*英語の勉強方法*なにから手をつけていいかわからない人必読!

ユーカリが丘校・

第一志望に受かりたい!正しい英語の勉強方法ってなんだろうか?

あと1年後には、大学受験が待っている
だから勉強を始めなければなぁ。。
だけど何から手をつければいいのだろうか?
この勉強方法でいいのだろうか?
不安を感じたり、無意味かもしれない 🙁
と思うことがあると思います。
この記事では、どんな勉強が必要で
なぜ必要なのかを考えていきたいと思います。

英語勉強における必要な知識3つ

〇単語

〇熟語

〇文法

です。以下で具体的に考えていきたいと思います。
その際、自分自身は何ができて何ができないのかを
例文を参考にして、確かめてみて下さい 🙂

英語事項チェック 英文を訳してみよう!

◆I pose a principal cause of the accident.

(大学受験での必須単語を使用した文です。)
pose/principalの訳ができたでしょうか?
〇「私は、主要な事故の原因を提示する。」

単語を勉強しなければ、
短文ですら読むことができないことがわかると思います。

◆I succeed to a fortune.

(大学受験での必須熟語を使用した文です)
succeed to ~を継ぐ
〇「私は財産を継ぐ。」(=相続する。)

特に熟語はsucceed in 成功する など
大きく意味が変わり読み違いを引き起こす
可能性が大きいので注意です 💡

◆Molly is the singer in a band.

(よくある読み違いの例を示す文です。)
×「モリーはバンドで歌っている。」
〇「モリーはバンドの歌手である。」

the singerは名詞なので→歌手
歌っているのであれば
→Molly is singing in a band.
文法(品詞)の理解も大切です。

◆She went out for a trip without suitcase.

(この文も読み違いについてです。)
×「彼女はスーツケースを持って旅行に行った。」
〇「彼女はスーツケースを持たずに旅行に行った。」

withoutは前置詞で~なしでの意味になります。

◆She has lived in America for 4 years.

(これも同様です。今まではとても容易なものですが
すこし、入試問題のような文です。)
×1「彼女は4年間アメリカに住んだ。」
×2「彼女は4才の時アメリカに住んでいた。」
〇「彼女はアメリカに4年間住んでいる。」

これは現在完了の問題です。(have+p.p)
過去から今まで~しているという意味を持つ。
もし×の文章になるのであれば、
×1 She lived America for 4 years.
×2 When she was 4 years, she live in America.となります。

英語が苦手な受験生の傾向

英語が苦手な受験生によくあることは
知っている単語をみてなんとなく文を作り上げることです。
なんとなく訳したものは、実際の訳とは異なっていて
実際の訳からどんどんズレていってしまうのです。

実際、試験の問題の選択肢では
自分の中でなんとなく文章を作ってしまう人の思考を考えて
間違った選択肢をつくるのです。
文法をしっかり学べば、その選択肢に惑わされることはなくなります。

結局、何から手をつければいいのか?

単語・熟語・文法です。
地道な作業ですが、覚え・理解してゆく過程で
文が読めるという実感が生まれると思います。
具体的な勉強方法が気になる方は、
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


takedajuku1

武田塾は生徒と徹底的に向き合います!! 生徒ひとりひとりに合わせて勉強計画を立て、毎回宿題を出し、ペース管理をします。その先にあるのは『逆転合格!!!』私たちは最高の合格率を保証します。
逆転合格への武田塾勉強システムをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

https://www.takeda.tv/


  • 武田塾の無料受験相談