直前期の勉強はどうしたらいい?直前期にやるべきこと!!

青砥校・

直前期にやるべきこと!!

葛飾区周辺にお住まいの皆さん、青砥駅、お花茶屋駅、高砂駅、立石駅、亀有駅、新小岩駅をご利用の皆さん、こんにちは!大学受験塾・予備校 武田塾青砥校(葛飾区青戸)です!

 

今回は、大学受験の直前期にやるべきこと(私立の英・国・社)についてのお話をしていきます。

直前期の勉強はどうしたらいいのかわからなくなってしまう人もいますよね。受験生はもちろん、高校1年生や2年生の方も参考にしてみてください。

 

英語

まずは単語・熟語の復習です。文法問題があれば、『Next Stage 英文法・語法問題』などの基礎の参考書で復習してください。

61PzxANzAQL

熟語を扱う問題には、文法問題と長文の空所補充問題などがあるので、熟語を復習するときは意味だけでなくスペルも確認しましょう。

私立の長文だと量が多くて時間がキツイということがあると思うので、常に過去問をやって制限時間の中で解き終わるようにシミュレーションしてください。

会話文・正誤・整序・英作文などの問題は大学によって違うため、分野別の対策はしておいてほしいです。しかし、全部やりすぎると手が回らない可能性があるので、残り時間から考えて優先順位を決めて、分野別に手を回すようにしましょう。伸び幅のあるものや会話文問題のようにやればとれるものを優先的にやりましょう。

 

国語

中堅以下の大学を目指す場合、国語は漢字や知識の比率が一気に上がるので、『入試漢字マスター1800+』の書き取りA・Bの箇所が活きたりします。『入試漢字マスター1800+』の書き取りA・Bをおさえておきましょう。

61F4DqCMIgL

上位の大学だと、漢字や知識の割合が減り、難易度が上がってコスパが悪くなるので、読解をメインとして過去問中心に対策していくっていうのがいいと思います。

ただ古文に関しては、文学史とかが出たりします。『読んで見て覚える 重要古文単語315』の最後のページに文学史などの知識情報系が載っていて、1~2時間で覚えられるので、文学史の対策をするのはいいと思います。

71Y7HcgXkbL

 

社会

直前に点数を上げやすいのは歴史系なので、社会に時間を割いたほうがいいと思います。

注意してほしいことは、ひたすら問題を解いて抜けた穴を復習せず、解くだけに専念してしまうことです。「同じ問題をもう1回解いたら満点取れるか」ということを意識してください。

また、苦手分野を見極めることは大事です。自分が弱いと思っている苦手分野を重点的に対策しましょう。「一問一答」や講義系の本を使って復習してほしいです。

51Aoo3pY3CL._SX348_BO1,204,203,200_

記述がある大学は漢字の確認、それから年号の確認など、今まで覚えきれていない部分を直前に詰めるというのは、社会がオススメです。

 

まとめ

直前期の対策は各大学のレベルに合わせてやってください。伸び幅のあるものを優先的にやりましょう。

 

武田塾青砥校に是非大学受験の勉強法や参考書の質問、受験相談をしにきてください!

無料受験相談

 

*******************************************

【武田塾青砥校 葛飾区青戸の大学受験塾・個別指導塾・予備校】

◆郵便番号:〒125-0062

◆住所:東京都葛飾区青戸3‐37-6 holy.com2階

(京成線青砥駅から徒歩1分)

◆電話番号:03-6662-6013

◆受付:  13:00-22:00(日曜を除く)

◆自習室: 平日 13:00-22:00(日曜を除く)

      日曜日 10:00-18:00

武田塾青砥校の公式スマホサイトはこちら

*******************************************