1年生や2年生の方も参考にしてみてください。

english-2724442_640

 

順番

英語の入試問題は長文が主体なので、長文がゴールです!

①:最初は英単語の暗記・英文法の習得の2つです。

②:単語を覚えたら熟語の暗記も始めましょう。

単語・熟語・文法などの英語の基礎だけを最初にやります。

長文は長い文章でも紐解いていくと1文1文が組み合わさったモノなので

③:1文を正確に訳す練習として、英文解釈や構文の勉強をします。

構文の参考書をやって1文を正確に訳せるようになったら長文に入っていきます。

長文もいきなり難しい長文をやるのではなくて、

④:日大レベルの基礎長文からスタートして、MARCHレベル早慶レベルと進みます。

 

ポイント

ポイントは、いきなり長文をやるのではなくて、まずは単語・熟語・文法の基礎を固めるということです。

学校・予備校の進め方は文法と長文の並行が多いです。単語も小テストで並行だったりします。

いろんなことを同時にやり過ぎるので1個1個がテンポよく仕上がりません。

単語や文法など基礎が固まっていないのに長文が読める訳がないです。

全部同時並行でやるから伸びないんだと思います。

基礎をちゃんと固めるということから順番に始めていきましょう。

英語の勉強は部活と似ていると思います。

英語の長文は部活でいう練習試合です。練習試合ばかりやってうまくなるかというとそうではないと思います。野球でいうところの素振り・キャッチボール・ノックなどの基礎が大事です。

英語ではその基礎にあたるものが、単語・文法・熟語・英文解釈です。

まずは基礎を完璧にできるようになってほしいです。順番を守るだけでも相当うまく英語の勉強を進められます。

長文1文を読む時間があったらその時間は単語に全部使って、単語が完璧になったら長文でわからない単語が少なくなり、今よりも読めるようになると思います。

 

まとめ

英語の正しい勉強の順番を守るためにまずは単語・文法・熟語の基礎を固めてください!

基礎を固めて長文を読めるようにしましょう!!

ぜひ一度武田塾青砥校に無料受験相談にいらしてください!

無料受験相談

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************