【勉強法】難関大学合格力の作り方 現代文の勉強法について

横須賀中央校・

こんにちは! 武田塾横須賀中央校です!

今回は、これから受験勉強をはじめられる方に向けて、

難関大学合格に向けての現代文の勉強法を

お伝えしていきたいと思います!

 

難関大学の入試で求められる国語力とは?

 難関大学に合格するには、どのような国語力が

必要なのでしょうか?

 国語の勉強は、ただ読書量を増やせばいいのでは

ありません。

 難関大学で出題される入試を解くには

「論理力」すなわち「話の道筋」を押さえる力が

不可欠です。そのうえで、接続語を押さえながら

読めば、文章の論理が見えてきます。

 また、誤字脱字も気を付けてください。

書いたら答案を見直したりすることは、どの試験科目でも

大事なことです。

 

1年間の勉強の流れ

・1学期

 基礎的な参考書や問題集の問題演習を通じて、

接続語や助詞・助動詞の働き方を押さえて読む

ことを習慣化します。

 演習後は、本文解説を熟読して自分の読解の

弱点を見つけていき、自分の悪いところを直し

ていく感じです。

 

・夏休み

 十分な時間を確保し、中~上級用の記述式問題集を

じっくり解く感じです。辞書を積極的に引いて、語彙を

増やしてください。

 

・2学期

 共通テスト対策は、模試受験後に解説を熟読し、課題を

発見していく感じです。その克服のために、必要な対策は

予想問題集で検証します。2次・私立大対策は過去問演習

で行います。

 10月以降は、精読から速読にシフトしていく感じです。

 

・3学期

 これまで学んだことを「総括」していきます。

問題集・過去問・模試を見直していき、自分の

弱点を再確認していきます。

 直前期は出願校レベルの新しい問題集を速読

レベルで解いていく練習が必要です。

 

筆者の主張を正確に読み解くには?

 現代文では、筆者の主張を正しく理解しているかが、

求められます。問題文を読み進めていく中で、自分の

中に「バイアス」みたいなものがあれば、読み進めて

いく中で、それを修正していきます。

 また、「数学的に考えていく」ことも重要です。

集合や論理など、ロジカルシンキングに必要な

テクニックを使って、順接や換言、接続詞などを

読みといていきます。

 

語彙力は対義語と類義語とセットで押さえる!

 現代文では、教科書レベルの基礎的な語彙に加え、

評論に出てくる学問の専門用語や、小説や随筆に出てくる

心情語を使いこなす語彙力も必要になってきます。

 分からない言葉に出会ったら、すぐに調べる習慣を

つけましょう!

 

一般常識に関する知識も重要!

 現代文を読み解くにあたって、今の社会で起きていることや

問題になっていることを把握しておくことは、重要なことです。

日頃から、時事問題やニュース、新聞などで、「ネタ」を集めて

おくのをオススメします。

 

 

 

 

 

無料受験相談

武田塾横須賀中央校HPはコチラ

武田塾横須賀中央校  公式twitter

*************************************************

武田塾 横須賀中央校

〒238-0006

神奈川県横須賀市日の出町1-7

よこすかトラストビル4階

TEL:046-874-9690

FAX:046-874-9691

E-mail : yokosukachuou@takeda.tv

*************************************************

タグ: