【予備校選び】新学年に行くべき塾のタイプを紹介!

青砥校・

【受験の第一歩】新学年に行くべき塾のタイプを紹介!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

3月も後半となり、新学期が近づいてきましたね。気温も暖かくなってきたので塾選びもしやすい時期となりました。

浪人をしても決意した受験生は学校などがなく、勉強が一人でできるか、生活リズムがズレてしまわないかと不安もあると思います。

高校3年生は受験を本格的にスタートさせるべく、大手集団予備校の予備校のテストを受け始める受験生が多いですよね。

高校1年生、高校2年生は刻一刻と受験が迫っていることを体感し始めますよね。

 

塾選びは、様々なタイプの塾のパンフレットを取り寄せてワクワクする一面もありますよね!

受験までを過ごす塾を選ぶのはなるべく慎重に、自分に合った塾を選んだ方が良いですね!

 

ここでは、新学期に行くべき予備校のタイプを紹介していきたいと思います!

ぜひ塾選びに参考にしてみてください。

 

宅浪か塾に通うか

宅浪か塾に通うことのメリットデメリットを客観的にあげていきます。

宅浪

メリット:

周りの目を気にせずにのびのびと勉強できる。

自分の決めた参考書を解ける。

通学時間がなくタイムロスが少ない。

 

デメリット:

周りとの比較ができない。

自分のレベルに合って無い参考書を解いてしまう可能性がある。

 

こんな人におすすめ!

・王道の参考書で自分に合った参考書を完璧にする自信がある。

・志望校の点数開示をした際ほとんどがギリギリ落ちているまたは補欠、2次試験の面接のある学部の場合1次試験を突破した人

→この場合、あとはそのレベルの参考書を解き込み余力があれば王道で難しい参考書を解き込めば来年合格する可能性は大いにあります。

 

塾に通う

メリット:

自習室がある。

ある程度、他人の管理がある。(塾によって度合いは様々)

カリキュラムを組んでもらえる。(自分に合っているかどうか、ニーズに合うかどうかは吟味が必要

 

デメリット:

本当に自分に合った塾を選ばないと塾が邪魔になる場合がある。

王道の塾に通った場合入ったことに満足感を得てしまいこのまま流されるままに合格できると少し気が緩んでしまう。(自主性が欠如してしまう)

 

自学自習最強説?!

自学自習は自分に合った学習ができるのでとても効率的です。

自学自習のメリットを列挙していきます。

メリット①:人から教わるよりも時間の効率が良い

個別指導であっても人から教わるとなると、自分で理解できる部分もすべて受動的に習うので、時間がかかってしまいます。

武田塾は基本的には講義系参考書を用いて自分で理解しどうしても理解が難しいものは講師に質問して解決!

このようにして、余分な時間をカットできれば睡眠時間に回すことも可能です!

 

メリット②:自分に合ったカリキュラム

集団授業だと、一見すべて網羅されたカリキュラムを組んでもらえるように見えますよね。

分野によって得意分野と苦手分野があると思いますが、集団なので自分に合ったカリキュラムじゃありませんよね。。

自学自習の場合教科、分野ごとに演習量レベルを変えることが可能です!

苦手は克服し、得意を伸ばすことによって成績は上がるものだと思います!

武田塾は教科ごとに本人にあったレベルのルートや量を担当講師が管理しています!

毎週フィードバックを行うことによって参考書のスピードを本人に合わせることができます。

 

 

 

 

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************